起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

林恵子(DoCLASSE社長)の経歴WIKIや年収!会社の評判や名言と上場がスゴい!【ガイアの夜明け】

「ガイアの夜明け」にDoCLASSE(ドゥクラッセ)社長の林恵子さんが特集されます。

 

林恵子さんの今現在や経歴、WIKI、年収や会社の評判と名言などをピックアップして行きたいと思います。

 

林恵子さんはDoCLASSE(ドゥクラッセ)社長として会社自体が上場企業として急成長しています。

 

林恵子社長の経営理念や、今後の経営などを見て行きたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

林恵子(DoCLASSE社長)の経歴WIKIとプロフィール


出典https://www.youtube.com/

林恵子さんは「ドゥクラッセ」社長でもあり、愛媛県出身ですね。

 

津田塾大学を卒業してからはオレゴン州立大学心理学部で学んで、そこからディズニーストアジャパン業務を経験して、アメリカの大型店衣料通販企業「ランズエンド」国内支社長として実績を出していきます。

 

そこから色んな事を経験してドゥクラッセをオープン。

 

過去には、ローソンの社外取締役として活躍されていた経歴もあり、 学生時世には、先を見据えた社長像を描き、その夢に眺めて 海外大学留学、人材確保、キャリアシフトをして 現在のDoCLASSEを立ち上げたとささやかれています 夢に描いても体現化をするのは想像以上に尋常じゃないことではないでしょうか。

 

とは言っても、夢・コンセプトをあきらめずに追求し続ける身なりは素敵ではないでしょうかね。

 

夢を現実化するので、 当初は「DoCLASSE」を数名のスタッフと共にチャレンジさせました。

 

企業のポリシーは「ファッションから始まる熟年革命」 シーズンごとのモダンなアドバイスを込めたファッションの組立て、靴作りをしているに違いありません。

 

中年代の大人、とりわけ女の人が持つ「賢さ」を美しい服で表現することで、 国内の40代、50代の女の人は、これまで以上に 因みにファッションに関して敏感になりました。

 

スタイルのアレンジがでてきた40代からの女の人を標的に、楽ちんにスタイルカバーしながらおしゃれ感の出現している基調を導入たファッションを、思いの外のお値段で用意しています。

 

ほんのちょっと前から豊富に拡大してきていると考えられます。 例を挙げれば、 それとは逆に、お値段のことだけをスタンスすれば、しまむらやユニクロなどといったところです。

 

しかしながら、そんな簡単にはプチプラを着こなすのは簡単に進まないとなります。

 

この年齢であると、さほどプチプラばかりも少し恥ずかしい気もしますから、むしろ思っている以上に洋服を自分のセンスとイメージするとこの DoCLASSE(ドゥクラッセ)がちょうどいい感じの女性が急増していると言う事です。

スポンサードリンク

林恵子の年収はヤバいのか!?


出典http://nine.doclasse.com

アパレルのルーティンワークは本部、管理職、一般職にカテゴリーされると言えます。

 

一般職、管理職はショップにて接客や商品のルールを中心としたプロセスだと認識してください。

 

本部に加盟する人間は商品のブランディングやマーケティング等のマニュアル業務をするのです。

 

本部の人物は企業を経営して行くセンスが重要なのです。根本立ち仕事で体力がいる、勤務時間が不規則で長い、サラリー面の低条件など、勤務環境は現代社会において恵まれていないインプレッションもあり、独立したブランドを立ち上げるごく一部分の例を除き、大してのアパレル販売員は若い世代で組立てされています。

 

一流総合メーカー会社を除く中堅以下のアパレルメーカーで労働する立場の人間に対して言ったら30代以降は独立しないようではやっていけない、もっと言うなら独立しても景気にも左右されないコミッションをゲットするのが無理がある特殊なルーティンワークと言う理由から、一生涯給料の平均は総じて低くなると考えられるでしょう。

 

1回勇退し結婚後はアルバイトを行うなどそれと同じ様な人間が当たり前です。 アパレル業界でサラリーが高水準の上場企業をチェックしてみました。

 

カテゴリーに入るのは下記会社ではないでしょうか。

 

