起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

藤田恭嗣(メディアドゥ)の結婚や嫁子供は?年収や評判は?

今回は株式会社メディアドゥホールディングス代表取締役社長の藤田恭嗣さんの結婚や嫁子供、年収、会社の評判について見ていきたいと思います。

 

今現在の藤田恭嗣さんの活動や結婚して嫁子供はいるのか?

 

はたまた、藤田恭嗣さんの年収や稼ぎと会社の評判などはいかになのかと言う事をピックアップしていきたい。

 

株式会社メディアドゥホールディングスといえば、日本を代表する著作物のデジタル流通を営む企業です。

 

著作物のデジタル流通と聞いてあまりピンとこない人もいるかと思います。

 

簡単にいうと、電子書籍のことを言います。

 

出版社や著作者から依頼を受け、デジタル化し、海外市場や国内市場に広く流通させるというサービスを行っています。

 

昔は電子書籍と聞いてもあまり馴染みがありませんでしたが、今現在ではかなり浸透してきて、利用している人も多いかと思います。

 

他にも、直接的な著作物だけでなく、その情報を各市場に情報提供やマーケティング支援を行う、メディア・プロモーション事業という事業も展開しています。

 

では早速。

スポンサードリンク

藤田恭嗣(メディアドゥ)の経歴やプロフィールは?


まず、藤田恭嗣さんの経歴やプロフィルールですが。

出典https://www.youtube.com

1973年生まれで、出身は徳島県です。

 

高校は徳島県立富岡西高校、大学は名城大学の法学部に進学しました。

 

名城大学を卒業すると同時に携帯電話の販売事業を行う有限会社フジテクノを設立します。

 

そして、1999年に携帯電話の販売店舗展開の目的や、インターネットサービス事業を目的として株式会社メディアドゥを設立します。

 

後に有限会社フジテクノは株式会社メディアドゥに吸収合併されます。

 

2000年に本格的にインターネット事業に参入し、音楽配信事業、電子書籍事業を2004年、2006年と立て続けに開始します。

 

2014年には楽天グループで世界最大手の電子図書館プラットフォームを提供するアメリカのOverDrive社と共同で日本国内向けの電子図書館事業OverDrive Japanを開始させます。

 

電子書籍の売上額は日本トップを争うほどで、電子書店としては、なんとAmazonの売りげを抜く可能性があります。

 

2015年には東京都内にイタリアンレストラン、リッカドンナを開店させました。

 

パソコンの世界だけでなく、料理の世界にも挑戦ということです。

 

ちなみにこの店では、木頭ゆずを使った飲み物や料理を食べることができます。

 

このように、大学卒業から企業までの道のり、会社の成長はかなり上々と言えます。

スポンサードリンク

藤田恭嗣(メディアドゥ)の結婚や嫁は?


次に藤田恭嗣さんの結婚についてや、結婚しているなら嫁についてのお話です。

 

まず、結婚ですが、藤田恭嗣さんはまだ未婚です。

出典http://overdrivejapan.jp

現在約42歳と結婚適齢期はすぎてしまっています。

 

しかしながら、有名な会社の代表社長ですから、言い寄ってくる女性は多いと思います。

 

しかし、結婚はおろかなんと、彼女もいません。

 

もしかしたら、いるのかもしれませんが、情報は得られませんでした。

 

社長という身分で色々な社交界で顔を出すことも多いと思います。

 

そういったところに女性はつきものです。

 

つまり女性との関わりは一般人に比べてもそうとう多いと思います。

 

そんな状況にも関わらず彼女すらいない。

 

やはり恋愛、女性関係よりも仕事優先という感じなのですかね。

 

※関連記事

⇒笠原健治(ミクシィ)の嫁(妻)や年収(資産)と菊川怜と関係があった?

藤田恭嗣(メディアドゥ)に子供はいるのか?


先程嫁や彼女がいないというお話をしましたが、嫁がいなければ子供はいないのが当然です。

 

隠し子などがいれば話しは別ですが、そういった情報はありませんし、藤田恭嗣さん自体が誠実な方、印象が強いのでそういったことは全く無いと思います。

出典https://toyokeizai.net

もし、そんなことがあればマスコミが嗅ぎつけていると思いますしね。

 

今の所子供がいるという情報は全くありません。

藤田恭嗣(メディアドゥ)の年収はいかに?


