起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

葉葺正幸(和僑商店)の経歴やおにぎり!年収や評判と人気メニューは?

今回は、葉葺正幸(和僑商店)の経歴やおにぎりについてピックアップして行きたいと思います。

 

日本の実業家で篤農家、株式会社和僑商店代表取締役である、葉葺正幸さんの経歴やおにぎり、年収や評判、人気メニューについてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは、おにぎり好きですか?

 

日本人といったらお米、お米と言ったらおにぎりというイメージが少しはあるかと思います。

 

おにぎりって便利ですよね。

 

中に具材を入れて握れば簡単にお弁当になりますし、場所もゴミもあまり出しません。

 

中身の具材を変えれば色々な楽しみも出来ますし、とても便利な食べ物、ジャパンソウルフードだと思います。

 

おにぎりは今ではどこでも売られていますよね。

 

スーパーやコンビニ、おにぎり専門店なんかもあったりしますよね。

 

そんな数あるおにぎり専門店の中で、おにぎり専門店銀座十石を運営する会社として株式会社和僑商店の代表取締役を務めるのが、葉葺正幸さんです。

 

では、おにぎり専門店銀座十石とは一体どういったお店なのか、またその代表取締役を務める葉葺正幸さんとは一体どういった人なのか。

 

では、早速。

スポンサードリンク

葉葺正幸(和僑商店)の経歴やプロフィール


葉葺正幸さんは、1973年5月生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、新潟県十日町市出身です。

 

高校は新潟県立巻高等学校に入学し、1992年に卒業します。

 

大学は、法政大学経済学部に入学し、1996年に卒業します。

 

大学卒業後は、愛宕商事株式会社(NSGグループ)に入社します。

 

愛宕商事株式会社(NSGグループ)に決めた理由として、若いうちから経営に携われると知ったからだそうで、葉葺正幸さんは、かなり起業したいという意欲が高く、入社1カ月後の社内会合で「社長になりたい」と訴えていたそうです。

 

その後、毎朝一番に来て掃除し、余った時間で読書、夕方まで外回りをして、夜は自分磨きの時間、という生活を3年してきたとき、ある上司が「代表がお前におむすび屋をさせたがっている。やるか?」と声をかけてきたそうです。

 

代表と直接話したことは1度もなかったのですが、「やります」と即答しました。

 

そして、2001年3月16日、ワキョウインターナショナル(現和僑商店)を起業します。

 

おむすび銀座十石を展開し、2009年7月、古町糀製造所を設立します。

 

2011年には、今代司酒造株式会社代表取締役社長に就任します。

 

2012年9月、ロート製薬とスキンケア商品の共同開発「糀肌くりーむ」を発売します。

 

2013年12月、株式会社峰村商店代表取締役社長に就任し、2014年、今代司酒造株式会社代表取締役会長に就任します。

 

さらに、2015年、越後味噌醸造株式会社代表取締役に就任し、2016年12月1日、鮭・鱒などの加工・販売の「小川屋」の事業を継承します。

 

このように葉葺正幸さんは、自身の会社の代表だけでなく、数多くの企業の代表や、会長を兼任しています。

 

また、株式会社和僑商店を起業したときの年齢は27歳という若さでした。

スポンサードリンク

葉葺正幸(和僑商店)のおにぎりが人気!豊富なメニューとは?


株式会社和僑商店が運営するおにぎり専門店銀座十石は、おにぎりだけでなく、お弁当なども売られています。

 

しかし、やはりおにぎりが人気で、かなりの種類を取り扱っています。

 

季節などで中の具材も変わってはくるのですが、その中でも人気の商品を紹介していきます。

 

  • おむすび2個セット(十石おまかせ)

これは、その名の通り、おまかせでおにぎりを2個選んでくれるメニューです。

 

自分ではどれがいいか決められない、店のおすすめが食べたいというお客さんに人気のメニューになっています。

 

  • 梅ちりめん

梅の酸味を通してでもちりめんの風味もほんのり感じられ、さらにお米の旨みも感じられ、一粒一粒のふっくら感もとてもいい感じの、さっぱりした味わいのおにぎりです。

  • さけ

ど定番のさけですが、その身はとても大きく、ホクホクしたご飯の中に、塩気の効いたさけがなんとも言えない旨味を出しています。

 

