起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

茂木友三郎の妻(嫁)はあつ子!娘息子の家系図と年収資産がスゴイ!【カンブリア宮殿】

「カンブリア宮殿」にキッコーマン会長の茂木友三郎(もぎゆうざぶろう)氏が出ますが、妻(嫁)は茂木あつ子さんで、娘や息子の子供達などを調べて行きたいと思います。

 

茂木友三郎さんと家族の家系図がスゴイのと、年収資産などはどれぐらいあるのかピックアップして行きたいと思います。

 

キッコーマンの経営者として長きに渡り、トップランナーを走り続けた経営のプロが今現在何を思うのか?

スポンサードリンク

茂木友三郎の経歴プロフィールや生い立ち


長きにわたりキッコーマンの経営者として今現在は会長となっている茂木友三郎さんの経歴プロフィールなどを調べていきたいと思いますが、1935年2月13日に千葉県に生まれて現在は84歳という年齢です。

 

またまたキッコーマンに入社する前に大学を卒業しておりその1958年という古き良き時代に今現在のキッコーマンで仕事を始めております。

 

1958年の入社から77年の役職へ昇進する時にキッコーマンの事業部長となりそこから数々の実績や功績を打ち出してきて、いよいよ95年に社長に就任しました。

 

グローバルレベルで世界中を飛び回りオランダでは国王の表彰を得た実績を打ち出しており、ドイツに渡っては功労賞などを受賞しております。

 

このような世界中からも多くの賞賛を浴びてキッコーマンの代表として業界のトップランナーとしてきた経営者ですがそもそもなぜキッコーマンという会社がこれほど発展したんでしょうか?

 

キッコーマンとしてはイメージ的に感じていたといえばやはり醤油ではないでしょうか?

 

醤油を作っている会社としてはこれほど発展するとは思っていなかったですが、元々キッコーマンが作り出す商品は豊富な源泉に恵まれたエリアで醤油を作っているとこだわりを持っており、醤油作りの原点となる素材などなどに大きな投資をしているのです。

 

元々キッコーマンの歴史をたどるとかなり古い時代になりますが今現在でもその伝統の技というものを受け継いで社員一同しょうゆ作りに励んでいます。

 

会社の内部昇進などでも元祖の歴代社長から数々のファミリーなどの祖先を受け継いで外部から二人役員として抜擢しています。

 

だから彼はこのようなことを言います。

「能力のない人が経営に携わるというのが同族経営の大きな弊害です。これをなくすために、もともと競争関係にあった8家を1つにしたのが先輩たちの知恵だと思います。当時の経営者たちにとって、合併は非常に大きな決断だったと思いますが、それをうまく実行することができました。」

 

元々創業当時は、メジャーなブランド企業ではなくどちらかといえばローカル的な会社だったと言われており、それを今では醤油といえばキッコーマンという強固なブランドが成り立っていますのでここまでの功績を成し遂げたのは彼であると言うまでもありません。

茂木友三郎の妻(嫁)は茂木あつ子!


彼の妻である茂木なつ子さんという方がおられますが、この人はもともと佐藤七郎さんと娘と噂されていますので、おそらく偉大なる人の娘さんなのかもしれません。

 

この佐藤七郎さんという方が、いったいどのような人物なのかは今のところ明らかにされていませんが断言して言えることは名家の娘であることは間違いないと思います。

今現在嫁さんの活動としては旦那の裏方やサポート役に徹していると思いますのであまり会社的には表に出てきませんが、生活の中では彼や子供たちの家事を行いライフスタイルで主婦業をされているんじゃないでしょうか。

茂木友三郎の娘(子供・息子)はいかに?


まず茂木さんには3人の娘や息子がいると存じ上げていますが、息子に関しては修さんという方がいますが現在52歳で慶應義塾大学を卒業しているかなりIQが高い人物だと思います。

 

この人物は90年代にキッコーマンに入社してから2年前の2017年にキッコーマンの執行役員に昇進しています。

 

そう考えるとかなりやり手だと思いますので、当然会長の息子だということは将来的な次期社長に昇進されると推測します。

 

娘に関しては、まり子さんという方がおられますが細かな詳細は今のところ公開されておりませんのでキッコーマンの会社の組織の中で仕事をしていないんではないでしょうか。

 

もともとこのキッコーマンという会社自体が同業者同士の8家族から成り立っている会社ですので、各組の創業家からこの会社に入ることができるのは一つの世帯から1人と決まり事が定められているそうです。

茂木友三郎の高校大学や学歴がヤバイ!


