起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

佐俣奈緒子(コイニー)の学歴や高校大学は?夫や年収と評判はどう?

今回は、コイニー株式会社の創業者であり代表取締役社長の佐俣奈緒子さんの学歴や高校大学、夫(旦那)や年収、会社の評判についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは普段、洋服や、食料品、インターネットショッピングなどで買い物をしたとき、どうやってお金を払っていますか?

 

お金を払う方法として、現金、クレジットカード、振込、代引きなど色々な方法があります。

 

そんな中今世の中はキャッシュレス社会に動いてきています。

 

キャッシュは現金、それをレス、なくすということです。

 

つまり電子決済のことですね。

 

クレジットカードなどもそれに分類されます。

 

最近ではスマートフォンがかなり普及して、スマートフォンで決裁を行えるシステムも各社から導入されています。

 

そんな中、スマートフォンやタブレットを使った決済サービスを提供しているのがCoiney(コイニー)です。

 

では、このコイニー株式会社とはどんな会社なのか、Coiney(コイニー)とはどんな決済サービスなのか、またその代表取締役社長の佐俣奈緒子さんはどんな人なのか。

 

では早速。

スポンサードリンク

佐俣奈緒子(コイニー)の学歴や出身高校大学はどこ?


佐俣奈緒子さんは、1983年に生まれました。

出典https://www.youtube.com

出身は、広島県出身です。

 

中学校は受験をして、広島大学の付属の中高一貫校に入学します。

 

そして、高校のとき米国に留学します。

 

この留学した理由が、漫画に感化されたらしく、『CIPHER(サイファ)』や『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を見てアメリカに行きたいと思ったそうです。

 

そして、帰国後受験が間に合わず留年するのですが、心理学の道に進むつもりだったのが世界恐慌の授業がきっかけで、経済に興味を持ち、受験直前になって志望校を変更しました。

 

そして、大学は京都大学に入学します。

 

大学在学中は、塾の講師や和食屋でバイトをしていたのですが、時間給で働くことに嫌気がさして、せどりビジネスを開始します。

 

ネットで販売ページを作成して、大学生協限定の電子辞書を販売していたそうです。

 

他にもアメリカ製の靴など、売ったりと、その頃から裁定取引が好きだったと話しています。

 

そんな月の売上はなんと数百万円に上っていたそうです。

 

2009年から、米PayPalの日本法人立ち上げに参画します。

 

加盟店向けのマーケティングを担当し、オンラインサービスや、ECショップへPayPalの導入を促進してきました。

 

このPayPalの立ち上げはかなり大変だったらしく、当時色々な仕組みが全くなくて、経費精算すらできなかったようです。

 

そして、2011年10月リアルの決済がやりたいという思いでペイパルジャパンを退職します。

 

そして、2012年3月に株式会社コイニーを創業し、代表取締役社長に就任します。

 

では、そんな佐俣奈緒子さんの学歴や高校大学、夫や年収、会社の評判についてどうなのでしょうか。

 

まとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

佐俣奈緒子の夫や旦那と結婚しているのか?


佐俣奈緒子さんは現在結婚されています。

出典https://wired.jp

ペイパルジャパン退職時にはすでに結婚されていました。

 

旦那さんは佐俣アンリさんという人ですね。

 

キャピタリストだそうですね。

 

退職後。やりたいことはあるけれど、どうしていいかわからず、週に1回アポを入れるくらいで週の4日はゴロゴロしていたそうです。

 

3ヶ月ぐらいずっと漫画を読んだり、昼ドラを見て過ごしていたそうです。

 

そんなとき夫に「これじゃまずいね」と言われてついに動き出し、株式会社コイニーを立ち上げました。

 

夫がいなかったらコイニーは立ち上がっていなかったかもしれませんね。

 

そして、現在男の子のお子さんもいらっしゃいます。

 

母になって、何かを諦めないといけない。家事、育児、仕事と全部頑張ろう、完璧にするのは無理、できないことを受け入れることが大事とは話しています。

 

