起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

閑歳孝子(Zaim)の経歴WIKIや年収と結婚(夫・子供)は?高校大学はどこか!?

今回は、Zaim社長である閑歳孝子さんの年収や結婚(夫・子供)、高校や大学についてなど見ていきたいと思います。

 

閑歳孝子さんが経営するZaimとはどんな企業でしょうか?

 

あなたはお金の管理をどうやっていますか?

 

独身時代からしっかりお金の管理をしている人もいますが、全くお金の管理をしていない人も多いかと思います。

 

でも、結婚してからはそうはいきません。

 

家のお金がどれだけ入ってきて、どれだけ毎月出ていくのか、またどれくらい貯蓄しないといけないのかなど事細かにそれらを把握しなければいけません。

 

もちろんそれが得意な人もいれば不得意の人もいるかと思います。

 

でも、このお金の管理をしっかりとしないと後々かなりやばいことになってしまうのは目に見えていますよね。

 

家計簿と聞くだけで嫌な顔をする人もいます。

 

昔から家計簿といえばノートなどにまとめるのが一般的だったかもしれませんが、いまの時代は違います。

 

スマートフォンのアプリがあります。

 

アプリでつける家計簿はかなり便利です。

 

常にスマートフォンは持っていますから確認もできますし、その場で今使ったお金を入力することもできます。

 

レシートを取っておいたり、月末にまとめてするなんてことも少なくなり、かなり管理がしやすいと思います。

 

もちろんそんな家計簿アプリですが、たくさんの家計簿アプリがリリースされています。

 

今回はそんな中でもZaimというアプリに注目していきたいと思います。

 

このZaimのアプリをリリースしているのが株式会社Zaimです。

 

そして、その会社を起業し、代表取締役社長を務めているのが閑歳孝子さんです。

 

では、そんな株式会社Zaimとは一体どんな会社なのか、また代表取締役社長である閑歳孝子さんとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

閑歳孝子(Zaim)の経歴WIKIプロフィール!


閑歳孝子さんは、1979年生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、大阪府の出身になります。

 

高校は地元の高校を卒業します。

 

高校卒業後、大学に進学するのですが、進学した大学は慶應義塾大学の環境情報学部に進学しました。

 

順調に勉強をして大学を卒業します。

 

大学卒業後は、株式会社日経BPに入社します。

 

この会社ではでIT専門誌に配属されて。そこで記者・編集を3年半ほど経験します。

 

入社4年目になったときに大学時代の友人の誘いでITベンチャー企業へこないかということがあり、そちらの方に転職します。

 

その企業ではディレクターとして自社パッケージの企画・開発に携わっていました。

 

その仕事をこなしつつ、プログラミングの勉強を独学で開始しました。

 

元から頭がいいのもあるのだと思いますが、独学で次々にプログラミングの基礎などを身につけていきます。

 

2008年にITベンチャーの株式会社ユーザーローカルという会社に入社します。

 

この企業では新規Webのアクセス解析ツールの企画や開発を担当していました。

 

また、この企業でも仕事と並行して個人でもWebサービスの開発を始めました。

 

そして11年7月に個人で家計簿アプリのZaimをリリースさせます。

 

翌年の2012年の9月に会社化し、代表取締役に就任します。

 

この株式会社ZaimはZaimのほかにも、Twitter上のトレンド発言を集めた「ReTweeter!」や、写真のスライドショーサービス「Smillie!」など、数々のアプリケーションを開発、販売しており、これまでに手掛けたWebサービスはとても多い数になっています。

スポンサードリンク

閑歳孝子(Zaim)の出身高校や大学はどこか?


閑歳孝子さんは、高校は地元の高校に進学し、卒業します。

出典https://job.j-sen.jp

卒業後は、慶應義塾大学の環境情報学部に入学します。

 

この学部はというと1990年に設立され幅広い分野の領域を扱っています。

 

科学技術やデザインでの創造的問題解決を理念として掲げている学部で、先端情報システムの分野、先端領域デザインの分野、先端生命科学の分野、環境デザインの分野、人間環境科学の分野など数々の分野に別れています。

 

著名な出身者としては意外に芸能関係の出身者が多く、一青窈さん、KREVA、水嶋ヒロさん、トリンドル玲奈さんなどがいます。

 

また、井出博生さんや尾澤重知さんなどの他大学の教授になるような人も卒業しています。

 

閑歳孝子さんは、高校の頃からワープロや、パソコン、プログラミングに興味があったようで、やはりそちらの方面に進んだのかなといった感じです。

閑歳孝子(Zaim)の年収はいかに?


