起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

日野晃博(レベルファイブ)の結婚(嫁・家族・子供)や評判はいかに!

日野晃博さんの今現在の活動や、結婚(嫁・家族・子供)に関して見ていきたいと思います。
 
 
 
日野晃博さんの評判や会社の評判はどうなんでしょうね。
 
 
 
日野晃博は日本を代表するゲームクリエイターであり、株式会社レベルファイブという会社の代表取締役社長でもあります
 
 
日野晃博は、1968年7月20日に福岡県の大牟田市出身です。2018年現在だとちょうど50歳ということになりますね。
 
 
20歳の時に「ドラゴンクエストⅢ〜そして伝説へ〜」とのであいがきっかけとなり、ゲーム業界へ進むことを決意したそうです。
 
 
ゲーム業界に入るために、学校はコンピューター専門学校に進学し、卒業しました。専門学校卒業後は東京都千代田区にある株式会社システムソフトに入社しました。
 
 
 
その後は転職し、株式会社リバーヒルソフトへ入社しました。株式会社リバーヒルソフトは、今現在は存在しないゲームソフト製作会社です。
 
 
1998年当時のチームメンバーとともに独立して企業をしました。それが今の株式会社レベルファイブです。
 
 
 
レベルファイブはロールプレイング・ゲーム(RPG)を中心に開発を行っています。
 
 
このような会社設立までの経歴を持つ彼の家族や会社の評判についてまとめたのでご覧ください。

スポンサードリンク

 日野晃博の今現在や武勇伝


日野晃博は株式会社レベルファイブの代表取締役社長以外にも、2005年から立ち上げたゲーム関連の団体である、GFFの会長も務めています。

 出典https://www.youtube.com
 
GFFとは、「GAME FACTORY’S FRIENDSHIP」の略で、福岡市を中心とする九州地方のゲーム業界に君臨する会社同士で切磋琢磨し合い、いまのゲーム業界をさらに盛り上げようと言う思いを込めた団体です。
 
 
 
 
ゲーム業界を盛り上げるために自分で団体を作って会長になるというのですから、かなりのゲームに対する愛と信念が垣間見えますね。このような彼のゲームに対する思いが、数々の名作や名ストーリーを生む原動力となっているのでしょうね
 
 
 
これが彼の一つの武勇伝とも言える功績のひとつと言えるでしょう
 
 
 そして日野晃博は以下のような名言を残しており、一つひとつ見てみましょう。
 
 
 
「俺には正午の心が宿っている!」
 
 
おそらく彼がゲーム業界で成功している一つの要因となっていることでしょう。小学校の5年生が考えるような遊び心をいつまでも忘れずに自分の心に刻まれているということを言いたいのでしょうね。
 
 
 
 
ゲーム製作には独創的なアイデアとなんといっても遊び心が大切だと思いますので、ゲーム業界ではすごくいい言葉だと思います。
 
 
 
「レベルファイブの社名の由来は通信簿の5点です。一番クオリティが高いという意味です。」
 
 
株式会社レベルファイブがいつまでもゲーム業界のトップにいられるのはおそらく、このような高い意識のおかげだと思います。
 
 
常に顧客のニーズをとらえたハイクオリティなコンテンツを提供している会社の名前がこのような意味があったのだと理解すると感慨深いものがありますね。
 
 
おそらくこれからも株式会社レベルファイブはゲーム業界をレードしていく会社で在り続けることでしょう。
 
 
 
「二番煎じは作りたくない。オリジナリティあふれるソフトを創りだすのが、レベルファイブの使命。」
 
 
これも非常に深い言葉だと思います。常にオリジナルを追求し、世界でひとつだけのなくてはならないソフトを提供するには必要な考え方だと思います。
 
 
そしてこのような考え方があるからこそ、遊び心を常に追求した面白いソフトを作り続けることができるのでしょうね。
 
 
 
「いい作品はいいクリエイターから生まれ、いいクリエイターはいい環境から育つ」
 
 
これは自分たちの会社に対してかなり自身を持っているからこそ出てくる名言ですね。
 
 
自分たちのようなクオリティの高いゲームを提供している会社はとても風通しが良くていい雰囲気であると主張しているようなものですね。
 
 
 
このように風通しが良い良い雰囲気の中で製作を行うと、社員同士のコミュニケーションが増え、お互いが刺激を受けながら仕事ができるため、良いゲームができるのでしょうね。
 
 
以上のように日野晃博はゲームに対する熱い思いを込めた名言をいくつも残しています。
 
 
 
このような名言からくる考え方が今の株式会社レベルファイブの原動力であり、いまの彼があるのだと思います。
 
スポンサードリンク

 日野晃博の結婚や嫁子供はいかに?


