起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

向谷実は再婚して娘や鉄道(電車)マニア!カシオペア脱退と野呂一生との関係!【情熱大陸】

「情熱大陸」に向谷実(むかいやみのる)さんが特集されます。

 

向谷実さんは再婚して娘がいるそうですが、今現在の嫁や元妻などはいかがなものか?

 

向谷実さんは鉄道や電車オタクと言う事ですが、何でもその実力派とんでもないものを持っています。

 

向谷実さんはカシオペアのメンバーとして一世を風靡しましたが脱退してその真相なども気になります。

 

メンバーのリーダーだった野呂一生との関係もどうなのか?

 

今回はそんな鉄道マニアの向谷実さんに密着して行きたいと思います。

 

では。

スポンサードリンク

向谷実の経歴やプロフィール

出典https://www.youtube.com/

本名:向谷実

生まれ:1956年10月20日 59歳

出身:東京都

A型

向谷実さんは幼少期から楽器をはじめてピアノやエレクトーンにチャレンジしました。

もっと言うならヤマハ音楽院のエレクトーンの資格を確立しています。 向谷実さんは何でもゲームの制作者ではないでしょうか。

 

向谷実さんはカシオペアの時からゲームの発展を初めて改良を重ね、メカニズムはマニアの間で高いレベルにジャッジされたとささやかれています。

 

このシミュレーターは実写と音にこだわり、リアルさを追求したに限定されているわけではありませんが運行上の困難が起きたケースで国内の鉄道運転手が一体となって問題点を克服するためのプロセスを採用しているのが特徴だと断言します。

 

向谷実さんは東京生まれなんですが学生の頃から、エリアのコンクールで優勝するくらいだったみたい。

 

だとしても同時進行で鉄道も大好きで色んな電車のチケットを買い漁っては、学生のケースで当時大ブームだったレンズカメラをいち早く購入して電車を撮りまくっていたと言うから これまた凄い。

 

ここまで聞くと彼の人生は順風満帆かというと そうでもなく、 エレクトーンの強化合宿に出たときには それ以外の英才学習を受けたユーザーとの レベルのギャップにショックを受けたとのポイント。

 

なので、 エレクトーンの教習には通い続けたものの 今後は弁護士という形で勤務することを夢みて 実習し、いくつかの難局大学を受けた向谷さん。

 

予備校のライフスタイルに入るも 全く集中できずにドロップアウト。

 

そんな中、 野呂さんが櫻井哲夫さんと結成していた バンド「カシオペア」に キーボディストという形で参加することに ドラマーの佐々木隆さんも加わって ビギナーバンドとして初のイベントに参加する。

 

しかしながら、このイベントで「カシオペア」はグランプリはとれなかったけど準優勝して、一気に知名度を上げた。

 

このポイントをスタートとしてリーダーの野呂さんと同時に スペシャリストの道で生きていくことに腹をくくる。

 

しかし・・・

スポンサードリンク

向谷実は一泊22万の列車にも平気で乗る!


向谷実さんは、かなりの電車オタクなのでそのことに関しては自己投資は惜しまない人です。

 

彼は過去にエコノミーバリエーションと評価される、寝台ではない座席ランクの車両に乗った事があり、食堂車や豪華なカテゴリーが分散されている列車は妻と同時に旅行していたので、なんと料金は22万円もします!

 

かなり印象的ではないでしょうか。トイレは各部屋につきまして存在するのですが、シャワーは共用だと言えます。

 

あまり考えられませんが一人旅のシーンなら個室をにお願いする事なんですが、これに関してはビックリしますが各部屋の棚を上にすると便座が現れるプロセスに違いありません。

 

22万もしてこの列車に乗るのはやはり彼のマニアとしての情熱と意気込みですから。

 

そうは言っても、道中の景色は最高だったようでロッキー山脈の山々と、カナダの広範囲に及ぶ大地の風景は一生涯忘れることはないと彼は語っています。

スポンサードリンク

向谷実の今現在は鉄道オタク!


