起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

道満雅彦(オリバーソース社長)の息子や経歴と年収資産!評判と工場見学が楽しい!

今回は、オリバーソース社長の道満雅彦さんの息子や経歴、年収や資産、評判や工場見学についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは、オリバーソースやとんかつ好きですか?

 

豚肉が嫌いな人も中にはいるかと思いますが、男性にはかなりの人気を誇る食べ物ですよね。

 

サクッとあがった衣に、なかはジューシー、かつあの脂身がなんともいえませんよね。

 

あなたは、とんかつに何をつけて食べますか?

 

塩?からし?やはり一番かけるのはソースですよね。

 

ソースの選択でそのとんかつの味がガラッと変わってしまいます。

 

人によってはオリジナルのソースを考えていたり、こだわりのソースがあるかと思います。

 

そんなとんかつなどのソースを中心として製造、販売している会社があります。

 

それが、オリバーソース株式会社で、その代表を務めるのが、道満雅彦さんです。

 

では、そんなオリバーソース株式会社とはどういった会社なのか、また、その代表である道満雅彦んとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

道満雅彦(オリバーソース社長)の経歴やwikiは?


道満雅彦さんは1952年生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、兵庫県神戸市出身です。

 

大学は、甲南大学経営学部に入学し、卒業しています。

 

大学卒業後、父親が経営するオリバーソースに入社します。

 

このオリバーソース株式会社は、兵庫県神戸市中央区港島南町に本社を置く、ソースを中心に冷凍食品などの製造、販売を行う食品メーカーです。

 

1920年(大正9年)に、大坂の老舗醤油醸造蔵 「浪速醸造」の当主である次男・道満清さんが神戸でイギリス産のウスターソースを発売したのが始まりです。

 

外国人居留地等を中心に輸入液体調味料の研究と委託販売を行っていました。

 

この事業を継承して、1923年(大正12年)、道満さんが神戸で道満調味料研究所を創業し、国産ウスターソースの製造・開発を開始しました。

 

その後、本家イギリス・ウスター市のOliver社とその日本代理人の廃業に伴って、商標権と意匠を引き継ぐ形になりました。

 

1966年に社名をオリバーソースに変更しました。

 

その会社で、製造・営業部門での勤務を経て、1991年社長に就任します。

 

代表的なソースは、世界初の濃厚ブラウンウスターソースである「オリバーとんかつソース」で、濃厚ソースの先駆者として知られています。

 

また、お好み焼き、たこ焼きなどのソースで有名なオタフクソースですが、お好み焼きソース市場で、10%強のシェアを誇るオタフクソースに次ぐ2番手のシェアを誇っています。

 

また、1995年に起きた、阪神淡路大震災の際には被災をしています。

 

創業の地である神戸市兵庫区にあった本社や工場7棟のうち3棟が実際に焼失して残った4棟も使用不能な状況になるという被害を受けました、

 

しかし、焼け残ったタンク内に高級ソース「クライマックス」のウスターソース原液が貯蔵されていて、それが長期熟成で独特の味と香りになっていました。

 

そこで、それをベースにブレンドした商品を震災後10年の記念として「オリバークライマックス十年仕込みソースセット」として、商品化し発売したこともありました。

スポンサードリンク

道満雅彦(オリバーソース社長)の息子や家族はどうか?


道満雅彦さんは現在結婚されています。

出典https://toyokeizai.net

子供は息子さんがいます。

 

その息子さんは、オリバーソース株式会社で働いています。

 

ゆくゆくは社長になっていくと思います。

 

現在は色々なプロジェクトのリーダーをしているようで、父親の片腕として働いているようです。

 

※関連記事

⇒愛田武(伝説のホスト)の今現在や年収資産と昔!城咲仁との関係は!

道満雅彦(オリバーソース社長)の年収や資産はヤバいのか!?


