起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

高波久雄(パール金属)の経歴WIKIや年収資産と子供!オススメ商品はコレ!【カンブリア宮殿】

今回は、パール金属代表取締役会長である、高波久雄さんの経歴やWIKI、年収や資産、子供やオススメ商品についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは料理をすることは好きですが?

 

女性の人は料理が好きな人が多いと思います。

 

女性だからといって料理が得意というわけでもないとは思いますが。

 

最近では男性でも料理が趣味という人はたくさんいます。

 

そんな料理に必ず必要なのが食材です。

 

しかし、そんな食材も調理器具がなければ料理出来ません。

 

調理器具も色々なメーカーから数多くの種類の調理器具が販売されています。

 

この調理器具こだわる人は本当にこだわると思います。

 

特に男性の人でこだわる人が多いのではないかと思います。

 

今回はその中でもパール金属株式会社という起業をピックアップしていきたいと思います。

 

パール金属株式会社の代表取締役会長を務めているのが高波久雄さんです。

 

では、そんなパール金属株式会社とは一体どんな会社なのか、また代表取締役会長である高波久雄さんとは一体どういった人なのか。見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

高波久雄(パール金属)の経歴WIKIやプロフィール


高波久雄さんの出身は、町新潟県三条市の出身です。

出典https://www.youtube.com

木工関係の製造を営む家の長男として生まれました。

 

自宅も自営業で仕事をしていたのですね。

 

高校は、おそらくどこかの通信高校を卒業しているのではないかと思います。

 

というのも出身高校の情報はまったくなかったのですが、ある通信高校のメッセージで「地元の子どもが地元の大人と一緒に学び、活動し、将来に向かって確かな力を身につけていく。

 

あたりまえの営みが、いつの間にか無くなっています。

 

松陰高等学校 燕三条校が、一人一人の個性に寄り添った指導で、穏やかで充実した高校生活を創りあげていくことと期待しています。」という話をしています。

 

この高校自体は出来て新しいのですが、もしかしたら通信高校卒業が縁でメッセージを載せているかも知れません。

 

そして、1967年に地元の金物関係商品を販売するべく、次男である高波文雄さんと「パール金属株式会社」を設立しました。

 

このパール金属株式会社は、主にフライパンや圧力鍋などの金属製台所用品などを製造し販売しています。

 

また、アウトドア用品を製造・販売しているキャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) のブランドでも知られています。

 

もしかしたらキャプテンスタッグの方が有名かもしれませんね。

 

キャプテンスタッグを作った理由としては、アメリカに市場調査をしにいったときに大型のグリルでバーベキューをしている家族を見て、『アメリカで見かけたバーベキューのスタイルを日本で再現したい。』と思ったからだそうです。

 

当時は、今のようにバーベキュー用の網もなく、バーベキューコンロもなかった時代だったそうです。

 

今では、アウトドア用のバーベキューコンロや食器の販売だけでなく、テントやシュラフ(寝袋)などへ展開を拡大させました。

 

また、サイクリング用品やカヌー用品までカバーするオールラウンドなアウトドアブランドとなっています。

スポンサードリンク

高波久雄(パール金属)の年収や資産はスゴいのか!?


パール金属株式会社は、1967年5月1日の創立です。

出典http://jp.jnocnews.jp/

資本金は6,000万円(資本合計200億円)、従業員は600人います。

 

売上高は、2015年で380億円、グループ合計で495億円ありました。

 

それなりに大きい企業だと思います。

 

そんな企業の代表取締役会長である高波久雄さんの年収や資産はいくらなんでしょうか。

 

まず年収ですが、売上高などから考えるとおそらく9,000万円から1億円ぐらいあると思われます。

 

会長職なのでもしかしたらもう少しあるかもしれません。

 

資産はおそらく2億円から3億円は間違いなくあると考えられます。

 

自社株の保有数がわからないのでなんとも言えませんが、株の保有率で一気に資産が跳ね上がります。

 

なんていっても創業者の1人ですから株を結構所有しているのではないかと予想します。

スポンサードリンク

高波久雄(パール金属)の家族構成(嫁・子供)はどうか?


高波久雄さんは、結構な歳になっています。

出典http://www.palge.com

まず間違いなく結婚はされていると思います。

 

もちろん子供も何人かは間違いなくいると思います。

 

もしかしたら関連会社のお偉いさんをしているか、パール金属株式会社の専務ぐらいになっているかもしれませんね。

 

今後息子さんなり娘さんがパール金属株式会社を継いでいく可能性は十分にあると思います。

 

しかし、まずは現在代表取締役社長を務めている弟の高波文雄さんが会長になるとは思いますけどね。

パール金属のオススメ商品はコレだ!


調理器具からアウトドア用品まで幅広く商品を展開しているパール金属株式会社ですが、おすすめの商品を紹介したいと思います。

まず、調理器具からです。

 

調理器具でおすすめなのは、フライパンとお鍋です。

 

この2つの調理器具は丈夫な特殊加工であるブルーダイヤモンドコートという加工がされています。

 

フライパンの加工となるとテフロン加工が有名ですが、このブルーダイヤモンドコートはテフロン加工並、もしくはそれ以上の強度を誇ります。

 

ブルーシャイントップコート、ミッドプライマーコーティング、プライマーコーティングと3層構造になっており、金属ヘラ(角が丸い滑らかなもの)も使用できます。

 

また、こびりつきにくく、お手入れ簡単です。

 

傷もつきにくく洗いやすなんてすばらしいコーティング技術だと思います。

 

使用できる加熱器具も、ガスコンロ、IH、シーズヒーター、ハロゲンヒーター、エンクロヒーター、ラジエントヒーターと多様に使えます。

 

次にアウトドア・キャンプ用品ではおすすめなのは、テントです。

テントはおそらくかなり高いイメージがあると思います。

 

しかし、このキャプテンスタッグのテントは組み立てやすく、頑丈、安いと三拍子揃った製品になります。

 

テント初心者も簡単に組み立てれる構造になっており、人気の商品になっています。

高波久雄(パール金属)の今後経営戦略や将来像は?


今後このパール金属株式会社はどういった経営戦略をたてていくのでしょうか。

 

まず今現在も厳しい経済状況ですが、それに対応していくために、自動倉庫を備えた3棟の物流倉庫「スーパーハブ流通ステーション」を中心に、より効率の高い物流システムを実現し、新製品開発、営業力強化、広大な倉庫を使ったデリバリー力によって現在の状況を乗り越えているそうです。

 

もちろんこの部分は今後も引き続き継続強化していく流れだそうです。

 

そして、売り場の拡大を日本から海外、特に中国に広げていくそうです。

 

中国の売り場市場はかなり大きく、販売価格は日本の5倍だそうです。

 

高波久雄さんは、中国で広げてきた販売網を利用し、燕・三条の商品を販売することを加速させたい考えだそうで、「中国でも商品のマンネリ化は避けられない。メード・イン燕・三条の商品を開発し、中国へ売り込んでいくのが私の今の目標。輸出、輸入とも両立させる」と話しています。

スポンサードリンク

最後に


どうだったでしょうか。

 

パール金属株式会社のこと、高波久雄さんのことすこしはわかってくれたでしょうか?

 

今後日本だけでなく海外でもパール金属株式会社の商品を見る日遠くないかもしれません。

 

日本から世界に活動の幅が広がるのはとてもいいことだと思います。

 

今後パール金属株式会社がどういった商品を提供してくるのか、また高波久雄さんがどういった経営方針、経営手腕で会社をひっぱっていくのかとても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、日本の実業家であり、パール金属株式会社の創業者であり、代表取締役社長である、高波久雄さんについての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category