起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

宗次徳二(ココイチ)の生い立ちや年収(資産)がヤバい!自宅(実家)は?

ココイチの宗次徳二さんの生い立ちや年収(資産)など、自宅(実家)などもピックアップして行きたいと思います。

 

宗次徳二は、日本における実業家です。あの有名な株式会社壱番屋(カレーハウスCoCo壱番屋)の創業者で元会長だったのです。今現在は株式会社壱番屋の特別顧問をしており、NPO法人であるイエロー・エンジェル理事長も兼任しているそうです。 

 

宗次徳二の生い立ちから今現在まで、そして資産や自宅についてを詳しく見ていきたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク


 宗次徳二の生い立ちや武勇伝


宗次徳二は戦後間もない1948年10月14日に石川県で生まれたとされています。その当時、宗次徳二は実は孤児でして兵庫県の尼崎市の孤児院に預けられていました。
 
 

出典http://story-is-king.com

その後しばらくして、三歳になったころに、雑貨屋を営んでいた宗次夫婦の養子として引き取られました。しかしそこの養父はパチンコや、競輪などにはまっており、大のギャンブル好きでした。
 
 
 
そんな養父に愛想が尽きて、養母はまもなく失踪してしまいます。その後は水道、電気、ガスなどの料金も払えないほど困窮していました。食事に至っては雑草を食べるほどに貧相なものになっていました。
 
 
とても会社を創業するような人の送るような生活ではないですよね。そのまま荒れ狂って不良になり、人生後悔して地道に働くような人間になりそうな生活を送っていました。
 
 
 
ひどい生活はこんなことでは終わりません。
 
 
 
その後は生活保護に頼り、岡山県で暮らしていました。生計を立てるためにパチンコ店に通って、零れ玉を集め、そしてタバコの吸い殻もあつめていました。
 
 
もしこのような仕事をしなかった暁には養父からとてつもなくひどい虐待を受けていたそうです。
 
 
 
なんだか養父は人としてどうかしていますよね。養子を虐待する前に自分の仕事をちゃんと見つけろって感じですね。
 
 
 
そのまえに、育てることができないのに養子なんて引き取らないほうがいいと思います。お互い不幸になってしまうので。
 
 
話が脱線しましたが、その後、15歳の時に養父は死にました。そして養母のもとで生活することになりました。朝早くに家を出て、登校する前にアルバイトをして生活費と学費を稼いでいました。
 
 
 
そんな生活をしばらく送り、1967年に愛知県の県立高等学校の商業科を卒業しました。
 
 
 
その後、八洲開発に入社し、ダイワハウス工業名古屋支店に転職しました。そこで同僚の女性と結婚し幸せに暮らしました。
 
 
 
結婚して2年後に独立して、自宅の1階に不動産仲介会社である岩倉沿線土地を開業したそうです。
 
 
しかし、そこの岩倉沿線土地の収入のみでは食っていけないと判断したため、妻とともに、CoCo壱番屋の原型となる喫茶店を開業しました。その会社の名前はなんと「バッカス」です。
 
 
 
全く壱番屋と似ても似つかない名前ですよね。壱番屋の前身なら、もっと近い名前の喫茶店名だと思っていたんですが、意外とそうでもないんですね。
 
 
そこで、喫茶店業の楽しみを知り、不動産の世界からも足を洗い、喫茶店業一筋に切り替えていきます。
 
 
 
1975年に、喫茶店の2号店に当たるコーヒー専門店「浮野亭」を開業します。こちらも壱番屋とは似ても似つかない名前ですね。
 
 
 
そこで、妻が作ったカレーが人気となり、カレー専門店を目指します。わずか3年後であの有名な「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業し、代表取締役社長に就任しました。
 
 
 
そのカレーがまたたく間に大ヒットし、1982年には売上がすでに3億円を超えていて、そのままの勢いで株式会社壱番屋を創業しました。
 
 
 
1998年には社長の座を妻へ譲り、宗次徳二自身は代表取締役会長に就任しました。2002年には後継者の成長により特別顧問となり、妻も会社の経営から退きました。
 
 
 
以上のようにして宗次徳二は育ち、そして株式会社壱番屋が創業されました。
 
 
 
それにしても壮絶な人生を送っていますよね。最初は人生のどん底で、そこからどんどんと本人の努力により会社設立にまで至りました。すばらしいマネジメント力だと思います。

スポンサードリンク
 

宗次徳二の今現在はなにしてる?