  • チーズの焼きおむすび

変わり種ですが、チーズの焼きおむすびというものもあります。

 

醤油の染みたご飯は香ばしくてもちもちの食感で、チーズのコクとご飯がよく合います。

 

  • 栗ご飯

この栗ご飯ですが、一個丸ごと乗っている大粒の栗のほくほく感が半端じゃありません。

 

薄い黄色に染まったご飯も栗の自然な甘みで、栗とご飯がベストマッチします。

 

また、単品だけでなく、おかずなどとセットになっているものもあるので、軽い軽食からがっつり食べたいときまで、幅広く対応できます。

 

※関連記事

⇒楽しんごの今現在はマッサージ(整体)屋で年収と死亡説がヤバい!

葉葺正幸(和僑商店)の年収や資産はいかに?


現在、株式会社和僑商店は、銀座十石を含め、今代司酒造株式会社(酒)、株式会社峰村商店(味噌)、越後味噌醸造株式会社(味噌)、株式会社小川屋(漬け魚)といった、100年以上の社歴をもつ伝統産業、老舗の事業を担っており、株式会社和僑商店ホールディングスとして運営しています。

出典https://www.niigata-uitc.com

資本金は1,000万円です。

 

その代表取締役の葉葺正幸さんの年収ですが、おそらく1,000万円ぐらいではないのかなと思います。

 

かずかずの代表などを務めていますが、売上などに関してはまだそこまでないと思います。

 

今はどちらかというと、PRの時期、地元の数々の伝統ある物を全国にどう知ってもらうかという時期なのかなと思います。

 

これが軌道になり、全国区になっていけば年商も年収も右肩上がりになるかと思います。

スポンサードリンク

葉葺正幸(和僑商店)と会社の評判はどうなのか?


葉葺正幸さんの会社の評判ですが、伝統を守るという観点からも評価とてもいいです。

 

地方のおいしい食材を、生産者の思いごとおむすびに詰め込んで、都会の人たちに届けるという考えのもと、おむすび、糀、酒、味噌・漬物の4事業に拡大し、農業や伝統産業、食文化などをビジネスの力を借りて、どうやって次世代に受け継いでいくかという思いで、会社を経営しています。

 

さらに、今までの文化をどう守るかだけでなく、現代とマッチングさせていくかということにも力を入れています。

 

最近では、麹から作ったドリンクを作りました。

 

糀からつくる甘酒を中心に、ショウガやユズ、抹茶などさまざまなフレーバーを加えた〝糀ドリンク〟です。

 

甘酒を中心としたこのドリンクですが、「〝甘酒〟という言葉のイメージが、糀のよさを押しとどめていると思った」と葉葺正幸さんは話、あえて甘酒という言葉を使わず、「甘酒」という言葉を廃し「糀ドリンク」と名付けたそうです。

 

さらには、甘みの強い糀を新たに開発したことで、砂糖を一切使わない、糀だけの甘さのアイスクリームをつくることに成功しました。

 

麹ドリンクにいたっては、催事で1週間で売る予定で持ってきたものが、3日で売り切れたそうです。

 

※関連記事

⇒はるな愛の最近の店の年収はどうか!?彼氏と別れて結婚なし!?

最後に


どうだったでしょうか。

 

株式会社和僑商店のこと、葉葺正幸さんのこと少しはわかってくれたでしょうか?

 

20代という若さでの起業、しかし、時代の流れを把握し、地元のよさをしっかりとアピールすることで売上を徐々に伸ばしてきました。

 

また、伝統ある味、企業を守るという意味でも高い評価があります。

 

伝統産業というのは必ずしも続くものではありません。

 

時代に逆行せず、時代の流れと伝統を融合させることによってしっかりとした価値を想像してきた株式会社和僑商店ですが、今後のビジネスはどんな展開を見せていくのでしょうか、また、その代表である葉葺正幸さんが、伝統産業を日本にどう広めていくのかとても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、日本の実業家で篤農家、株式会社和僑商店代表取締役である、葉葺正幸さんついての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category