起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

竹下真由(竹下製菓社長)の経歴WIKIや年収が!?結婚とコンサル力が高い?

今回は、竹下製菓社長である、竹下真由さんの経歴やWIKI、年収や結婚、コンサル力についてなど見ていきたいと思います。

 

竹下真由さんの経歴プロフィールと、年収や資産、結婚(旦那・子供)はいるんでしょうか?

 

竹下真由さんは竹下製菓の社長でもありますが、そのコンサル力などの評判はいかがなものなんでしょうか?

 

あなたはお菓子をよく食べますか?

 

一言にお菓子といっても様々な種類がありますよね。

 

和菓子から西洋菓子、アイスやシュークリーム、駄菓子などお菓子というくくりのジャンルだけで多種多様なモノが存在します。

 

もちろんこのお菓子をやデザートを作る会社はたくさんあります。

 

有名なお菓子メーカーや老舗な店、個人のお店もたくさんあります。

 

そんな中でもロングセラーと呼ばれるお菓子を作り上げるのは本当に大変な苦労だと思います。

 

アイスでいえばガリガリ君などがロングセラー商品と呼ばれるにふさわしいものだと思います。

 

ロングセラー商品はたいていコンビニなんかに必ず置かれていますよね。

 

今回はそんなお菓子メーカーのなかで竹下製菓株式会社という会社に注目していきたいと思います。

 

竹下製菓株式会社の代表取締役社長を務めているのが5代目となる竹下真由さんです。

 

では、そんな竹下製菓株式会社とは一体どんな会社なのか、また代表取締役社長である竹下真由さんとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

竹下真由(竹下製菓社長)の経歴WIKIプロフィールや生い立ち


竹下真由さんは、1981年9月生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、佐賀県の出身になります。

 

竹下製菓株式会社の4代目の娘として生まれた竹下真由さんは、活発に育っていきます。

 

中学校、高校は、地元の学校に入学し、卒業します。

 

高校卒業後は大学に進学するのですが、進学した大学はなんと東京工業大学でした。

 

かなり頭のいい人なんですね。

 

東京工業大学では、工学部経営システム工学科に入り、経営のシステム関係について日々勉強をしていました。

 

このことからもうこのときにはすでに会社の跡継ぎになるということを考えていたのかもしれませんね。

 

そして、2007年に、東京工業大学大学院の社会理工学研究科経営工学専攻を卒業します。

 

卒業後はそのまま竹下製菓株式会社に就職するかと思いきやなんと、2007年にアクセンチュア株式会社に入社します。

 

このアクセンチュア株式会社は、ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの5つの領域でサービスを提供する総合コンサルティング企業になっています。

 

この会社では、戦略グループに入社し数々のコンサルティン業をこなしていきます。

 

そして、4年間勤務したのち退職します。

 

退職後の2011年についに竹下製菓株式会社へ入社することになります。

 

今までの就職などは間違いなく修行だったんだなと感じます。

 

世間がどういうものなのかを見ていくという意味とコンサルティング業を通じて自分の腕を磨くということが目的だったのかもしれませんね。

 

どういった目的にしろ竹下製菓株式会社での仕事に大きくプラスになることは間違いないと思います。

 

竹下製菓株式会社に入社後は現場などの仕事をしながら会社の雰囲気と概要を学んでいきます。

 

そして、2014年から商品開発室長を務めることになります。

 

その2年後の2016年4月から父親の跡を継いで5代目となる竹下製菓株式会社の代表取締役社長へ就任することになります。

スポンサードリンク

竹下真由(竹下製菓社長)の年収や資産はどうか!?


竹下製菓株式会社は、1927年11月に設立された佐賀県に本社を置く食品会社になっています。

出典https://www.sankei.com

株式は非上場ですが、資本金が1,000万円、従業員が80人ほどいらっしゃいます。

 

販売している商品ですが、九州と中国地方の一部で商品展開を行い、各種スーパーやコンビニで「ブラックモンブラン」などの商品を販売しています。

 

主力商品は「ブラックモンブラン」という冷菓になります。

 

そのほかにも和菓子、洋菓子など様々なお菓子を製造販売しています。

 

そんな会社の代表取締役社長である竹下真由さんの年収や資産はいくらなんでしょうか。

 

まず年収ですが、おそらく1,000万円から1,500万円ぐらいではないのかなと予測します。

 

正直そこまでびっくりする金額はもらってないと思います。

 

基本的に爆発的なヒット商品が出てこれば年商もガツンと一気にあがるとは思いますが、今はまだそのような製品はありません。

 

ロングセラーの商品が竹下製菓株式会社の地盤を守ってます。

 

しかし、女性の考え方は柔軟です。

 

今後大ヒット商品が出てくることも十分に考えられます。

 

そして、資産の方ですが、こちらも2,000万円ほどではないのかなと思います。

 

もちろん色々な土地なども持っているかもしれません。

 

それらのことは考慮していませんが、単純な貯蓄額でいくとこれぐらいではないのかなと思います。

竹下真由(竹下製菓社長)は結婚して旦那(夫・子供)はいるのか?


さて、5代目の代表取締役社長となったら竹下真由さんですが、現在結婚しているのでしょうか。

出典http://sagarich.jp/

現在竹下真由さんは結婚しています。

 

そして、もちろん子どももいます。

 

子どもは4歳ぐらいから1歳ぐらいまでの3人の子どもがいるそうです。

 

社長業をしながら子どもが3人もいるなんてすごいですよね。

 

ちなみに結婚したのは2010年にで、2012年に長女、2013年に次女、2014年に長男を出産したそうです。

 

結婚から代表取締役社長、子どもと三足のわらじを履いている竹下真由さんですが、九州は子どもを育てやすいと話しています。

 

車も持てるし、一戸建てにも住めて、両親のサポートも受けやすいと話しています。

 

また、子供といるときがしあわせと思うときだと話しています。

 

日々仕事でクタクタなはずなのにそこで子供が癒しと言えるのはかなりすごいことだと思います。

スポンサードリンク

竹下真由(竹下製菓社長)のコンサル力はいかに?


竹下真由さんは、竹下製菓株式会社の代表取締役社長という顔も持っていますが、コンサルティングとしての顔も持っています。

出典https://www.saga-s.co.jp

これは前職がアクセンチュア株式会社というコンサルティング会社に勤めていたのが関係します。

 

このコンサルティング業について竹下真由さんは最初「コンサルに良いイメージは持っていませんでした。目に見えないサービスを提供するインテリぶった集団と感じていました。私は泥臭いのが好きだった」と話しています。

 

しかし、そのときの面接官を見てここで学びたいと感じたそうです。

 

そのまま就職をしたのですが、竹下真由さんのコンサル力はまぁまぁだそうです。

 

これは自身が話しているのですが、多忙さは聞きしに勝るものだったと話しています。

 

でも、竹下真由さんは大学の研究室と似たような感じで嫌いではなかったと話します。

 

そして、そのままコンサル業で実績を残していきますが、勤務歴が4年と短くこれからというときに代表取締役社長の跡を継ぎました。

 

竹下真由さんほどであればもっと上にいけたことは間違いないとは思いますが、それもまた1つの道だと思います。

スポンサードリンク

竹下真由(竹下製菓社長)の今後の経営戦略は?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category