 次に、気になる結婚についてです。
 
出典http://hino-akihiro.mato.media/
日野晃博の結婚についての情報は、配偶者がいるということしかわからなかったため詳細についてはかけません。
 
 
日野晃博は爽やかで人当たりが良さそうな優しい雰囲気をしているので結婚していると思ったので想像通り結婚しているんですね。
 
 
しかし、結婚しているにもかかわらず、より良いゲーム製作について深く考えつづけることができるのはとても素晴らしいことだと思います。
 
 
家庭を持ちながらもゲーム業界をリードしているなんて普通の人間には難しいことだと思いますね。
 
 
うえの名言のところで見たように、日野晃博のゲームに対する思いは計り知れないものだと思います。こんなにもゲームに対して熱くなれるのはゲームの事に集中して考えることができたからだと思います。家族の支えがあったからこそ出来たことなのだと思います。
 
 
さて、日野晃博の子供についてですが、子供は数人いるそうです。しかし、子供に関する情報は他に全く無かったので記事にすることはできませんでした。
 
 
子供がいるからこそ、子供向けのゲームである「妖怪ウォッチ」などを製作できるのですね。子供から大人までのニーズを捉えて作品にできるのはこのような経験があるからだと思います。
 
 
 
残念ながら、子供がいつか大きくなったらそのうち日野晃博の心の年齢を越してしまうでしょうね。
※関連記事

⇒原田泳幸の妻(嫁)や息子(娘)の今現在は?年収や元妻がヤバい?

 日野晃博の家族関係はどうなの


 日野晃博の家族関係についてです。上でも述べたとおり、日野晃博は結婚をしており、自分の家族持っています。
 
 
離婚に関する情報もないため、家族関係は良好だと考えられます。
 
 
そして日野晃博の兄弟などについての情報はまったく出回っていませんでした。
 

 日野晃博と会社の評判はいかに?


 株式会社レベルファイブの評判について書いていきたいと思います
 
 
出典https://dot.asahi.com
以前、株式会社レベルファイブは一部の人間から、作品に対してパクリ疑惑をかけられていました。
 
 
別の作品の良いシステムをパクって自分の作品に取り入れていると批判されていました。
 
 
その一例としてあげられるのは、「タイムトラベラーズ」というゲームです。これは「ラブプラス」と呼ばれる作品のゲームクリア後に得られる特典がそっくりであることから、パクリ疑惑をかけられました。
 
 
 
真実については何もわかりませんが、名言のところで二番煎じは嫌だ」と言っているのでパクっているということはないでしょう。
 
 
 
しかし、このようにパクリ疑惑がかけられるということは、それだけ日野晃博の会社がゲーム界において影響力があるということを示していると思います。
スポンサードリンク
 

 最後に


 ここまで述べてきたことを軽くまとめましょう。
 
 
日野晃博は専門学校を卒業後、ゲーム業界で活躍するという夢をつかむために、コンピュータ系の会社に入社し、紆余曲折の末、株式会社レベルファイブを設立しました。
 
 
彼のゲームに対する熱意はとどまることを知らず、数々の名言を残しています。その甲斐あってか、今までに数多くの誰もが知る名作を世に送り出しています。
 
 
 
そして、日野晃博の家族についてですが、結婚もしていて子供も何人かいるそうです。
 
 
離婚についての情報もないため、会社経営と家族の両立に成功していると思われます。
 
 
 
株式会社レベルファイブの評判についてですが、パクリ疑惑をかけられていましたが、経営が傾くことなく次のゲーム製作に着手していることから、評判は回復しているのだと思います。
 
 
以上、日野晃博の会社の現在と家族事情でした。
 
 
 
最後までご覧いただきありがとうございました。
 
関連記事は下をスクロール!
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は87%の確率でこちらの記事も読んでいます!

スポンサードリンク

Category