茂木さんの学歴や高校大学などの出身をリサーチしたいと思いますが、既に優秀な学歴を持っていることは明らかですので、期待通りに慶應義塾大学の法学部を卒業しています。

 

大学を卒業してから一気にアメリカに短期留学して経営などを学びそこから MBA などを取り経営者としてのステップをここからふんでいます。

 

まさに経営者としてなるべくしてなったような人物で、彼こそが本当のプロ中のプロの経営者と位置づけて断言できるでしょう。

 

アメリカに渡り MBA を取るだけでもかなり凄腕ですがしっかりと日本に帰国してからもキッコーマンをここまでのナショナルブランドとして作り上げてきた日本でも数少ない優秀なので、これだけメディアにピックアップされるのは当然の成り行きだと思っていいでしょう。

 

その他にも中学や高校などの詳細などを調べていきたいと思いますが、中学や高校が今のところ明らかになっていませんので、大学のほうが慶応義塾ということはおそらくステップバイステップで高校なども慶應義塾に通っていたんではないでしょうか。

茂木友三郎の家系図がスゴイ!


この家計はかなり家系図がリアリティーですごいんですが、現在キッコーマンの会長を務める茂木さんが信念として持っているのが、同族経営を理想とするポリシーがある感じです。

 

同じ家族ぐるみで会社の経営などを長年続けていると、社員から見ればワンマンに傾きそうなイメージがありますが、キッコーマンに関して言えばその不安は一切無いと断言できます。

 

キッコーマンの歴史はかなり古く100年以上もの老舗の企業として現在でも売上や利益は右肩上がりで成長している誰も認める企業です。

 

100年前の時代でも、発展してきた会社だからこそ言えることですが茂木さんの持っている信念は「能力やスキルがない人間が経営に関わってしまうと、その影響は計り知れなくなり会社を存続することは難しくなる」と常々語っています。 

茂木さんはケースバイケースで物事を状況判断できる高いスキルの経営者だと支持されており、別に能力やスキルがたけていれば身内にこだわる必要はないと考えており、常に頭の中にあるのは会社のために情熱を注ぎ利益を上げ続けられる人間こそが評価に値すると思っています。

 

それは、優秀な人材が家系図にはたくさんいる存在で、合計で8ファミリーが同じタイミングで立ち上げた企業なのです。

茂木友三郎の年収や資産はとんでもないのか!?


まずは会社全体の業績からみて行きたいと思います。

資本金 115億9,900万円
発行済株式総数 2億1,038万3,202株
売上高 連結 4021億74百万円
営業利益 連結 328億42百万円
純利益 連結 238億10百万円
純資産 連結 2444億37百万円
総資産 連結 3612億48百万円
従業員数 連結 6771人

まずこの会社の平均年収を調べてみましたがおおよそで700万円から800万円台と言われています。

 

やはり大企業というナショナルブランドでもあり普通の一般企業よりかは遥かに凌ぐ平均年収だと思います。

 

今現在のサラリーマンの平均年収が350万円から400万円代と言われておりそのような事を参考にするとかなり高い年収を見ているのではないかと存じます。

 

元々この会社自体が持ち株の会社でもあり、メインの商品である醤油などの製品などは主に独自で開発して独自で販売するルートをたどっていますので、やはりそのぶん利益率が高いんではないでしょうか。

 

今現在キッコーマンで販売されているエリアといえば世界中に発展しており合計で100ヵ国以上の販売ルートを独自で持っています。

 

そのようなルートを辿り、醤油やソースなどを販売していくわけですから莫大な売り上げを誇っているのは間違いありません。

 

会社の売り上げ的にも年々上がっている業績でもあり、グループ全体の売上は4000億円を超えると言われていますので、茂木氏の平均年収は推測にしても4千万円の役員報酬は確実にあるんではないしょうか。

 

とんでもない金額ですが、今後の活躍を期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下からスクロールしよう!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category