起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

【野上祥子+ネルケ社長】の結婚(旦那)や年収は?高校や玉川大学出身!【深いい話】

深いい話にネルケプランニング社長の野上祥子さんが登場しますが、結婚や夫、子供のプライベートや年収はどうなんでしょうか?野上祥子さんの出身高校大学などの学歴と経歴プロフィールやWIKI的な生い立ちなどに迫ってみたいと思います。

 

野上祥子さんがネルケプランニングの社長として活動されている今現在は、主にどのような事に日々従事しているんでしょうか?

 

また彼女の実績や功績で年収や資産などもどれぐらい稼いでいるのか?この辺をピックアップして行きたいと思います。

スポンサードリンク

野上祥子の経歴プロフィールと生い立ち


ネルケプランニング社長の野上さんはいったい日頃からどのような業務に携わってどのようなビジネスをやってきているのかいいところを調べていきたいと思いますがそもそも幼い頃の学生時代からメディアや劇団というものに非常に興味を持っていたと言われています。

 

現在この会社の主な収益源とビジネスプランとして真っ先に上がってくるのが、メディアを活用した媒体でエンターテイメントなどのビジネスを手がけている企業ですのでやはり小さい頃から自分が思い描いていたビジネスというものを今現在できていると思われます。

 

学業を卒業してからも舞台やメディアを中心としたプロデューサーとして仕事をしてきた彼女ですが本当に彼女の幼少期というものは劇団で一色に染まっていたそうです。

 

彼女曰く演劇やメディアに関わる仕事が本当に好きだったようでそれを大人になってからも実現しようと考えていた会社が今の企業だということです。

 

エンターテイメントと一言で片付けてしまうと多くの分野が存在しますがアニメやゲームなどのキャラクターを合成しながら多くの集客媒体を使いライブ映像やグッズなどの展開も非常に行っており積極的にメディア分野において彼女の功績が高かったと言われています。

 

きっかけとなったのが高校に通っていた時に、演劇を観たことによって感じを受けたと言われていますのでここから実際にこのような仕事に従事しようと決意していたと言われていますが自分で作品を作ったり人に支持されるようなものを見せていくというのはなかなか一般の人間ができるようなことではありません。

 

しかしながら彼女の中では実践家チャレンジを繰り返していくと同時に自分の能力やスキルというものに限界を感じて学びを繰り返し固定概念を捨てながら取り組んでいた結果自分でも思われ経験に出会えたと語っています。

 

彼女は日頃からメディアがエンターテイナーというものは見てくれる人がいないと成り立たないビジネスなのでいかに大事なのはこれを支持してみてくれるユーザーだと語っています。

 

ネルケプランニングの代表取締役に就任したのが2016年ということですのでここからこの会社の社長だった松田氏から社長の打診を受けてそれを受理したということです。

 

大学に通っていた時も演劇を日頃からキャッチしながらリサーチして自分が起業した時にいかにビジネスとして成り立つのかというところを普段から研究していたそうです。

 

経歴や生い立ちなどを振り返ってみると、やはり小さい頃から好きだったことを今現在実現させてそれで会社の代表として授業展開しているそのノウハウの高さに脱帽なのですが、一番大事なのは利益を上げ続けることはもちろん会社として必要なんですがそれ以上に自分が本当にやりたいことをやっている女性なのだなと感じさせられるほどです。

野上祥子は結婚して旦那(夫)や子供はいるのか?


プライベートや私生活などは一体どのようなことを行って毎日を過ごしているのか気になりますがそもそも結婚して旦那や子供は存在しているんでしょうか。

 

リサーチしてみたところ今のところその辺の情報などは分かっていませんので何とも言い難いんですが年齢的にも普通に結婚して夫と幸せに暮らしているイメージができます。

 

 SNS のような情報源の媒体を覗いてみましたが、結婚しているかどうかの投稿などは見つかりませんので独身なのか既婚者なのかは確率的に結婚している可能性が高いと思います。

 

仮に結婚して子供なども存在していれば、企業の社長業を兼任しながら家事や育児をやっているということになりますのでプライベートは結構忙しいと思われます。

野上祥子のネルケプランニングとは?