残念ながら藤田恭嗣さんの年収はわかりませんでした。

出典http://maruwaka-yuji.blog.jp/

参考になるかはわかりませんが、2016年発表のメディアドゥ社員の平均年収などのデータがあります。

 

平均年収は517万9000円で、生涯年収は2億1924万291円となっています。

 

平均勤務年数は4.3年と比較的短めで、社員の平均年齢は34.4歳とかなりわかいです。

 

従業員は100人となっていて、大卒初任給は25.2万円でした。

 

このデータを見る限り、飛び抜けてすごい初任給や平均年収というわけでもなく、逆にひどいというわけでもありません。

 

至って普通か、普通より上かなという印象を受けます。

 

しかし、これはあくまで一般社員のなかでも新入社員の話しです。

 

会社のトップに立つ藤田恭嗣さんの年収の参考にはならないかもしれません。

スポンサードリンク

メディアドゥの会社の評判はどうなの?


電子書籍界でひときわ有名で、最先端を走るメディアドゥですが、その事業の評判はかなりいいものがあります。

出典https://twitter.com

なかには電子書籍界の救世主という言葉まで出てくるまで高評価を得ています。

 

今、電子書籍界は伸び悩んでいます。

 

その理由として、最初は物珍しさから利用する人が激増しました。

 

しかし、紙の媒体の方がやはりいい、ほしい本がない、電子書籍なのに高い、紙の本には中古がある、情報が少ないなど、色々な理由で利用者が少なくなったり、新規利用者が出てこなかったりしています。

 

そんな中でも、ただ紙ベースの印刷物を電子化して提供するだけでなく、様々な情報も同時に提供し、電子書籍のアピール、その印刷物、著作物のアピールをしていることに高い評価を得ているようです。

 

わずか10年程で、電子書籍界のトップを争うほどまで急成長したのも、そういったビジネスモデルのおかげかなと思います。

 

中で働く社員の評価も上々で、育児休暇、時短勤務の取りやすさの評価、女性が働くにはいい環境という今の現代にはなくてはならないポイントを抑えています。

 

また、企業戦略と電子書籍業界でのポジションを活かし、事業のネタになる案件が数多くあり、新規プロジェクトを進めていきやすい、立ち上げやすいとの評価を得ています。

 

有給休暇を取りやすいし、育児休暇もあるという意見もありました。

 

しかし、逆にマイナスの意見ももちろんあります。

 

社員の出入りが激しいので、入社してすぐに結構な業務を丸投げされるが、他の人も手一杯なのでフォローに回れない、若干残業=偉いという風潮が見られる、残業が多い。

 

などの意見が見受けられました。

 

プラスの意見もあればマイナスの意見もあるのが当たり前ですが、女性にとっては非常に働きやす企業ではないのかな、という感じを受けました。

 

また、メディアドゥは平成28年に東京証券取引所市場第一部に上場しています。

 

気になる人は株価をチェックしてもおもしろいと思います。

※関連記事

⇒鈴木健(スマートニュース)の年収や結婚と嫁(妻)は?評判はいかに!?

最後に


どうだったでしょうか?

 

今電子書籍業界で一番伸びているといっていい株式会社メディアドゥホールディングス、少しはその会社、また代表取締役社長の藤田恭嗣さんのことわかってもらえたでしょうか?

 

今もそうですが、これからも恐らく電子書籍業界を引っ張っていくであろう企業だと思います。

 

電子書籍はまだまだ発展途上なデバイスです。

 

一般人にはまだまだ馴染みがないものかもしれません。

 

しかし、場所をとらない、複数の書籍を手軽に持ち運べる、買いたいときに簡単に書籍を購入できるなどいいところも数多くあります。

 

これらか未来どこまで普及するかもわかりませんし、どうなっていくかもわかりません、しかし藤田恭嗣さんはその未来のことがなんとなくわかっているかもしれません。

 

これからどういった企画をしてくるのか、どういった製品、コンテンツを世に出していくのかとても楽しみです。

 

以上、株式会社メディアドゥホールディングス代表取締役社長の藤田恭嗣さんについての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は87%の確率でこちらの記事も読んでいます!

スポンサードリンク

Category