起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

田中美和(waris)の経歴プロフィールと年収を調査!結婚や旦那の仕事と子供は?

今回は、waris社長でもある、田中美和さんの経歴プロフィールと年収、結婚や旦那の仕事と子供について見ていこうと思います。

 

田中美和氏のWIKIプロフィールや、結婚などの旦那子供のプライベートの今現在を調査してみることにしました。

 

あなたの仕事はどんな仕事ですか?

 

近年仕事はかなりの多様化をしています。

 

日本に住んでいる人のほとんどは企業などに就職しているいわゆるサラリーマンがほとんどかと思います。

 

しかし、最近仕事の幅もかなり広がっていて、自宅で仕事をするスタイルやサラリーマンのように企業に属さない、いわゆるフリーランスという働き方が流行っています。

 

このフリーランスですが、名前はかっこいいですがそんな簡単なものではありません。

 

自分で仕事をとってこないといけないのはもちろんですが、仕事のすべては自分の責任になりますし、すべてのことを自分でしていかないといけません。

 

もちろん仕事を見つけることができないと収入は0になります。

 

フリーランスとはいいますが、個人事業主なので社長みたいなものになります。

 

そんなフリーランスですが、どうやって仕事を見つけてこればいいかわからないなんて人もたくさんいます。

 

そんな人達、特に女性のフリーランスを助けるために起業したのが、田中美和さんです。

 

では、この田中美和さんが起業した会社はどういった会社なのか、また経歴やプロフィールなど個人的なものはどうなんでしょうか、詳しく見ていきたいと思います。

 

ではでは、さっそくピックアップしていきましょう。

スポンサードリンク

田中美和(waris)の経歴プロフィールを調査!


さて、まずは田中美和さんの経歴やプロフィールなどを見ていきたいと思います。

 

田中美和さんは1978年生まれです。

 

中学校、高校を卒業して、大学は、慶應義塾大学法学部政治学科に入学します。

 

在学中もしっかりと勉強して卒業します。

 

卒業後は普通にサラリーマンとして就職します。

 

2001年に日経ホーム出版社(現 日経BP社)に入社します。

 

今の仕事とは全く違く畑である、編集記者として活動を始めます。

 

編集者としての仕事で担当していた雑誌は「日経ウーマン」でした。

 

今思うとこの編集者としての仕事がこれからの人生を変えることになったんですね。

 

編集者として取材・調査を通じて接してきた働く女性の声はのべ3万人以上になります。

 

しかし、色々な声を聞いていくうちに女性が生き生き働き続けるためのサポートを行うべきなのではないかという考えになります。

 

そして、2012年に退職します。

 

退職後はフリーランスのライター・キャリアカウンセラーとしての活動開始し、2013年多様な生き方・働き方を実現するために、人材エージェント株式会社Warisを創業します。

 

この会社では、共同代表という形になります。

 

フリーランス女性と企業とのマッチングや離職女性の再就職支援に取り組む一方で、フリーランスや複業、女性のキャリア、ダイバーシティ等をテーマに講演・執筆も行っています。

 

また、国家資格キャリアコンサルタントも持っています。

田中美和(waris)の学歴(高校・大学)はどこなのか?


田中美和さんは慶應義塾大学法学部政治学科に入学して、卒業されています。

慶應義塾大学といえば知る人ぞ知る大学ですが、日本有数の私立大学です。

 

この政治学科は、120名の専任教員を持ち、日本の政治学科としては教員数および科目数が最多になっています。

 

それだけこの学科に大学も力をいれていることがよくわかります。

 

いわずもがなですが、卒業生にはそれはそれは政界含めて数々の著名人が卒業しています。

 

慶応というと政治界の出身が多いイメージがあるぐらい政治界と強い繋がりも持っていますし、慶応=勉強ができる大学というイメージもついています。

 

それぐらい政界や、医者、研究者などを数多く輩出しています。

 

田中美和さんもそれに負けず劣らずといった感じでしょうかね。

田中美和の年収や起業家としてのスキルはスゴいのか!?


さて、女性のフリーランスと企業を結びつける会社を経営している田中美和さんですが、その年収や起業家としてのスキルはどうなんでしょうか?

