起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

橋本真由美(ブックオフ元社長)の今現在や経歴と年収!弟は清水國明だ!

今回は、ブックオフ元社長である、橋本真由美さんの今現在や経歴、年収、弟は清水國明さんなのかなどについてなど見ていきたいと思います。

 

ブックオフ元社長でもある橋本真由美さんの弟が清水國明さんてご存知でしたか?

 

橋本真由美さんの今現在の活動や、経歴プロフィールなどと年収などはどうなんでしょうか?

 

あなたはいらなくなった本やCD、ゲーム、雑誌などをどうしていますか?

 

いつまでも大事に持っていますか?

 

それとも処分してしまいますか?

 

漫画ってかなりかさばりますし、1回読むと次はなかなか読まないし、処分も結構大変ですよね。

 

そんな漫画がお金に変わったらステキだと思いませんか?

 

本をお金に変えることができるんです。

 

それは中古屋、古本屋に売ることです。

 

漫画の中古の値段はあまり高くはありません、でももういらないものがお金になったら嬉しいですよね。

 

さらに古本屋にはたくさんの中古の本があります。

 

それらは新品より安く売られていますので売ったお金で新しい本が変えるというすばらしいシステムが出来上がります。

 

本をよく購入する人にとっては嬉しいシステムですよね。

 

そんな古本屋は結構昔からあります。

 

個人でやっている場合が昔は多かったですが、今な全国にチェーン店を出す企業も多くあります。

 

そんな企業で今回はブックオフに注目していきたいと思います。

 

ブックオフを経営しているのがブックオフコーポレーションで、その元社長を務めていたのが橋本真由美さんです。

 

では、そんなブックオフコーポレーションとは一体どんな会社なのか、また元社長である橋本真由美さんとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

橋本真由美(ブックオフ元社長)の経歴プロフィールや生い立ち


橋本真由美さんは、1949年生まれです。

出典https://www.youtube.com/

出身は、福井県の大野市の出身です。

 

中学、高校は地元の学校に入学し卒業し、大学に進学します。

 

大学は県外に進学します。

 

進学した大学は一宮女子短期大学(愛知県)の家政科栄養コースです。

 

1969年に同校を卒業します。

 

卒業後は、就職しますが、栄養コース卒業ということで栄養士として工場の食堂や病院に勤務します。

 

そこでは、給食管理・栄養指導に従事していました。

 

後に橋本真由美さんは、この経験が「現場のニーズを経営に生かす」視点を培う基礎となったと話しています。

 

その後結婚し退職、専業主婦となります。

 

結婚生活も順調で、子供にも恵まれました。

 

そんな中ブックオフ1号店(神奈川県相模原市の千代田店)が1990年4月に開店します。

 

開店スタッフとしてパートを募集し、橋本真由美さんは「娘の学費の足しになれば」ぐらいの軽い気持ちで応募し、時給600円のパートタイマーとして採用され、パートとして勤務していました。

 

その後なんと売り上げが伸び悩んでいた2号店に行き、1991年8月にパートのまま店長になります。

 

その後に正社員となります。

 

店長になってわずか3年後の1994年8月に取締役に就任し、1997年には堀之内店(東京都八王子市)の店長になります。

 

2001年には経営不振であった子供服部門の建て直しのために、リユースプロデュースへ出向することになります。

 

2003年6月についに常務取締役に就任します。

 

2006年5月24日放送の「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」の「トリビアニュース」でなぜか代表取締役社長に昇格することが取り上げられます。

 

2006年6月24日には坂本孝(BOOK OFF創業者)さんの後任として、代表取締役社長に就任します。

 

その後2007年6月に不祥事が発生します。

 

不正は5月に発覚したグループぐるみの不正会計問題において、常務時代に架空売上げの計上を黙認したということでした。

 

この発覚により代表取締役社長を退任して、代表権のない取締役会長に就任します。

 

しかし、2018年9月30日に一身上の都合により取締役を辞任しています。

スポンサードリンク

橋本真由美(ブックオフ元社長)の今現在の活動はどうか?


ブックオフコーポレーションを辞めてからは今現在一体なにをしているのでしょうか。

出典https://next.rikunabi.com

現在はとくに表立った行動はしていません。

 

2018年の9月に取締役を辞めたばかりなのでまだなにか次のことをするということは考えられないのではないのかなと思います。

 

辞め方もキレイに辞めたわけではなく一身上の都合ですからなかなか他のことをしようにもしにくいかもしれませんね。

 

今は充電期間というか、お休みの期間だと思います。

 

お休みが終われば他の活動を色々としていくと思います。

 

パートから正社員、社長になるぐらいの人ですから経営手腕はすごいものがあると思います。

 

その経験も含めてまだまだ精力的に活動は続けると思います。

橋本真由美(ブックオフ元社長)の弟は清水國明だった!


これは有名な話しですが、橋本真由美さんの弟は清水國明さんです。

出典https://talemecasting-next.com

清水國明さんは、なかなか破天荒な人で結婚を4度もしています。

 

なかなかすごい人ですが、橋本真由美さんは何度か弟である清水國明さんをCMなどで起用してます。

 

始めは2002年に弟の清水國明さんをブックオフのCMに起用しています。

 

また2006年2月8日放送の「トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~」(フジテレビ系)でブックオフのCMに清水國明(弟)が出ている理由が取り上げられることになります。

 

ここで一気に全国にこの姉弟のことが知れ渡ります。

 

橋本真由美さんからすればこれでブックオフに客足が増え、売上が伸びるならいいなと思ったでしょう。

 

また2006年11月2日には清水國明さんと共にあの徹子の部屋に出演もしています。

 

なかなか破天荒な弟ですが、仲はいいんでしょうね。

スポンサードリンク

橋本真由美(ブックオフ元社長)の年収や資産はスゴい!?


パートから社長になった橋本真由美さんですが、年収や資産はどれくらいあったのでしょうか。

橋本真由美さんは、時給600円のパートから仕事を始めますがあれよあれよと出世していきます。

 

ブックオフコーポレーションは、2018年の10月に東証1部に上場しており、資本金1億円あります。

 

そのブックオフコーポレーションが経営するブックオフは、資本金36億5,239万円で、2016年で、売上高が連結765億64百万円、営業利益が連結で▲5億30百万円、経常利益が連結で5百万円、純利益が連結で▲5億28百万円、純資産が連結で159億68百万円、総資産が連結で505億14百万円、従業員数が連結で1,156人いる企業です。

 

現在は他の中古業者やオンラインショップなどの出現でかなり厳しい経営状況になっていますが、現役で社長をしていた時期は年収でおよそ1,000万円ぐらいではないかと思います。

 

時給600円からスタートしているとは思えない額ですよね。

 

そして資産ですが、こちらは4,000万円ほどではないかと思います。

 

もちろんもっとある可能性もありますが、株などもそこまで所有していないのでこれぐらの金額かと思います。

スポンサードリンク

橋本真由美(ブックオフ元社長)の家族(旦那・子供)はいかに?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category