藤井英雄⇒出前館の評判口コミと結婚はいかに?焼肉好き?年収やセミナーを調査!

外食産業の起業家

今回は出前館社長の藤井英雄氏の評判口コミや結婚などの嫁子供などプライベートを見ていきたいと思います。

藤井英雄氏の焼肉好きや、セミナーなどの調査もしていきながら、年収資産など会社のシェアもしていきたいと思います。

 

今や、フードデリバリーの競争が激化しているなか、評判や口コミを見るのも日常的になってきましたが、出前館も例外ではありません。

 

その状況を見ていきましょう。

【出前館CEO】藤井英雄のWIKIや生い立ちはどうか?

出典https://www.youtube.com/

藤井英雄さんはフードデリバリー戦国時代で活躍する実業家です。

藤井さんは2020年6月に株式会社出前館の代表取締役社長に就任しました。コロナの影響で数多くのフードデリバリー事業が誕生する中、業界内で老舗といわれる出前館。その経営を任された藤井さんと出前館の評判はどのようなものでしょうか。

2006年、藤井さんは楽天に入社しました。札幌に支店を置く際、立ち上げメンバーとして活躍します。その後、事業戦略や海外戦略を担当しました。

 

入社9年で楽天グループの運営するネットスーパー事業、楽天マートの取締役となります。

 

現在、楽天マートは楽天西友ネットスーパーというサービスに変わっています。楽天マートは生鮮食品や日用品、デパ地下の人気お取り寄せグルメを自宅に届けてくれるサービスを提供していました。

 

事業計画の見直しやサイトを一新するなど、様々な改革を行い、事業家としての手腕を評価されることになります。

出典https://japan.cnet.com/

その実績から翌年にはLINEに引き抜かれることになります。

 

ネットショップや宅配サービスのコマース事業に責任者として就任すると、更に翌年には執行役員、更に半年後には取締役に就任しました。

 

2019年2月にはLINEが導入した社内の各事業部署を企業化する「カンパニー制」を導入すると、藤井さんはコマース事業を担当するO2OカンパニーCEOとなります。

 

2020年に出前館がLINEグループに組織融合することになります。

 

LINEから出前館へ資本提携を橋渡ししていたのが藤井さんでした。ちょうどLINEと出前館、地方自治体の三者で提携したい話がでていたそうですが、取り次ぎなども行っていた藤井さんだったそうです。

 

インタビューでは、いきなり社長に就任したという感覚はなかったと答えています。

 

このように、藤井さんは様々な企業を渡り歩いてきました。その経験で得た実績を次の企業に活かし、第一線の社長として活躍しています。

 

藤井さんが経営を任された出前館はこの数年で大きく認知度があがりましたが、実はデリバリー業界では老舗企業です。

 

元々は1999年に会社設立、2006年に上場しました。

 

藤井さんは出前館のイメージを「非常に強力なブランド力を持つ楽天ですら、フードデリバリーでは出前館に勝つことができなかった。(出前館)は競争力の強いサービスというイメージ」だったと話しています。LINEとサービス統合した際、サービス名「出前館」を残したのも、出前館の知名度を活かしたかったからだそうです。

出典https://www.nishinippon.co.jp/

出前館は他社と差別化を客層で図っています。

 

ファミリー層をメインターゲットにし、CMもキャッチ―なものを採用しています。また、地方での軽貨物業者と提携した配送サービスを立ち上げ、地方サービスの拡大も企業目標です。

 

調理製造に特化したデリバリー向け店舗、いわゆるクラウドキッチンの増設にも力を入れています。

 

また、デリバリーサービス以外の事業も手掛けています。

 

飲食店のPR活動を支援するサービスは、お店のロゴや店名をデザインしたオリジナルラベルの焼酎やワインの販売です。メニュー表やポスターなどの販促ツールの提供もしています。このオリジナルボトルは国内で1位の販売業績です。

 

また、加盟店や取引店に調理用備品やテイクアウト容器の安価で提供するサービスや、フードデリバリー主体にした飲食店の起業をサポートする事業も行っています。

 

コロナの在宅需要にマッチした様々な事業が、他の企業と差別化に繋がっています。

 

今年3月に発表された決算では96億円の赤字でしたが、売上高は前年同期比から2.7倍の104億円でした。

 

加盟店や新規ユーザーの獲得が売り上げの増加につながりました。赤字になったのは今後の成長への事前投資が理由のようなので、業績も今後安定的なものになるのではないでしょうか。

 

ユーザーの視点でみても、出前館は魅力的です。登録店数が5万店と業界最大級です。

 

また、藤井さんがサービス手数料の引き下げを行ったことで、ユーザーが注文しやすいと評判になっています。

 

様々なeコマースやフードデリバリー業界を第一線で牽引してきた藤井さんだからこそ、業界大手の出前館を更に進化させています。

出前館の評判口コミはいかがなものか?

出典https://www.youtube.com/

では実際に出前館の評判口コミなどのレビューはどのような感じなんでしょうか?