オリバーソース株式会社は、資本金9,960万円、売上高が2005年で約22億円、2017年9月期で約19億円、従業員が61人とそこまで大きくはない会社になっています。

出典http://bunshun.jp

そんな会社の代表である、道満雅彦さんの年収はいくらなんでしょうか。

 

会社の感じからするに、年収はおそらく5,000万円から億にはいかないぐらいかなと思います。

 

しかし、ソースだけでここまでの売上を出せるというのはとてもすごいと思います。

 

年間何百本売れているのか気になりますよね。

スポンサードリンク

道満雅彦(オリバーソース社長)の評判や会社の評判は?


ソースが有名なオリバーソース株式会社ですが、代表的なソースは、濃厚ブラウンウスターソースである「オリバーとんかつソース」です。

 

しかし、最近新しいソースが人気になっています。

 

それは、ウスターソースの熟成期間中に底部に自然沈降した粘り気の多い、沈殿物を商品化したソースです。

 

1993年3月から「どろソース」として製造・販売を始めました。

 

このどろソースの特徴は、その名の通りドロっとしたソースで、ちょっとした辛さとその濃さが最大の特徴です。

 

そしてこの「どろソース」は発売当初から順調に売り上げを伸ばし、さらにそばめしブームの影響でテレビ番組で採り上げられました。

 

2000年(平成12年)12月には前月比60%増とかなり急増し、そばめしブームを活かして売上を年々拡大しました。

 

また、こだわり商品の一つとしてスーパーなどのソース売場で販売されるようになり、オリバーソースを代表する商品として業務用・家庭用で販売されるようになっていきまいした。

 

今では、関西地方定番のソースと言われるほどになりました。

 

またどろソースだけでなく、2010年(平成22年)に食べるラー油が人気だったとき、「なんでもかけラー油100g」を期間限定販売もしました。

 

また、ギョウザを味噌だれで食べる地元神戸の味覚に注目をして2012年(平成24年)の秋に「神戸餃子味噌たれ」を発売しました。

 

ソースだけでなく、中華系の調味料の展開も行っています。

 

また、2013年(平成25年)2月20日には醤油風味のあっさりしたお好みソースとしてウスターソースと醤油の風味を併せ持つ「しょース」を発売しました。

この「しょース」ですが、販売当初は、そのまま「醤油風味のお好み焼きソース」の名前で売り出そうとしていたそうですが、「そんな当たり前の名前はアカンよ。もっとオモロクしないと」。ということで、「しょース」になったそうです。

 

あまり好評な名前ではなかったのですが、販売から半年で15万6,000本を売り切る大ヒット商品になりました。

 

※関連記事

⇒大塚久美子の年収資産や若い頃と性格が悪い?カップや評判はいかに!

オリバーソースの工場見学が楽しい!


オリバーソース株式会社は工場見学を行っています。

出典http://www2.kobe-c.ed.jp

地元の小学生はもちろんですが、県外からも工場見学に来る場合もあるそうです。

 

また、一般の方も工場見学をすることは可能で、休みの日になるとツアーや家族連れの見学者で賑わうそうです。

 

工場見学内容は、ソースが出来上がるまでの工程や、工夫などを見学出来ます。

 

また、お土産にソースをもらえるそうです。

最後に


どうだったでしょうか。

 

オリバーソース株式会社のこと、道満雅彦さんのことすこしはわかってくれたでしょうか?

 

とんかつソースから始まり、今では色々な食材に合うソースなどを開発、製造、販売しているオリバーソース株式会社です。

 

経営方針は「マーケットイン(消費者の意向や嗜好を重視)よりもプロダクトアウト(消費者の新たな嗜好を喚起する優れた商品を提案し供給する)」ということで、今に満足せず、常に新しいもの、新しいソースを追求しています。

 

今後、オリバーソース株式会社がどういった商品を消費者に提供していくのか、また道満雅彦さんがどういったビジネスを展開していくのか、とても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、日本実業家であり、オリバーソース株式会社の代表である、道満雅彦さんついての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は87%の確率でこちらの記事も読んでいます!

スポンサードリンク

Category