様々彼女が代表取締役を務めるネルケプランニングという会社は一体全体何をやっている会社なのかというところを細かく見ていきたいと思いますが、おおまかにいえば先ほども言ったようにエンターテイナーを提供する会社だということです。

 

この会社は前の社長である松田氏が創業して、今現在彼女が引き継いでいますが、当然松田氏も演劇やステージやメディアなどというものが好きだったからこそ、この会社を創業したと思いますしそれを受け継いだ彼女の信念にも共感したからこそ社長業を引き継がせたと思います。

 

アニメの世界やオタクの世界や漫画の世界というものは、非常にエンターテイナーが豊富な分野でもありますのでこの辺にしておいて過去にも大ヒットした NARUTO やセーラームーンといったようなオタクが好みそうなメディアにも非常に注目し、これらに関われるビジネスとして立ち上げた会社だと想定していいと思います。

 

やはり先読みしている企業というものは、いち早く話題性が強いものがピックアップしてトレンドが流行していれば、すぐにでもそれらを取り入れてビジネス展開していくスピード感がやはり松田氏と野上氏は持っていたのではないかということです。

株式会社ネルケプランニング
〒153-0043
東京都目黒区東山1-2-2
設立1994年8月3日
資本金3,000万円
従業員120名
代表取締役会長松田誠
代表取締役社長野上祥子

野上祥子のインスタやフェイスブックとツイッターは?


インスタやfacebookのアカウントは調べてみましたが、出てこないんですが、ツイッターはアカウントがありましたのでこれかなと思います。

野上祥子の年収はいかに?


ここで一体野上さんがどれくらいの年収で資産を持っているのか検証していきたい思いますが、大体の平均値を見ていきたいと思います。

 

日本の企業の経営者でいくらの役員報酬や配当などが出られているのかというところをリサーチしていきたいと思いますがこれには企業の資本金や売上高によって大きく左右されることになります。

 

中小企業や大企業によってかなりの格差は当然しますが大体の平均値から見ると会社の経営者の年収は2000万円から4000万円と言われています。

 

ネルケプランニングの資本金と年間の売上高を想定して野上さんの年収がだいたいどれくらいなのかというところがイメージできると思いますが、あくまでもこれは推測なので断言はできませんが最低でも1500万円から3,000万ぐらいの範囲だと言えます。

 

もちろん企業の代表取締役ですから一般サラリーマンの年収とははるか二次元が違う金額になってくると思いますが多くの企業や中小企業でも赤字経営を継続している医者は一般サラリーマンと同レベルかそれ以下という社長も存在するほどです。

 

つまり今の日本の経済状態では企業の代表取締役になったからといっても、必ずしも利益をあげて大儲けできるわけではありませんので、多くの日本の中小企業の経営者が年収300万円から400万円のポジションで経営されている企業も多く存在します。

 

要は企業の経営者というものはそれほどリスクを押して日々ビジネスをやっています社員の給料はいかなければいけないポジションにありますのでよほどの責任感と信念がないとなかなか全うできる立場ではありません。

 

要は、自己責任の世界で全て解決していかなければいけないのが企業の経営者ですが、彼女もまたしっかりと会社の利益と社員の幸せというものを考えながら、誰しもが win-win の関係になれるように日々努力していると断言できます。

野上祥子の高校大学(学歴)は玉川大学?


野上さんの出身高校や大学に関して言えば玉川大学を卒業しているそうです。

 

かなり優秀で真面目にコツコツと学業を学んできて偏差値も60レベルの大学ですので相当 IQ が高いことが伺います。

 

玉川大学に関して言えば現在も多くの学生たちを抱え社会に貢献できる即戦力の学生を育成していると同時に確かな表現力とアートを光と推進してクリエイティブなスキルを社会に提供していく大学でもあります。

 

主にメインとして特化しているジャンルはメディアやデザイン学科ということでやはり大学時代から彼女はエンターテイメントの世界でビジネスをやっていくと決めていたと思われここの学科で、専門学を学んでいたと思われます。

 

主にこの学科はデザインや CD や映像などを取り入れたコンピューターグラフィックを表現して社会に出た時にこれらのジャンルで即戦力として活躍していける人材を育成している学科と思われます。

 

その他にもマルチメディアの学科やコンピューターグラフィックの学科なども存在しており、大学時代にはこれらのことをミックスしてしっかりと勉強を重ねて社会に出たと思われますので、今ではそれらの能力とスキルをきっちりと活かしながら企業の代表取締役に就任しておられます。

 

今後も今後のエンターテイナーにおいて 彼女のアイデアやデザインスキルというものは必要になってくると思いますのでますます活躍が期待されると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category