起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

水留浩一の略歴や家族と高校はどうか!?年収資産や評判と韓国との関係!

今回はスシロー社長の水留浩一(みずとめこういち)さんの略歴や家族と高校大学などについてみて行きたいと思います。

 

水留浩一さんの年収や資産、評判などと韓国との関係はいかがなものか?

 

水留浩一さんはスシローの社長に就任してから、プロの経営者としての手腕を発揮していますが、その活躍は素晴らしいものがあります。

 

水留浩一さんの経歴プロフィールや、過去の出来事、彼がたどってきた失敗談などをピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

水留浩一の経歴プロフィールや過去の出来事


出典https://www.youtube.com

本名:水留 浩一(みずとめ こういち)

生まれ:1968年1月26日(年齢50歳)

出身:神奈川県

今現在:あきんどスシロー代表取締役

スシローの本社は大阪にあり2015年にオープンされました。

 

思っているほどキャリアがなかったとイメージしては実は今現在の会社の前身にあたる「すし太郎」を同じく大阪に起業されていた。

 

そこからすし太郎名義で、激安回転スシショップをオープンしては2社が合致した。

 

その後2社は統合合併して、スシローにシフトするのです。

 

水留浩一さんは会社のプロジェクトとともに、企業を保持し続けるプロフェッショナルば経営者だと思います。

 

彼は会社の事をこう言っています。

 

基本的には、ユーザーに食べて頂くすしに関しては最大規模の鮮度を維持して、そこから収益分岐点をしっかりと分析しては利益を出していくスタンスなどのことをデータをきっちり整備したことを 焦点を当てていると語っています。

 

これ以外には、会社特有の枠にとらわれずにスタンスを引き表す経営を 心がけているそうで、そが理由で パートタイマーなどの雇用に関してもライバルと比較しても低いと噂されています。

 

ただの激安すしチェーンだけではなく、ちゃんとユーザーから愛される工夫をしているポイントが少しわかった気がしたわけです。

 

しかし過去には、危機があったそうで謀反に左右されて招かれたと考えられる。

 

元々は創業者の兄弟謀反により、筆頭株主がすれ違ったと考えられる。

 

これが中心的なスシローにとってのイタイストーリーではないか?

 

大手牛丼チェーンなどに於いて知名度のある会社の下でのスタートとなりうる危機だったそうだ。

 

そうするために把握してたターゲットがもっかスシローの株主の80パーセントを視野するキャピタルゲインだと言う。

 

それ以来業績を伸ばしてきた。

 

それから前社長を乗り越えて最近では水留浩一が社長ではないでしょうか。

 

日本航空の副社長と考えられるものを受け継いだビジネス歴での実績は申し分なく、スペシャリスト経営者ではないでしょうか。

 

この言いつけ通りで、これまでの単価をかなり大幅にあげてそのスケールに特化した業界進出として見受けられる。

スポンサードリンク

水留浩一の高校大学はどこ?


出典https://goetheweb.jp

水留浩一さんの出身大学は、 東京大学ですね。

 

まさにエリート街道まっしぐらです。

 

東京大学を卒業した後、 PR業界の会社に雇用、 その後で言うと全社を退社して、 国内の会社ではなく国外の一流コンサルテーション企業で 経営に特化したテクニックを学んだと言えます。

 

その後は、国内法人に雇い入れしここでも成果が認められて取締役まで上り詰めます。

 

水留浩一のその後も、業者再生バックアップ機構のトップになり、そこから自分自身の中で 重要ポイントとなる日本航空の業績悪化とともに業績回復を託される。

 

ここでは大ガガリな広範囲に及ぶリストラを遭遇。しかしこの成果が実を結びセールスギャランティ2000億円の日本航空の業績回復に託してしていきます。

 

コレほどの伝説を残してきた水留浩一は、ワールド常務執行役員を得て4年前にスシローの 代表取締役に就任しています。

 

国内の一流法人の経営再建をするほどの 経営のエキスパートなので、彼の哲学はこうではないでしょうか。

 