まずは、起業家としてのスキルですが、これはもうスゴイに決まっています。

 

普通は大手出版社や大企業に就職するとそれがゴールになるような人がほとんどです。

 

これは別に間違いでもないですし、いけないことでもありません。

 

どちらかというと当たり前のことかもしれません。

 

しかし、田中美和さんは違います。

 

数々の女性の声を聞いてきて、これではダメ、このままではダメだと感じて、行動したことがすでに起業家としてのスキルがいいということになりますよね。

 

普通考えるだけで行動はできませんからね。

 

そして、起業する前もしてからもしっかりとした自分のビジョンがあります。

 

つまり信念があるのです。

 

信念があってもしっかりとしていないと会社の運命は簡単に左右されてしまいます。

 

田中美和さんは違いますけどね。

 

さて、ここまでべた褒めしているわけですが、いくら信念があっても会社がうまくいくとは限りません。

 

信念があってもうまくいかない人はたくさんいますからね。

 

でも、安心してください田中美和さんは違います。

会社の業績は着実に伸びてきています。

 

これはもう間違いなく田中美和さんの人脈と営業スキルがすばらしいからと言っていいと思います。

 

そんな田中美和さんの年収は800万円ほどではないかと予想します。

 

この理由としてはまず共同代表者が自分を含めて3人いるということです。

 

つまり年収をこの3人は同等レベルにしないといけません。

 

そうなると必然的に年収は1人代表よりは上がりにくくなってしまいますからね。

 

また出来て間もない会社というのもあります。

 

もちろんこれから伸びていくことは容易に考えられます。

 

そうなると年収もぐんぐん上がっていくでしょうね。

田中美和が代表を務めるwarisとはどんな会社なのか?


さて、田中美和さんが代表のwarisとはどんな会社なんでしょうか。

 

株式会社Warisは、人材サービス、有料職業紹介事業、各種セミナー、イベント等の企画・開催・運営などを行っています。

 

主な事業としては、女性キャリア支援事業になります。

 

つまり、結婚した、フリーランスになった、子供を産んだ、などの人生の転機を迎えた女性をサポートするということになります。

 

結婚、妊娠後は女性はかなり働きにくくなるというのが残念ですが現実にはあります。

 

そして、女性のフリーランスも大企業などには軽視されてしまう場合もあります。

 

そういった女性と企業を繋ぐ役目をしているのが株式会社warisになります。

 

その会員数も年々増加しており、登録する企業m順調に伸びてきています。

 

それだけ需要がある会社ということになるんですね。

田中美和は結婚してる?旦那の仕事や子供は?


さて、田中美和さんは結婚をして、旦那や子供はいるのでしょうか。

結婚はされています。

 

また、子供もいます。

 

2018年には会社のホームページ上で産休・育休に入るというメッセージを流しています。

 

女性のための会社ということですから自身が産休などにはいらなかったらそりゃダメですよね。

 

それにこうゆうときに共同代表はかなり助かります。

 

自分がいなくても会社を安心してまかせられますからね。

 

結婚、出産、そして会社の経営者と多忙な毎日だと思います。

 

いわゆるハイスキルマザーですね。

これからこんな女性が日本では増えてくるのだろうと思います。

warisの今後の方向性や未来を予想


最期にwarisの今後の方向性や未来を予想していきたいと思います。

Warisの今後の課題は大手企業の顧客獲得ということになります。

 

日本の経済を牽引する大手企業はまだまだに多様性のある働き方の理解が乏しいです。

 

そこに理解してもらい、外部の優秀な人材を受け入れる仕組みを作っていくことや、今後Warisが提案する働き方を広げていくために、企業やワーキングマザーに関係のある団体と連携してセミナーやイベントを開催していくことが今後の目標だそうです。

 

かなりハードルは高いと思いますが、これからwarisのような会社は間違いなく日本を代表するような会社になることは間違いありません。

 

だって働き方が変わってきていますからね。

 

今後間違いなく伸びてくる会社ですね。

まとめ


どうだったでしょうか??

 

田中美和さんのこと株式会社Warisのこと少しはわかってくれたでしょうか?

 

今の日本の働き方にはなくてはならない会社であることは間違いありません。

 

今後の活動に注目していきたいと思います。

 

以上、日本の起業家であり、株式会社warisの代表取締役社長でもある、田中美和さんについての情報をお届けしましまた。

 

最期までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事はこちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

Category