起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

西浦明子の経歴は事故らない轩先!年収やITレンタルの裏側とは?

今回は、軒先.comを立ち上げた西浦明子さんの経歴や事故らない轩先のこと年収やITレンタルの裏側について見ていこうと思います。

 

西浦明子氏のWIKIプロフィールや、事故とは何なのか?轩先とは一体?

 

あなたは、こういうことを思ったことがありませんか?

 

この作業スペースは狭いからどこか空きスペースがないか。

 

家での作業は狭苦しいし、スイッチが入らないから外に空きスペースがほしい。

 

と思ったことがありませんか?

 

最近は企業などの仕事に就かずにいわゆるフリーとして働く人がかなり多くなっています。

 

時代の流れでもあるかと思いますが、絵を描く人、IT関係でプログラムを書く人など、自分で仕事を探して、自分一人で仕事をする人がかなりたくさんいます。

 

しかし、ここで問題があることがあります。

 

それは仕事などをする場所が決まっていないということです。

 

中にはカフェなどに行って常にそこで仕事をする人もたくさんいますし、自宅で仕事をする人もいます。

 

しかし、気が散ったり、どうしても周りに仕事と関係ないものがあってなかなか集中ができない人もいます。

 

また、個展を開きたい、1日だけお店を開いてみたいなんて人もいます。

 

そんな人たちに目を付けて起業したのが西浦明子さんです。

 

では、西浦明子さんはどんな仕事をしているのか、また、プライベートな部分である年収やその裏側などを見ていこうと思います。

 

ではでは、さっそくピックアップしていきましょう。

スポンサードリンク

西浦明子の経歴プロフィールやWIKIは?


さぁまずは、西浦明子さんの経歴プロフィールやWIKIなどを見ていきたいと思います。

西浦明子さんは、1969年生まれです。

 

出身は、神奈川県の出身になります。

 

1987年にフェリス女学院高等学校を卒業しています。

 

高校卒業後は大学に進学します。

 

進学した大学は上智大学外国語学部で1991年に大学を卒業しています。

 

卒業後は順調にソニー株式会社に入社します。

 

ソニーに入社するなんてかなりできる人だということがわかります。

 

ソニー株式会社では、海外営業部に所属し、海外を相手に仕事をします。

 

1994年にソニーチリに駐在し、オーディオ製品などのマーケティングを担当しています。

 

ソニーで順調に仕事をして経験などを積んでいきますが、2000年にソニー株式会社を退社し、チリから帰国しています。

 

そして、次ん得欄だのが創業したばかりのAll About Japanです。

 

そこでは、広告営業を経験します。

 

その後、2001年には株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントに入社します。

 

そこでは、商品企画部にてプレイステーション2やPSPのローカライズ、商品開発などを担当しています。

 

2006年同社を退社後、(財)日本国際協力システムで政府開発援助(ODA)関連の仕事に携わっていました。

 

ここまでかなりの経歴ですが、2007年、出産を機に同財団を退団します。

 

そして約半年の構想準備期間を経て、2008年4月に軒先.comを立ち上げます。

スポンサードリンク

西浦明子の学歴(大学・高校)は優秀?


さて、ここまでかなりの経歴を持つ西浦明子さんですが学歴(大学・高校)はどうなんでしょうか。

高校は、フェリス女学院高等学校に入学して、卒業しています。

 

フェリス女学院高等学校は、神奈川県横浜市中区山手町に所在するミッション系の私立女子中学校・高等学校になります。

 

高等学校からの生徒募集はしていない完全中高一貫校になっています。

 

つまり西浦明子さんは中学校も同じとなります。

 

このフェリス女学院高等学校は、女子学院と並びキリスト教に基づく日本最古の女子校の一つになっています。

 

かなり有名な学校であることが知られています。

 

頭がいい学校でも知られていて、2018年度の大学合格者数は、東京大学が13名、慶應義塾大学が62名、早稲田大学が73名、上智大学が29名などそうそうたる大学に合格者を出しています。

 

そんな中西浦明子さんは上智大学外国語学部に進学します。

上智大学は知らない人はいないと思いますが、これまた有名な大学ですよね。

 

西浦明子さんの頭の良さがよくわかります。

 

中学校、高校、大学とかなり優秀な経歴を持つのが西浦明子さんです。

西浦明子の会社(軒先)とはどんな事業なのか?


