起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

加藤路瑛は中学生起業家!経歴WIKIや会社とイケメン!彼女や評判は?

今回は、中学生起業家である、加藤路瑛さんの経歴やWIKI、会社やイケメン、彼女や評判についてなど見ていきたいと思います。

 

加藤路瑛さんてご存知ですか?

 

中学校のときどんな毎日を過ごしていましたか?

 

中学校といえば、血気盛んな時期ですがどうでしょうか?

 

ちょっと道を外してしまって荒れた道に進む人、部活にのめり込んでスポーツを頑張る人、高校や大学のために勉強を頑張る人、特になにもせずただ平凡な毎日を送る人など色々いると思います。

 

でもどんな未知を歩んだ人でもなかなか社会のこと、経営のことなどを考えている人は少ないんじゃないでしょうか?

 

もちろん0とはいいませんが、限りなくその数は少ないと思います。

 

しかし、そんな中学生で起業した人がいます。

 

それは、加藤路瑛さんです。

 

では、そんな中学生で起業した加藤路瑛さんとは一体どういった人なのか、またどんな会社を起業したのか詳しく見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

加藤路瑛の経歴WIKIやプロフィール


加藤路瑛さんは、2006年2月生まれのO型です。

出典https://www.facebook.com

出身は、千葉県の出身です。

 

加藤路瑛さんは、小さいときからはやく働きたいと思っていたそうです。

 

その小さい時が保育園なのか幼稚園なのか、小学校なのかはわかりませんが、普通の子供の考え方ではないというのは間違いないと思います。

 

またなぜかっこいいと思ったかの理由については、本人もあまりわかっていないらしく、働いたり、お金を稼ぐということがかっこいいと思っていたのと、誰よりもはやくいろんな経験をしたいと思っていたそうです。

 

しかし、起業するにもハードルはたくさんありました。

 

まずは親です。

 

親に話したら「大人になってからね。そのためにも今はたくさん勉強しなさい」という当たり前の回答が返ってきたそうです。

 

しかし、小学生や中学生で起業している人の話を聞いて、親の話は無視して絶対に起業すると決めたそうです。

 

そう決めた次の日にはなんと中学校の先生に許可をもらいに行ったそうです。

 

「会社を作りたいのですが、許可もらえますか?」と質問に行ったら、「それなら、仕事の内容が分かる資料を作って提出してください」と言ったそうです。

 

この先生もなかなかいい先生だと思います。

 

普通軽くあしらわれて終わりそうですが、それをしなかったのがいい教師だと思います。

 

そして、実際に企画書を出したら、「新規性のある事業ですね」と言われたそうです。

 

そしてその企画書は、学年主任→学校の先生→教頭先生→校長先生と流れていったそうです。

 

また最後の校長先生へのプレゼンのときは、担任の先生からもプレゼンの練習方法、アポイントのとり方など色々とアドバイスをもらいました。

 

そして、校長先生へのプレゼンの際、加藤路瑛さん自ら、給料はもらわない、お金は母が管理(バイト禁止と言われる場合の対策)、宿題もやる、テストで赤点を取らない、仕事のために学校を休まない、代表権は親にあるので責任は親に、という条件を起業の許可をもらうために提案したそうです。

 

この約束を守るということで校長先生から許可を得ました。

 

そして、起業し今に至ります。

スポンサードリンク

加藤路瑛の今現在の活動や会社はどうなのか?


では、中学生起業家である加藤路瑛さんの具体的な仕事とはなんでしょうか。

出典https://www.value-press.com

まず、起業してから最初の事業計画は、小中校生のための職業探求ウェブメディアを立ち上げ、親子起業を広めたいというものでした。

 

これは、クラウドファンディングの「キャンプファイヤー」にエントリーを資金集めをしました。

 

この事業は、「年齢に関係なく子どもでも起業できる」事を伝えて行きたいということが第一の目的だそうです。

 

しかし、それでは収益もなければ何もありまえん、ですので小中高生のエンジニアやクリエイター、ライターなどを募集し、仕事を依頼し、お金を支払う仕組みを作りたいと考えているそうです。