上記の全文にも記載しましたが、宗次徳二は現在株式会社壱番屋の特別顧問とNPO法人であるイエロー・エンジェル理事長も兼任しています。

出典http://yaplog.jp
 
ということなので、いまだになにかしら株式会社壱番屋に関わっているのだと思います。
 
 
 
そして気になる後者のイエローエンジェルについてですが、この団体の活動内容としては、夢や目標を持って一つのことに打ち込んでいる人たちへ様々な支援を行う、ということらしいです。具体的には経営塾を通して創業の支援を行ったり、福祉活動だったりします。
 
 
 
NPO法人なので、利益を望まない団体ですね。このような活動を無料で行い、数々の人々を支援しているんでしょうね。
 
 
 
自分が小さい時にはやりたいこともできず、学校もろくに通えなかったという境遇があったからこそこのように夢に向かっている人を応援し、支えたくなるんでしょうね。

 

※関連記事

⇒兼元謙任(OKWave)の結婚(妻・子供)や年収(資産)が!宗教とは?

宗次徳二の年収や資産が異次元レベル!


宗次徳二の総資産は想像を超える次元でした。まさに異次元レベルです。
 

出典https://kanazawaza.com
 
彼の総資産はなんと約220億円だそうです。
 
 
 
驚きですよね。雑草を食べて飢えを凌ぐような人が数十年後には220億円の総資産築くような人間になるなんて誰が想像したでしょうか。
 
 
 
おそらく、誰も想像できないし、こんな大逆転の人生を歩む人なんて後にも先にも宗次徳二くらいではないでしょうか。
 
 
 
会社を創業してからここまで成長したのも、自分のことよりまずはお客様のことを考えて日々行動してきたからだと思います。
 
 
 
そして彼は経営していく上で、儲けたいなどとは思っていなかったそうです。ただ人に喜んでもらいたくて仕事を続けていたそうです。
 
 
 
彼のように壮絶な人生を歩んできたから、人に、世に貢献して行きたいと思えたんでしょうね。それが彼の成功の秘訣だと思います。

スポンサードリンク

 
 宗次徳二の自宅や実家はどこ?


宗次徳二の今の自宅は愛知県の名古屋市にあるそうで、それなりに大きい家だそうです。それなりにというかかなりの豪邸だと思われます。
 

出典http://miraijuku21.com
 
資産が220億円もあるような人が小さなボロアパートに住んでるなんて想像もできないので、おそらく大豪邸でしょう。
 
 
 
 
万が一として、小さい頃からの「贅沢はしない」という精神が未だにあってこじんまりとした家に住んですかもしれません。しかし、詳細がないので知るよしもありません。
 
 
 
彼の実家についてですが、彼は壮絶な人生を歩んでいて、家を転々としているのではっきりとした実家はないと思われます。お金がない養父母に育てられたので少なくとも一戸建ての家は持ってないと思います。

 

※関連記事

⇒原田泳幸の妻(嫁)や息子(娘)の今現在は?年収や元妻がヤバい?

最後に


いかがだったでしょうか。
 
 
 
宗次徳二は幼少の頃、孤児院から養子として迎えられました。ギャンブル好きの養父から虐待を受け、雑草を食べるほどの極貧生活を送っていました。
 
 
 
しかし、ギャンブル好きの養父が死んでからは、アルバイトをしながらの大変な生活ではありましたが、高校にも行きしっかりと卒業するほどの生活は送れていました。
 
 
 
その後、妻との出会いから飲食店関係の仕事を経験し、カレー屋を創業することを決め、それがいまの「CoCo壱番屋」ということになります。
 
 
 
会社創業後はお客様のことを第一に考え、よりよいメニューを問供することに尽力してきました。
 
 
 
その甲斐もあって、彼の総資産が約220億円になるまでの大企業に成長しました。
 
 
そして、そのような億万長者がどこに住んでいるのかは気になります。愛知県の名古屋市に住んでいることはわかったのですが、実際のお家のサイズまではわかりませんでした。あまりお金を豪勢に使うような人ではないので、案外普通の家に住んでいるかもしれませんね。
 
 
この誰もが知る大企業は今後も日本、そしてやがては世界でも活躍し続けることでしょう。
 
 
以上、宗次徳二の生い立ちから今現在まで、そして資産や自宅についてでした。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は87%の確率でこちらの記事も読んでいます!

スポンサードリンク

Category