西浦明子さんは、ソニーなどの有名な企業に就職しておきながらも起業という道を選びました。

では、西浦明子さんが起業した会社軒先とはどんな事業なんでしょうか。

 

このビジネスはビルの軒先や貸店舗、空き地など「ちょっとした空きスペース」の流動化を促す日本初のサービス「軒先ビジネス」となっています。

 

簡単に言うと短期間何かをしたい、お店を開きたい、ライブをしたい、などの要望に応えるような事業になっていて、普通賃貸物件はある程度の広さの場所を長期間にわたり貸し借りするのですが、このサービスでは「駅前店舗の出入り口の脇」や「商業施設内のエスカレーター乗降口そば」などにある空きスペースを短期間レンタルするところに特徴があります。

 

例えば、オフィス街でよく見るランチなどの移動販売だ。

 

私有地の1角を使うため、オーナーは不動産などに直接交渉します。

 

しかし、それがかなり難しい場合があります。

 

それは個人事業主です。

 

立場がかなり弱いので大企業などは短期間貸してくれる可能性はかなり低くなります。

 

そういうときにこの軒先が本領発揮します。

 

スペースを貸したい人と借りたい人をつなぐ役割が軒先のビジネススタイルなんです。

 

その登録されている物件はかなり多く、全国で約2,500カ所にのぼります。

 

借り手側の登録もかなり多く、登録者は約4,000社にもなります。

 

需要と供給を上手に組み合わせたビジネススタイルだと思います。

西浦明子は結婚して旦那や子供はいるの?


ここまでかなりの経歴とたぐいまれな仕事の手腕を持つ西浦明子さんですが、結婚して旦那や子供はいるのでしょうか。

まずは、結婚ですが、結婚をしています。

 

さらに子供もいます。

 

西浦明子さんは、このビジネスをするきっかけとなったのが結婚と出産になります。

 

38歳のときに出産をしたのですが、出産してまず思ったのが、出産後にまた大きな組織に戻って働くよりも、子どもとの時間や家族の時間を大切にしながら自分の好きなことを家に居ながら出来ればいいなと思ったそうです。

 

言ってしまえば出産しても家族がいても大きな企業にまた入社することはできたということです。

 

まぁこれだけの経歴を持っていますから大企業も優秀な人材だとすぐにわかるから簡単に採用したでしょう。

 

しかしながら、西浦明子さんは、家族や子供との時間を大切にしたいと思い、比較的自由な時間、自分の優遇が効くように起業したというわけです。

 

でも、いくら自由が利くからといって起業するのもすごいことだと思いますけどね。

 

起業当初はもちろん多忙な日々を送っていました。

 

それこそ、大企業で働く以上に自由な時間はなかったと思います。

 

でも、仕事が順調に進んでいくと自分の好きな時間もだんだんと出来てきます。

 

1つ勘違いしてはいけないのが起業した人全員が西浦明子さんのように簡単に波に乗れて自由な時間を得られるわけではないってことです。

それができればみんな起業していますからね。

 

それだけの才能があるのが西浦明子さんです。

西浦明子はなぜITレンタルに参入したのか?


しかし、なぜ西浦明子さんはITレンタルに参入したんでしょうか。

その理由として一番あったのが、そういう事業がなかったからということです。

 

やはり起業をするには誰かの真似事をしていてはいけません。

 

自分のオリジナルのことをして初めて利益が得られると思います。

 

そういうところに目を付けれるのもすごいと思いますし、センスが必要になってきます。

 

アイディアがあっても実際に実行できる人はなかなかいないものです。

 

しかし、実行しないと絵にかいた餅ですからね。

まとめ


どうだったでしょうか??

 

西浦明子さんのこと少しはわかってくれたでしょうか?

 

人とは違う目線で色々なビジネスを見て、自身も大企業で働いて色々な知識や経験を得てきた西浦明子さん。

 

他の人には真似できないものがあることは確かです。

 

今後の活動に注目していきたいと思います。

 

以上、日本の起業家であり、軒先.comを立ち上げた西浦明子さんについての情報をお届けしましまた。

 

最期までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事はこちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

Category