 

もちろんその仕事で得た報酬は加藤路瑛さんの会社のものになります。

 

加藤路瑛さんの会社のミッションとしては、

 

  •  子どもたちが自分の可能性に希望を持てる社会を作る

 

  •  年齢や大人の固定概念で子どものチャンスをつぶさせない

 

ということです。

 

また、親子起業とは具体的に、親子で起業し、主に親が代表取締役、子どもが取締役社長として株式会社を設立する起業スタイルの事を言います。

スポンサードリンク

加藤路瑛はイケメンで彼女はいるのか?


加藤路瑛さんは、シュッとした顔つきでなかなかのイケメンです。

出典https://camp-fire.jp/projects

そんな彼に彼女はいるのでしょうか?

 

加藤路瑛さんは現在中学1年生、彼女はいません。

 

最近の若い子は色々とはやいと聞きますが、彼はそんな感じは全くありません。

 

多分彼女なんかより、会社を作る、運営するという方が100倍楽しいと思っていると思います。

 

今の会社がどうなるかはわかりませんが、おそらく彼女が出来るのはまだまだまだ先だと思います。

スポンサードリンク

加藤路瑛の評判や今後の展開はいかに?


加藤路瑛さんの将来の夢はなんでしょうか。

出典https://twitter.com

なんと将来の夢はないそうです。

 

それはなぜか、それはたった今、やりたいことがあるかららしいです。

 

つまり今やりたいことがあるから、遠い将来のことはあまり考えていないということです。

 

ただ、理想の世界は持っているみたいで、子どもを理由に「今」をあきらめなくてもいい世界にすることが目標だそうです。

 

何かやってみたいと思った時、「大人になってからね」とか「大学出てからね」と言われて、今やりたいことを先延ばしにしない世界にしたい、それが加藤路瑛さんが作りたいと思う世界だそうです。

 

また、そういう世界のために3つのことを常に考えているそうです。

 

それは、

 

  •  子どもの生活が学校中心すぎる1日の多くを学校の中で過ごしている。

 

学校の友達としか付き合いがないと、学校の外にも面白い世界があることに気がつけない、そこで学生の起業家を増やして、子どもの居場所は学校の中だけではないという世界を作る。

 

それにより、不登校とか、いじめとか、そんなことを気にしなくてもいいくらい世界が出来る。

 

  •  「小学校→中学校→高校→大学→就職→定年まで働く」これが普通ではない

 

長い間学校に通って勉強をしているだけでは、やりたい仕事は見つかりにく、見つからないまま就職するのは、あまり良い流れではないと考えているそです。

 

子どもの頃から起業について勉強したり、親と一緒に起業をしていれば、やりたいことも早く見つかる可能性がある。

 

子ども起業家をたくさん増やして、学校と就職の順番や考え方を変えたい。

 

  •  働く人が少なくなる大人は子どもを労働者人口と考えていない。

 

起業したいと思うくらいの年齢は労働者になれるということ、つまり無理やり働かされるのではなく、自分で働きたいと思う子どもは働けばいい。

 

親より稼いで、親より税金を払う子どもがいてもいいのではないかと思う、そうすることによって大人は労働者が少ないかもしれませんが、労働者は増えます。

 

※関連記事

⇒ヒロシの今現在のお店やユーチューバー!年収や資産となぜ結婚しない?

最後に


どうだったでしょうか。

 

加藤路瑛さんのこと、加藤路瑛さんがやろうとしている事業内容すこしはわかってくれたでしょうか?

 

若干12歳での起業なんて、普通の大人では考えられないと思います。

 

しかし、何事も経験だと思います。

 

もちろん失敗するつもりで起業したわけではありませんが、失敗もいい経験になると思います。

 

これから日本を引っ張っていく人材になるのは間違いないと思います。

 

これから加藤路瑛さんの事業がどうなるかはわかりませんが、加藤路瑛さんの今後に注目していきたいと思います。

 

以上、日本の実業家であり、中学生起業家である、加藤路瑛さんについての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category