新たな職種にチャレンジするのであれば、やっぱり階段を下から上がった方が結果的に上手く行くのではないかと思います。

そして、年収も大きく下げましたが、これまで民間、それも広告やコンサルという民間の中でもかなりリベラルな風土の企業でしか働いた事しかなかった自分にとって機構という組織は色々な意味で新鮮な体験でした。普通だと思っていたことが普通ではない、公金を使うという事による制約の多さも新鮮でしたし、当然ながらに社外の人との情報交換の会食すら制約を受けました。

そうした中で日本航空の破綻という大きな案件が動き出し、始動したての機構にとって様々な思惑も交錯するなかで進めて行かざるを得ない状況になっていきました。

スポンサードリンク

水留浩一の年収や資産がヤバい!


スシローの売上高は1477億円で、全国の至る所に店が見受けられる。

出典https://r.nikkei.com

単純明快にして合算したら売上高は1826億円にまで上り、他の同じ業界のライバル達を結構引き離すことなのだという。

 

インフォメーションやWEBで読むことはスシローのネーミングぐらいは聞いたことがあるがまさかここまでの大企業だとは思わなかった。

 

まさしくスゴいキャリアだ。

 

水留は外資系のアドバイザー企業で企業再生のトライを積んだエキスパート経営者ではないでしょうか。

 

そのスキームは、株式上場するケースで準備株を売却するか、新規のファンドに意向するかで、何処のリターンがおっきいかをつねに追いかけていた。

 

彼がどのようにしてリターンをかなり挑戦するかと考えられる重要な責務に付いています。

 

その後、スシローは株式上場を果たしこれに対応するようにトレードなども成功を収めています。

 

なので、彼の年収レベルや資産は莫大なものではないでしょうか?

 

単刀直入に言えば、数千万規模の年収を億単位の資産が考えられます。

スポンサードリンク

スシローは過去に失敗していた!?


「プロ経営者」なのだという水留がキャパシティーを込めて展開したコンセプトは「オシャレなすし」で初めてみる風景ではないでしょうか。

出典https://www.asahi.com

まずは4年前に東京中目黒にオープンしては、そこから回転すし特有の回るレーンに追い立てられるように今度は「回らない」をコンセプトにして、1貫の価格を100~500円の単価に設定。

 

今現在のメインとなる商品が1皿100円程のスシローと照らし合わせると優良に投資した。

 

とは言っても、中々当時は全く客数が確保できずに、その後新しい業態にチェンジ。

 

本物の職人が握るすし屋での平均客単価は5000円となっており、そのスケールにチョイスした。

 

しかしこのコンセプトもの新業態店もあえなく失敗に。

 

新業態の失敗が決算にどうダイレクトに影響するのかが当時は言われていたが、まだその段階では大企業ではないため、WEBページの話では当時ギャランティは42億円だったとのこと。

 

ここから利益分岐点のマイナスを計上する必要があるとか言われていたが、あり得ないことかもしれませんが、スキームによって今後の戦略に投資できたそうだ。

 

この失敗で当時のスシローの口コミや評判はこうです。

なんなんや、このアホな高級志向戦略。 5000円出すなら、そこらの寿司屋に食いに行くがな。わざわざスシローで5000円分も食うわけないやろが。

 

日本人がみんな大好きな回転寿司ですが、そのネタの正体は外国産のニセモノのネタばかりです。そもそも、本当に100円皿で国産の鯛やヒラメが出てくると思いますか?

水留浩一の家族(嫁・妻・子供)はいかに!?


水留浩一さんは家族やそもそも結婚しているのか? と言う理由で、チェックしてみました。

 

かなりの手腕を発揮される経営者ですから、 プロフィールに表示されているかなと思い水留浩一のSNS等を見定めてみましたが、 データが存在しませんでした。

 

まあ、普通の人物と言う理由から、 データはオープンになっていません。

 

ただ年齢から言うと普通に嫁子供がいそうな事情では 存在しますがネット上にはオープンになっていません。

 

企業経営と考えられる簡単に進まないしごとをされているわけである故、 ファミリーやご婦人のバックアップが存在するのです。

スポンサードリンク

スシローと韓国との関係は?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category