起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

兼元謙任(OKWave)の結婚(妻・子供)や年収(資産)が!宗教とは?

 今回は、日本の実業家でウェブサービス「OKWave」の創業者であり株式会社オウケイウェイヴの代表取締役社長である兼元謙任さん結婚(妻・子供)や年収(資産)が宗教などを見ていきたいと思います。

 

みなさんは何かわからないことや疑問があったときどうしますか?

 

今はインターネットが普及して簡単に情報が出てくるので自分で調べれることは調べると思います。

 

しかし、インターネットでも自分の知りたい情報が出てこない場合や、いちいち調べるのが面倒くさいときがあります。

 

そういうとき、1番の近道は知っている人に聞くことだと思います。

 

質問を投げかけて、知っている人、わかっている人が回答をしてくれれば簡単に目的の情報が手に入ります。

 

利用者同士が質問と回答を投稿できる、質問者が感じている疑問・悩みなどに対して、回答者が答える形のウェブサービスがこのOKWaveです。

 

では、このOKWaveとは、株式会社オウケイウェイブとはどんな会社なのか、またその創業者であり代表取締役社長の兼元謙任さんはどんな人なのか。

 

では早速。

スポンサードリンク

兼元謙任(OKWave)の経歴や武勇伝は?


兼元謙任さんは、1966年7月22日生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、愛知県名古屋市緑区の出身です。

 

兼元謙任さんは在日韓国人3世として生まれました。

 

小学生のときに帰化しましたが、それが原因でいじめにあい、いじめで負った傷が原因で右目が見えづらい状態になりました。

 

また6年生のときには、ギランバレー症候群にかかり、高校まで入退院を繰り返していました。

 

高校のときは将来医者になりたいと勉強を頑張っていたのですが思い通りにならず、大学は愛知県立芸術大学美術学部デザイン学科に入学し1989年に卒業します。

 

その後、京都のデザイン会社と名古屋の建築塗装会社に務めます。

 

昔した闘病生活が元となり、会社務めと並行して、身体障害者向けの製品をデザインするボランティア活動を行い、自分の給料の多くをそれにつぎ込んでいました。

 

最終的には新たなデザインプロジェクトのために会社をやめてしまいます。

 

しかしプロジェクト自体が頓挫してしまいます。

 

1996年、東京の知人を頼りにして上京しますが仕事がなかなかもらえず、ついに生活費が底をついてしまいます。

 

そして、ホームレス状態になります。

 

それでも知人に何度も頼み続け、少しづつ仕事を受注するようになりました。

 

そんなとき、ホームページのデザインの仕事を依頼されたとき、どうしていいかわからず、当時盛んだった掲示板に質問を投稿しました。

 

しかしそこでは、回答ではなく「質問のマナーがなっていない」「こんなとこで仕事の質問をするな」という言葉でした。

 

それを見て、小学生の頃のいじめなどを振り返り、相談できる場がほしい、あったらいいなと思ったそうです。

 

これがOKWaveを作成する原点となります。

 

そして、米国人のプログラマーボブ・スコットと意気投合し、彼からプログラムを得ます。

 

1999年に有限会社オーケーウェブを設立します。

 

2000年、正式にOKWaveの運用を始めます。

 

2006年1月に有限会社オーケーウェブから株式会社オウケイウェイブに商号を変更、6月に名証セントレックスに上場します。

 

2007年には楽天、2008年にマイクロソフトと業務・資本提携関係にあります。

 

2014年には登録会員数が250万人を超え、月になんと約4000万人が訪れるQ&Aサイトとなっています。

 

では、そんな兼元謙任さんのの結婚(妻・子供)や年収(資産)、宗教などについてどうなのでしょうか。

 

まとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

兼元謙任は結婚して嫁子供はいるのか


現在兼元謙任さんは、結婚もしていますし、子供もいます。

出典https://www.sumoviva.jp

嫁さんは大学時代に知り合い、そのまま結婚したそうです。

 

