伊藤真莉(起業家)の経歴を調査!東大卒で出身高校は超優秀?会社の事業は?

若い起業家

今回は女性起業家でもある伊藤真莉の経歴やWIKIなど、東大卒で出身高校等の学歴がヤバいこと、伊藤真莉の会社や年収などのことをシェアしていきたいと思います!

伊藤真莉はとにかく優秀と言っていいほどの逸材で、東大卒から始まり経歴やプロフィールはまさに超エリートです。

 

そんな伊藤真莉のキャリアもまさに有名人がずらりと出て来るような生い立ちもあります。

 

今回は彼女の今現在の活動や、人生のターニングポイントとなった分岐点なども見ていきたいと思います!早速どうぞ。

伊藤真莉(起業家)の経歴やプロフィールがスゴい

出典https://www.youtube.com/

彼女の登場は7分10秒あたりから!

1998年1月9日 神奈川県横浜市生まれ

■2016ー2017FRESH CAMPUS CONTEST審査員特別賞・フレキャン……FRESH CAMPUS CONTEST:大学新入生をバックアップし、夢へのサポートするコンテスト。2010年から開催、多くのタレント、モデル、アナウンサーを輩出

■ミス東大コンテスト2018 グランプリ

■2017年「SHOWROOM AWRAD」優秀賞・「SHOWROOM」……SHOWROOM株式会社:前田裕二代表取締役社長視聴者参加型の仮想ライブ空間を手がける事業の会社

■「KOS」でライバーマネジメント部部長・「KOS」…… 株式会社KOS:菅本裕子社長(愛称ゆうこす)タレントマネジメント、スキンケアブランド、ライブ配信、動画編集をされてる会社

SHOWROOMの前田社長と、KOSのゆうこすのお二人を尊敬して追いかけた伊藤真莉。

出典https://twitter.com/

SHOWROOMをはじめて、1年4ヶ月、家に引きこもり、毎日まいにち、24時間、ずっと配信を考える努力の日々。オーディション、イベントでは、戦うたびに勝つ。

どんどん名前を広め、成果をつみ重ねる。他にも、テレビ出演、映画出演、17LIVE(イチナナ:2017年8月末から日本で発売された台湾発のライブ配信アプリ)でのライブ配信で活動。「ミス東大起業家」SHOWROOMといえば、〝いとまり〟を知らない人はいないほどの「ネットアイドル」に成長。

 

彼女いわく、・SNS……いいねする→拡散する→動画を見る→チャンネル登録→本人とはコンタクトがとれない。

 

SHOWROOM(ライブ配信)→毎日→長い時間→リアルに対話・相談→同じ時間を共にすることで仲間となる。

 

SHOWROOMは、最強のコミュニティなんだそう。確かに、YouTubeでも生配信があるけれど、直に本人とのコンタクトは難しいですからね。

 

伊藤真莉は「TaVision」がきっかけで、後に、旅行系のサービスを試みますが、収益につなげるのが難しいことを知り、食品販売サービスに切りかえ、立ち上げたのが「株式会社merle」です。

出典https://meglee.jp/

このTaVisionですが、出国、入国の手続きの仕方、チケットの買い方、現地での治安情報など、初めて海外を旅する女子にはありがたいシステムなのです。

 

この他に、海外を旅する女子に向けて、情報を配信する「TaVision」で活躍。「TaVision」(Instagramのストーリーズ×生配信)……旅に不安を感じてる女性に、現地からの情報を届けるサービス

伊藤真莉は東大卒!出身高校はどこ?

出典https://smartlog.jp/

東京大学教育学部専攻→1年の休学→退学卒業する気もないし、大学に戻れるという考えが嫌での退学。

・東京学芸大学附属世田谷中学校:偏差値62
・東京学芸大学附属高等学校:偏差値77

東京都内でもトップ5に入る高校、かなりのレベルです。

 

高齢の父のもとに、やっと誕生した伊藤真莉。

 

初めての子どもということもあり、もはや、お姫様状態で育つ。小さい頃の写真がとっても可愛い彼女、とにかく大事にされました感がつたわってきます。

 

その後、父→仕事で中国へ、母→バリバリの仕事人だったために、一人でいることが多かったようですね。

 

そんな伊藤真莉にとっての話し相手が〝本〟でした。さまざまな辞典、アーサー・ランサム集(イギリスの児童文学作家)、青い鳥文庫(講談社の、小・中学生が初めて自分のこづかいで買って読むために作られた本)が愛読書だった彼女。どんどん自分の世界に入り込みます。

 

小学生にもかかわらず、「自分の生きる意味は?」「人間はどうしてこんなにもつらく、めんどくさい生き物なのか」と小学生ばなれした考えを持つ彼女。

 