 

色んな意見がありますが、これはあくまでも賛否両論です。人の価値観は人それぞれですので、どこに価値を置くかが一番大事だと思います。

 

まずは良い評判や口コミです。

そして、良くない評判や口コミです。。

SNS上でも賛否両論の意見がありますが、実際のところ配達員次第だと思いますし、その時々の状況にもよると思います。

中にはクレーマー気質の変な人も一定数はいるし、明らかに配達員側に落ち度がある場合もあります。なので、「これがいい」「これが悪い」は一度注文して体験しない限りわかりません。

特にSNS上なんて、注文もしたこともないのに、悪い評判や口コミをしている人もいますし、適当にデマを流している可能性も否定できません。

 

なので、ホントのところどうなのかは一度あなた自身が出前館に注文して体験するのが一番の評判口コミではないでしょうか?

藤井英雄は現在結婚してる?嫁や息子と娘は?

出典https://www.htb.co.jp/

大企業の取締役を務める藤井さんですから、奥さんや子供がいてもおかしくないはずです。調べてみましたが、ご家族の情報は全くでてきませんでした。

 

藤井さんは40代なので、結婚して子供もいる可能性はあります。

 

しかし、最近は独身の実業家も多いので、結婚していなくてもおかしくはありません。

 

どちらにせよ、社員への福利厚生にも注力している藤井さんですので、ご家族を大切にされていらっしゃるのではないでしょうか。

藤井英雄は焼肉好き?焼肉店もやろうとしてる?

出典https://www.foods-ch.com/

藤井さんは焼肉屋の上ロースがお気に入りだそうです。

 

2021年3月に放送された「坂上&指原のつぶれない店」という番組で、藤井さんが行きつけの焼肉屋さん「焼肉一七三」を紹介しています。

出典https://tabelog.com/

おすすめのメニューは上ロースだそうです。お酒も大好きだということで、ビールも飲んでいらっしゃいました。

 

焼肉など飲食店を経営する予定があるかはわかりませんが、自ら飲食店に出向き真摯に向き合う姿勢が藤井さんの経営にも表れているように感じます。

藤井英雄の年収資産はどれくらい?

出典https://markezine.jp/

藤井さんの年収は1500万超えではないでしょうか?

出前館の平均年収は561万円です。過去5年間の平均年収は545万円です。

求人情報を確認すると、新卒の年収は300万円超えと高いです。キャリア採用はマネージャー職の650万円以上が最高額となります。

 

一般社員と比較して、どのくらいの報酬があるのでしょうか。出前館の役員報酬額は8人で8415万円です。

1人あたりが1051万円となります。CEOですので、他の役員より金額をもらっている可能性が高いですが、1500~2000万円程度ではないでしょうか。

 

出前館の資本金は2020年8月末で161億1342万円です。

 

国税庁の調査によると、役員報酬の平均額は資本金10億円以上の企業で1561万円です。役員報酬としては順当な年収のようです。

 

藤井さんの名前で検索すると、セミナーという単語がでてきます。最近はオンラインサロンなどを始める実業家の方も多いので、藤井さんもセミナーを開かれているのか調べてみました。

 

しかし、見つかったのは同姓同名の精神科医の先生のブログです。この先生がセミナーをされていらっしゃるので、検索ワードにセミナーがでてくるようです。藤井さんがセミナーをされているわけではありませんでした。

 

藤井さんの役員報酬は年収1500万円以上の可能性が高いです。

セミナーや講演会はオンラインで行っている?

出典https://toyokeizai.net/

コロナでの宅配サービスのニーズはめざましい伸びに応じて、出前サービスのマーケットは混戦の雰囲気を辿っています。

先を見据えたマーケット全体の推測について藤井さんは、「一足先を行く米国スタイルから判断すれば、最後まで残るのは2~3社じゃないですかね。外資系企業が多く、採算が取れなければ離脱まではスピーディ。その感覚で、いずれ流行りや知名度が下がってもおかしくない」とリサーチする。

それとプラスして藤井さんが示すのが、「特化型宅配サービス」だと言います。

出典https://www.youtube.com/

彼曰く、「ここ数年スケールの大きい分配を持つ出前館とウーバーが台頭するのは間違いない。この2社がアフターサービスや料理のバラエティーさをアピールポイントにするのに対し、『高額帯メニューのみ』『スパイシーなメニューのみ』という風なある程度のモデルだけに限定したものを出す会社組織が、他の1~2社を掛けてしのぎを削ってくるかもしれない」と語ります。

 

このような、飲食業にはなくてはならない経営手腕や思考の部分を講演会やセミナーからアドバイスを受けることができます。

 

ただ今はコロナの影響でセミナー等はオンラインからになっています。(不定期)

 

一定期間は混戦が継続しつつも、知名度がマックスの時期を迎えようとしているフード宅配サービスのマーケット。そのような中でさらなるステップアップを続けていく出前館の快進撃から目を離すことができない。

 

今後の活躍に期待です。最後までご覧いただきありがとうございました。

他の外食産業の起業家の記事はコチラ!

他の関連記事は下をスクロール!

関連記事はこちらからどうぞ!

コメント

  1. […] 藤井英雄⇒出前館の評判口コミと結婚はいかに?焼肉好き?年収やセミナーを調査! […]