カシオペアで実践しているときも ライブツアーで日本中見回りしている間、 タイミングがあったなら地元のコースに乗りに 実施しいたそう。

出典http://otn.fujitv.co.jp

鉄道好きと言われると田中正恭さんも話題に上るようになりました。

 

これ以外のメンバーが能率的に 旅客機や新幹線で移転する反面、 夜行列車と言われるものを愛用していた向谷さん。

 

ファンの間につきましてもいつも話題に上っていた。

 

オリジナルの専門会社「音楽館」で 制作提供していることなんですがたぶん趣味的ファクターが結構で 個人的に立ち上げたこのプロジェクト 音楽作用で培った コンビューターキャパシティーと、 ルーティンワーク用のシステムで導入され 発明されたこの作品には 向谷実さんの鉄道に関しての魂が詰まっています。

 

やりたての頃は普通のゲームという形で 発売されたソフトウェアとしてでも 販売されることに。

 

その上、このシリーズのライン導入や 発売による人脈がキーポイントで、 向谷実さんは鉄道企業に特化した 音楽ビジネス・ルーティンワーク用プロセスのトレーニングにも 参加するべきことになっていますからその才能はハンパないものが存在する。

 

具体的に「鉄道の世界のヒト」に なってしまっておられる 「カシオペア」と言われるバンドに関しての サクセスオンリーでもすごいのに、 そこから飛躍的に「鉄道シュミレータ」と考えられる 世界でもトップに立った向谷さん。

 

彼のストーリーにはなんだかライフスタイルに忘れることができないことを レクチャーして頂いた気がする。

 

※関連記事

⇒杉原杏璃(株・副業・投資)の年収資産がエグい!不動産でも稼いでいるのか!?

向谷実のカシオペア脱退の理由や真相がスゴい!


あの伝説的バンド・カシオペアのキーボードといった形で、一時代を築いた向谷実。ここへ来て「音楽プロデューサー」「作曲家」に限定されず、「鉄道タレント」と考えても快進撃する彼はなぜ音楽から鉄道と言う全く違うジャンルに足を踏み入れたのか?

出典https://business.nikkeibp.co.jp

担当直入に申し上げると向谷実さんはカシオペアの行動再会を願っていて続けたかっただと思われます。

 

数年か前にスタッフらで数え切れないほどミーティングを持ち、要するに形態でいよいよ実行出すものだ。慣れぬ守秘責任のなかでもんもんと時間をつぶす日常生活が続いたが、初めてインフォメーション解禁となってこちらと考えても今は生き生きと達成している。

 

自分自身の内側からカシオペアは行動していただけに、休止を広告したケース、個人的には結局のところ、追い打ちとなってカシオペアに混迷をもたらす。

 

なんですが多種多様な原則のギャップや外的ファクターが重なっていたのが要素と教えられましたね。

 

ブレイクしたと考えられる実感はそうないんではあるのですが、80年代に入って。

 

初の国内ツアーを実践したあたりから、ライブに来ていただけるユーザーの質がバラバラになってきたインプレッションは現実的にありましたね。女子ファンがカシオペアの半分近くを占めるのと同じく。

 

勿論の事、ネットサイトもないあのころに、大して評判だけであれだけの人間が集まってくれたわけである故、これに関してはシンプルにうれしかったし、ファンのあなた方自身には今でもすこぶる感謝しているそうです。

 

ちょうど40作目のアルバムでの転機になり、このリリースを最後にカシオペアは行動を休止し向谷は脱退を表明。

 

彼らの演奏はテレビやラジオで取り上げられるや、あっという間に一世を風靡し一気に彼らの時代が降りて鉄道ファンとしての彼もまた躍進していくのだった。

 

今現在では鉄道シミュレータを発展しており、その理由は乗務員がよく聞く運転以外に、 広範囲に及ぶ問題点を 想定し瞬時のジャッジと取扱いを何度も何度も訓練するためのものだと彼は語る。

カシオペアリーダー野呂一生との関係!


そもそも今現在もカシオペアリーダーだった野呂一生との関係は継続しているのか?

出典http://www.targie.com

向谷さんはシンセやエレクトロニクス出身と同様に思われるけど、元元はピアノ出身です。

 

そして彼は決して家は裕福ではなかったが、両親や親戚もピアノを習うのを手助けしてくれたと言う。

そんな理由から音楽学校に入学して、それから独自の音楽を作りながらこの時期と重なりカシオペアに参加する。

 

これに関しては知名度のあるストーリーですが、野呂一生から誘いの電話が掛かってきて、そのケースの言葉が「これからマニアックでコリアと似ているバンドをやるんだけど並行してやらない」とオファーが来たと言う。

 

彼は二つ返事で引き受けたが、ひとつとして違うなと後になって感じた。

 

当時の機材やアナログシンセは不安定で訓練したらしい。

 

他にもプレミアムな機材があったが高くて到底買えなかったと言う。

 

このあたりから音楽性の違いなどが合致して彼はついに脱退を申し出る。

 

野呂一生との関係もこのあたりからギクシャクしていたことは間違いないだろう。

スポンサードリンク
 

向谷実の結婚や娘と年収は?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category