当然、周りには馴染めず、ひとりぼっち。

 

そんなさびしさの反動である反抗期が、10歳~12歳まで続きます。しかしこの後、中学に入ると、いわゆる「中学生デビュー」で生まれ変わリます。

 

生まれ変わった伊藤真莉、高校2年生までは、普通におしゃれを楽しんで、友だちとプリクラを撮ったり、恋愛に夢中になる日々。

出典https://heather-diary.jp/

高校3年になると、文化祭までは演劇に全力を尽くし、秋からは、大学受験は向けてひたすら猛勉強。みごと、東大入学します。

 

入学した後は、サークル、バイト、勉強と、充実した大学生活。

 

そんな、大学1年の夏に、全国の大学1年生限定のミスコン「フレキャン」にでて、「SHOWROOM」に出会い、人生が変わります。

会社の事業はなに?どんな会社で評判は?

出典https://meglee.jp/

■株式会社merle
・2019年5月24日設立
・東京都渋谷区に本社
・資本金501万円
・従業員3名⇒公式サイトはこちら

食材などをネットで対面販売できるサービスの会社Instagram上のサービスを通し、作り手が、購入者とライブ配信で話しながら直接販売できるネットショップ。

 

〝もの〟だけでなく、〝もの〟が作られた裏側も知ってもらい、ものづくりに込められた生産者の思いを届けたいという考え。

■メリット
・市場を間にとおさないので利益率が高くなる。
・生産者の裏側を、なまの映像でみてもらうことにより、作り手の想いや苦労が購入者のリピートにつながる。

会社を立ち上げてから、本当に一生懸命頑張られてきたようです。

 

いかに、作り手の現場を知っていただき、購入につなげるか。もちろん、始めたばかりで、赤字つづきの経営。

 

そんな中での「令和元年の台風19号」による被害。農家の方の、被害を目にしたり、聞いたりしても、当時のmegleeには、どうすることもできないと、一度は支援することをあきらめます。

けれども、助けが必要なのは〝いま〟である人たちを見過ごすことができなかった伊藤真莉代表。商品購入していただき、受けとった代金を、困ってる人たちに還元する支援を決めました。

 

注文金額の10%を赤十字へ寄付する内容でした。会社経営は、実力ももちろん必要ですが、時として「運」も大事な要素だったりします。

 

作り手の思い、生産の裏側を知ってもらう……すごく大事な考えですし、必要なことなのだと思います。

出典https://bigakusei.com/

ただ、昨今の日本、伊藤真莉代表の理想とする、心の通ったサービスを、どれだけの人に理解してもらえるか。その答えが〝起業家のステージ〟を降りた彼女が表してます。

 

伊藤真莉は、宿泊予約サービスの会社社員としてお仕事をされてるようです。もともと、旅行に関する仕事を求めていたようなので、楽しんでお仕事できてるようです。

 

「好きだから」とか、「人のために」とか、熱い思いで仕事をつづけるには、かなりの精神力と、強い心を持っていないとむずかしいことなのでしょう。

 

パワフルな伊藤真莉代表ですから、きっと起業家として、復活されることを願います。

伊藤真莉の年収や稼ぎはどれくらいなのか?

出典https://note.com/

データによると、女性起業家のうちの7割は、所得が100万円以下であるのです。

 

アメブロなどによってド派手に公にされている「月収数百万」の人達は、 果していか程いるのでしょうか。 ビックリです。。

 

年収1000万以上利益を得ている女性起業家は、トータルの「0.1%以下」だということです。

 

ただこの伊藤さんの年収はいかがなものなんでしょうか?

 

個人的な推測ですが、年収100万円以下ではないと思います。

 

SHOWROOMの前田氏の下でビジネスマインドや起業家としてのスキルを学んだ逸材でしょうから、最低でも400万~600万ほどはあると思います。

 

ただ一般的な女性起業家の平均年収はかなりヤバい数字が統計データとして出ているのは事実です。

 

家庭の中の女性のポジションから、働きに没頭しにくい理由がある。 ということなのです。

家事労働だとか育児といった、「家庭の中の業務の重圧」が、この国では依然として女性のほうが多い実態になっています。

 

この重圧によって、男性の事業者とは異なり、女性の方がキャリアを上げにくい社会であるかもしれません。

 

起業家あるあるで雇用されているわけではないため、労働基準法が活用されず、ルールで改善することが叶いません。 それぞれ家でのマネージメントがすべてを委ねますね。

 

今後の活躍に大いに期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

他の若い起業家の記事はこちら!

その他の関連記事はこちら!

関連記事はこちらからどうぞ!

コメント