■オンワードhd 平均年収885万 ■aokiホールディングス 平均年収759万 ■リーバイ・ストラウス ジャパン 平均年収738万 ■ワコールホールディングス 平均年収704万 ■ファーストリテイリング(ユニクロ) 平均年収704万 ■ワールド 平均年収668万 ■シャルレ 平均年収660万 ■三陽商会 平均年収655万 ■アツギ 平均年収606万 ■キング 平均年収605万円

 

平均サラリージャンルで国内上位に入るような全体企業に雇い入れし、販売マニュアルやプログラム立案のセールスに従事したいとすれば、民間企業と同様に理想としている会社の入社チャレンジにパスすることが要求されます。

 

理想とする会社があるとすれば、そのショップの服でコーディネイトをするのも言ってみれば手と言われる評判もありました。

 

外資系のアパレル企業の平均報酬は450~550万と想定されており、国内全体のアパレル会社の平均サラリーを一層上回っていると推定されます。福利厚生等のサービスも総じて準備されている会社が豊かなトレンドに存在します。

 

ためらうことなく高レベルのコミッションを手にできるインプレッションに存在します。

 

結果的に販売キャパシティー・プログラム立案などに目論んでいるヒトの像の理想もおのずと急騰します。

 

今回の林恵子さんのケースではかなりの実績もあり優秀な経営者ですから、最低でも2000~3000万ほどの年収はあると思います。

スポンサードリンク

林恵子の名言がインパクト!


出典https://prtimes.jp

元々自宅を改装してたったの2~3人のスタッフとDoCLASSEをスタートした林恵子さんは、コンセプトはとにかく同世代の女性達にフィットする洋服をと意識して、シーズンごとの画期的な提議を込めた服作り、あるいは靴作りは試行錯誤の連続ですが、日本女性の急速な移り変わりをフィーリングし続けていると考えられます。

 

その賢さを美しい服で表現し同時進行しながら、間違いなく国内の40代、50代の女の人は、アジアや世界にインパクト力を持ちチャレンジすると読んでいる林恵子さん。

 

そんな彼女の名言がインパクト大です。

 

一人ひとりが商人として、損益を計算できるようにする。

 

競合の出現で分かったのは、お客様は品質をしっかりと見抜くということ。宣伝のやり方を見直して、戦略的にコストパフォーマンスのいい商品を広告で取り上げたところ、思った以上の反応があった。

 

一時的に採算が悪化したものの、競合の出現は当社にとってはラッキーだと思っている。「高品質のものをお値ごろ価格で」という当社の強みを、もう一度見直すチャンスになったからだ。

 

カタログ通販では、思わぬ形で競合が現れ、成長が鈍化した。いつかはビジネスモデルをまねされるだろうと思っていたが、徹底的に同じようなビジュアルで、あそこまで低価格の商品が出てくるとは思わなかった。

DoCLASSE(ドゥクラッセ)の評判はどうか!?


出典https://prtimes.jp

40代を上回る大人の女の人をターゲットとしたファッションブランドDoCLASSE(ドゥクラッセ) ですが、通販は勿論の事実店舗展開もしている雑誌でも取り上げられている専門ショップとなります。

 

巷で話題のインフォーマルなインターネット通販なのに返品・取り換えが実現するんだということ。

 

これってファクトなんでしょうか?

 

ほんのちょっと前からインターネットでリーズナブルな洋服がシンプルに手に入ります。

 

であっても、シワになりやすい服や安っぽい生地を40代以上が身に付けているとその分だけで残念なフィーリングに。 DoCLASSE(ドゥクラッセ)は通販の割には激安とはいきませんが、それにちょうどいい品質を適正価格で取り揃えています。

 

年を重ねる毎にヒールの出現している靴をまったくもって履かなくなったと考えられる人も結構あるのではないでしょうか。

 

ということも、DoCLASSE(ドゥクラッセ)はファッションの返品やチェンジが出来るから サイズが合わなかった、

 

イメージしていたカラーと違ったなど通販でよく存在する失敗をするリスクが存在しません。

 

ファッション通販で、返品取り換えが可能であるならというのはとんでもなくめったになく、全くもってアフターサービスが万全ではないでしょうか。

 

返品のケースでは入れ替えのケースでは、送料はフリーです。

 

全くとんでもない顧客目線にたった会社ですね。

 

今後の会社の発展と林恵子さんの活動に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category