株式会社Zaimの創設者であり、代表取締役社長でもあり、Zaimの開発者である閑歳孝子さんの年収はいくらなんでしょうか。

出典https://careerhack.en-japan.com

まず、株式会社Zaimのですが、設立時は約4,000万円の融資をもらってから設立されています。

 

主な事業内容としては家計簿サービス Zaim の企画・開発・運営、インターネットを利用した各種情報提供サービスを行っています。

 

このZaimのアプリケーションの評価がとてもすごいです。

 

基本的には無料なのですが、機能制限や広告が出てきます。

 

有料にすればそれらの制限などがなくなるという感じなのですが、このアプリケーションがすごい人気です。

 

家計簿だけでなく資産運用まで管理できるというすばらしいアプリで、これ1ついれておけば他はなにも必要ないといった感じにも思えます。

 

やはりその人気はすごく、2017年の7月の時点で会社設立6周年を迎えているのですが、そのダウンロードの総数は650万ダウンロードを超えます。

 

今ならばもっとダウンロードの総数は伸びてきていると思います。

 

そして、気になる年収ですが、これらの情報から推測するとおよそ1,000万円から2,000万円はあるのではないかと思います。

 

現在の事業の主軸はやはりZaimのアプリケーションですが、この他にも色々と事業を展開しています。

 

これからもっと年商も年収も上がっていくことは間違いないと思います。

スポンサードリンク

閑歳孝子(Zaim)は結婚して旦那(夫)や子供はいるのか?


閑歳孝子さんは現在結婚しているのでしょうか。

出典https://thebridge.jp

閑歳孝子はとてもキレイで彼氏の2人や3人普通にいる感じですけども、実際はどうなんでしょうか。

 

まず結婚ですがなんと結婚しています。

 

狙っていた男性陣は残念でした。

 

そして、珍しいことにこの夫婦ですが日本では珍しい夫婦別姓を名乗っています。

 

この選択肢を選んだ理由としてまずは、自分の名字が珍しくて気に入っているという点があるそうです。

 

閑歳なんて名字なかなかないですもんね。

 

そして、結婚しようという話になった時、婚姻制度について調べていくうちに、籍を入れなくても大きなデメリットはないとわかったことも理由として話しています。

 

その結果事実婚という形を選択したそうです。

 

旦那さんも会社の代表になっているそうで、今となっては苗字を変えるとプライベートはもちろん仕事の上でも山のように手続きが発生してしまい、今からではさらにハードルは上がってしまうからこれからも変えることはないと話しています。

 

両親などは特に驚くことはなかったそうです。

 

そして、これまで夫婦別姓で困ったこともなかったそうです。

 

また、現在子供さんはいないようです。

閑歳孝子(Zaim)の今後の経営戦略や理念は?


人気絶好調の家計簿アプリZaimですが、今後どういった経営戦略を持っているのでしょうか。

出典https://twitter.com

まず、今後家計簿アプリはどんどん増えていくと考えているそうです。

 

基本的な操作や中身は変わらないものがたくさん出てくると思います。

 

そんな中大事なのは独自性です。

 

その独自性をどんどんアピールしていきたいと話しています。

 

また現在もそうですが、様々はインターネット事業、アプリの開発も続けていくそうです。

 

これから幅広く事業を展開していきたいがZaimのアプリは主軸なのでおろそかにならないように気をつけないといけないと話しています。

スポンサードリンク

最後に


どうだったでしょうか。

 

株式会社Zaimのこと閑歳孝子さんのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

普段生活していく上で絶対的に大事なるお金の管理、それを手助けしてくれるのが家計簿アプリです。

 

今後この株式会社ZaimのZaimのアプリがどうユーザーに便利な機能を追加してくれるのか、また他にもどんなアプリをリリースしてくれるのか、とても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、日本の実業家であり、株式会社Zaim創業者で代表取締役社長である閑歳孝子さんについての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category