起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

小松周平(ALI社長)の経歴WIKIやドローンと東京大学卒!?年収や資産は?

今回は、Aerial Lab Industries(ALI)の代表取締役CEOである、小松周平さんの経歴、WIKIやドローンと東京大学卒や年収、資産についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは、ドローンという機械を知っていますか?

 

ここ数年でかなり一般にも普及してきた機械ですよね。

 

小型の飛行体でコントロール1つで空高くから撮影できるというスグレものですよね。

 

普及したせいで色々な問題も起こり、ドローン禁止と書かれた看板が出来るほどになりましたが。

 

そんなドローンですが、空からの撮影だけでなく、色々な分野で今使われようとしています。

 

その中でも1番注目されているのがものを運ぶことです。

 

例えば、なかなか人が行けない離れた場所に物資を届ける、自動で物資を届ける、災害救助で物資を届けるということが注目されています。

 

そんな中、このドローンを宅配に使おうとチャレンジしている企業があります。

 

それが株式会社Aerial Lab Industries(ALI)です。

 

その代表取締役CEO兼CTOを務めているのが、小松周平さんです。

 

では、そんな株式会社Aerial Lab Industries(ALI)とはどういった会社なのか、また、代表取締役社長CEO兼CTOである小松周平さんとは一体どういった人なのか詳しく見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

小松周平(ALI社長)の経歴WIKIやプロフィール


小松周平さんは、1982年生まれです。

出典https://www.youtube.com

大学は東京大学に入学し、大学院先端エネルギー工学専攻修了しています。

 

大学卒業後は、海外の外資系投資銀行に就職します。

 

この会社では、ヘッジファンドにてシンガポール・ロンドンにおいてトレーディング業務に従事していました。

 

しかし、退職します。

 

その後、2017年2月に株式会社エアリアルラボ(現Aerial Lab Industries)に参画し、そのままALI代表取締役に就任します。

 

東京大学を卒業していることに驚きは感じませんでした。

 

これだけ若くして、これだけの仕事をしているのですからかなり頭はキレると思いますし、なにより絶対に頭いい顔していますからね。

スポンサードリンク

小松周平(ALI社長)とドローンの関係はいかに?


小松周平さんはとドローンの関係はとても深いものがあります。

出典https://www.green-japan.com

だってドローンを仕事の中心に置いていますからね。

 

近年拡大の一途をたどうドローン市場ですが、株式会社Aerial Lab Industries(ALI)は、AI技術との統合でより高度なフライトを実現しようとしています。

 

自社製品としては、小型球体ドローンの開発や、オリジナル探索・救助用ドローンの開発、インフラ点検ドローンの開発にとりくんでおり、コンサルティングの受託開発では、鉄道会社向けドローン導入、ドローンスクール事業立ち上げ、ドローンレース事業立ち上げ、救助用自律飛行プログラム開発、防塵・防爆タイプドローン開発、デュアル機構カメラドローン開発、電気設備点検ドローン開発などを行っています。

 

また、ドローンだけでなく、ホバーバイクという空中に浮く乗り物も開発しています。

 

このホバーバイクですが、まさにバイクに乗るようにシートに前傾でまたがります。4枚のプロペラで風を送って、反力で機体を浮かせ、モーターで回転を制御することでバランスをとるという乗り物で、技術的には完成に近づいているそうです。

 

最高速度は120キロメートルで2020年の発売を目指しているそうです。

 

そんな株式会社Aerial Lab Industries(ALI)にはなんとあのサッカー選手の本田圭佑さんも出費しています。

 

そして、現在ではなんと顧問として株式会社Aerial Lab Industries(ALI)にその席を設けています。

 

なぜそこに本田圭佑さんが関わったのかはわかりませんが、なにかしらの意図、この先の未来が見えているのかも知れませんね。

スポンサードリンク

小松周平(ALI社長)の学歴は東京大学卒なのか!?


小松周平さんは、東京大学を卒業しています。

出典http://morningpitch.com/

また大学院にも行っており大学院先端エネルギー工学専攻修了しています。

 

大学院まで行っておりかなりの頭の良さだと思います。

 

その頭があったからこそ、日本のこの先の未来も見えているのかもしれません。

 

小松周平さんはとにかく最先端の分野を仕事に取り入れ、開発しようとしています。

 

その理由が、最新の技術だからこそ、既存の企業では開発に及び腰になってしまう、だからこそそれを最先端の技術をすべてビジネスとして行い利益を上げるためにこの会社を作ったと話しています。

 

簡単に言っているようにみえますが、これがかなり大変なことなんです。

 

世の中のすべての人が新しいもの好きならばいいとは思いますが、そのほとんどの人が新しいものを試すのを怖がります。

 

色々なてビューや実物を見たものしか購入しない人が大勢いるのはそのせいです。

 

そんな中で常に最新のものを置い続けるにはリスクが伴います。

 

そんなリスクを含めてそういう方針をとっている小松周平さんはかなりの自信があるとみていいと思います。

小松周平(ALI社長)の年収や資産はヤバい!?


小松周平さんが代表取締役CEO兼CTOを務めてる株式会社Aerial Lab Industries(ALI)は、資本金が356百万円で設立が平成28年9月とかなり若い会社になります。

 

しかしながらその業績は右肩上がりで、かなり優秀な業績を誇っています。

 

そんな会社の代表取締役CEO兼CTOである小松周平さんの年収はいくらなんでしょうか。

 

具体的な金額の数字はわかりませんが、おそらく年収は2,000万円から3,000万円ぐらいではにいのかなと思います。

 

また資産ですが、こちらもあって5,000万円ほどではないのかと言われています。

 

やはりまだまだ若い会社です。

 

今後どう業績が変化していくかで年収も資産も180度変わってくると思います。

 

しかし、今現在でも評価は上々ですし、これから仕事も確実に増えてくるかと思います。

スポンサードリンク
 

小松周平(ALI社長)の今後の経営戦略や将来像は?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category