しかし、1997年の起業失敗のとき、嫁から「このままでは幼子を育てられない」と離縁状を突きつけられたそうです。

 

兼元謙任さんは、東京で仕事を見つけると説得して離婚を思い留まらせたようです。

 

そして、単身上京しますが、ホームレス生活を余儀なくされます。

 

しかし、「このままではダメだと感じました。人のためにもう一度仕事をしようと思いました。そしてやっぱり、嫁さんと子どもと、もう一度やり直したかった」と、再起を誓い仕事を選ばず働き始めます。

 

やはり嫁と子供の力はすごいんですね。

 

そしてなんと、起業する際嫁から貯金を渡されたそうです。

 

なんだかんだ言って夫を信じていたんだと思います。

 

今の兼元謙任さんがいるのは嫁と子供のおかげかもしれませんね。

 

※関連記事

⇒井戸実の結婚(嫁・妻・子供)や兄!年収や資産がスゴい!

兼元謙任の年収や資産がヤバい?


今では月4000万人を超える利用者がいるOKWaveですが、その社長の兼元謙任さんの年収はいくらなんでしょうか。

出典https://gracone.co.jp/

株式会社オウケイウェイブの平均年収は2016年発表で約560万円となっています。

 

上場企業な中では、平均もしくは平均より少し低めの年収になります。

 

従業員は111人いるそうです。

 

そこから推測して、兼元謙任さんの年収は約3000万円から約5000万円はあるのではないかと思います。

 

楽天やマイクロソフトなどと連携している時点で年商もかなりいいのではないかと考えられます。

スポンサードリンク

兼元謙任と宗教の関係とは?


兼元謙任さんは、昔よく宗教団体かと言われていたそうです。

 

というのも、兼元謙任さんは、仕事中にありがとうをものすごく言うらしいのです。

 

その理由が、過去の病気などが理由で、インタビューで、

 

「当たり前のことが当たり前ではない、地球環境や精緻な人体のメカニズムが奇跡的にマッチして、それが成り立っているわけです。それがありがたい、つまり「有ることが難い」ことであると、ある本を通じて知りました。

 

だから私たちは、奇跡的に生きているのだと思います。食べることも飲むことも、こういう会社を仲間と一緒に運営させてもらうことも「ありがたい」こと、だから今も「ありがとう」を貯めようと言っているのです。

 

と、話しています。

 

このことが、株主やその話しを聞いた人に「おまえら宗教団体か。気持ち悪いぞ」と言われたそうです。

 

宗教団体とは思いませんが、自分のつらい過去があったからこそ、そういう感謝の気持ちが人1番強いんではないかと思います。

 

※関連記事

⇒日野晃博(レベルファイブ)の結婚(嫁・家族・子供)や評判はいかに!

最後に


どうだったでしょうか?

 

兼元謙任さんのこと、株式会社オウケイウェイブのこと少しはわかってくれたでしょうか?

 

いじめや病気のつらい過去があり、一時は離婚の危機、約2年間のホームレス生活がありながらも、起業し、成功を収めた兼元謙任さん、並大抵の努力ではなかったと思います。

 

そこには嫁や子供の存在がありました。

 

やはり家族の存在というのはとても大きいものだと感じます。

 

兼元謙任さんは起業出来たことは、もちろん自身の頑張りもありますが、運が良かったと話しています。

 

しかし、運も実力の内です。

 

運も味方につけたからこそ、ここまでの会社を立ち上げることができたんだと思います。

 

もちろんその中の半分以上が兼元謙任さんのアイディアと努力だとは思います。

 

人の疑問がなくなることはありません。

 

人の疑問がなくならない限りQ&Aは続きます。

 

これから株式会社オウケイウェイブがどういったサービスを展開していくのか、また兼元謙任さんがどういった事業を展開していくのか、どういった将来のビジョンを見ているのかとても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、日本の実業家でウェブサービス「OKWave」の創業者であり株式会社オウケイウェイヴの代表取締役社長である兼元謙任さんの情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category