また、母親になると優先順位が子供に変わってきてしまう、時間が有限であることをあらためて知ったとも話しています。

 

また、気になる教育方針ですが、こうなってほしい、これを習わせたいというのは全くないそうで、自分の価値観を押し付けてしまわないように、あえて持たないようにしているようです。

 

そして、女性だけが育児を行うのではなく、男性も育児に深く関わるべき、そのために男性の育児環境を整えることが大切と思っているようです。

スポンサードリンク

佐俣奈緒子の年収や資産はいかに


コイニー株式会社の売上高は非公開になっています。

出典http://www.saisoncard.co.jp

従業員は約30人、平均年齢は30歳と、とても若い人たちが多いです。

 

また、月間決済額はサービス開始から順調に伸びています。

 

加盟店当たりの平均月間決済額は70万円ほどという話もしています。

 

それを加味して考えると年収数千万円は間違いなくあると考えれます。

 

また、モバイル決済市場の現状は決済額ベースで数千億円、それが2020年には1.5兆円くらいになると語っています。

 

もしそれが現実となったらそれに比例して佐俣奈緒子さんの年収も間違いなく上がってくると思います。

 

※関連記事

⇒米良はるかの年収や旦那(子供・結婚)や病気だった!?父は?

佐俣奈緒子と会社の評判はどうか?


コイニー株式会社の評判は提供するCoiney(コイニー)の評価に直結すると思います。

出典http://www.w-career.jp

その評価ですが、上々のものになっていると思います。

 

この、Coiney(コイニー)のシステムの基本はスマートフォン1つで決済を済ませるというのがコンセプトです。

 

その仕組は、スマホやタブレットのイヤホンジャックに専用リーダーを差し込むと、カード決済が出来るという仕組みです。

 

小売業などの小さいお店では、

 

「小さいお店はカード審査の基準が厳しいという話を聞いて、導入を断念していました。コイニーはその点、審査や導入までの手続きが簡単なのがいいですね」

 

「コイニーは、私たちのような小売業には最適なツールですね。初期費用もかからず、手数料も安い設定で至れり尽くせり!オススメします」

 

「お客様にとってもわかりやすく、その場でカード決済出来てすごく喜んでもらっているんですよ」

 

「寿司の出前先でも『カード決済もできますよ』というと、お客さんがめちゃくちゃ喜んでくれてね。お客さんが喜んでくれるのが一番うれしいね」

 

など、クレジット決済を取り入れることが困難だったお店からの評判がとても高いです。

 

カード決済が出来るということだけでも、その便利さから利用客が増えていきます。

 

利便性を高めて集客に繋げたいと思っているお店にとっては、安心安全で決済も早く行えるメリットがあると思います。

 

もちろん、利用するお客さんもカード決済が出来るというメリットはかなり大きいと思います。

 

※関連記事

⇒向田麻衣の結婚(旦那)や年収!会社の評判やカップは!?

最後に


どうだったでしょうか?

 

コイニー株式会社のこと、提供するサービスCoiney(コイニー)のこと、佐俣奈緒子さんのこと少しはわかってくれましたか?

 

現在、世界ではキャッシュレスの動きがとても活発化していますし、進んでいます。

 

しかし、日本は正直かなり遅れているのが現状です。

 

そんな、キャッシュレス化に誰よりも早く目をつけ、爆発的に利用者が増えたスマートフォンと連携して決済を行うサービスを展開してきた佐俣奈緒子さん、先を見る目が鋭いのだろうと思います。

 

これから日本でもキャッシュレス化が進んでくることは間違いないと思います。

 

それに比例してコイニー株式会社は大きくなると思います。

 

しかし、佐俣奈緒子さんは現状に満足せず、より簡単に、より安全な次のサービスの展開も始めました。

 

これから大きくなってくる電子決済市場ですが、コイニー株式会社がどれだけ大きくなっていくのか、また、佐俣奈緒子さんが、どんな新たなビジネスを展開していくのか、気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、コイニー株式会社の創業者であり代表取締役社長の佐俣奈緒子さんの情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category