『現在⇒コンサル料145万!?』大塚久美子/号泣の真相や講演会の実態!

女性起業家

今回は女性起業家でもる大塚久美子の現在がコンサル料145万円!?、号泣の意味や講演会の実態をチェックしていきたい!

大塚久美子の現在はコンサル業務に従事しているようですが、そのコンサルフィーがなんと145万と言う噂があります。。

 

普通に聞けば高すぎる値段ですが、彼女の講演会などでは誰でも気軽に参加できる価格なんだとか。

 

大塚家具時代には、号泣するほど追い込まれていた感がありメンタル的にも辛い時期だったと思いますが、現在では独自に企業のコンサルなどを行い自分流で仕事をしている彼女。

 

今後の展開も合わせて、今の大塚久美子を見ていきたいと思います。早速どうぞ。

大塚久美子/現在は「クオリア」でコンサルティング業?

出典https://www.youtube.com/

2020年に大塚家具の全ての役職を辞任した大塚久美子は今どうしているのでしょうか?辞任してからの彼女について調べてみました。

 

彼女は全役職を辞任したことをブログにて報告していましたね。

大塚久美子/現在

出典https://ameblo.jp/

今までの「感謝」と「お礼」が綴られており「大塚家具を側面サポートしていきます」とも書かれていました。そして自身の今後については彼女が2005年に設立した「株式会社クオリア・コンサルティング」を再開し、プライベートでもSNSで情報を発信しますとのことでした。

大塚久美子/現在・コンサル

2022年にはインタビュー記事にてインテリアの魅力と重要性を語っていますね。これも彼女の言う「大塚家具をサポート」に繋がっているのでしょう。

 

個人としての情報発信も、積極的に行われています。こちらの「季節を感じている」という内容のツイッター投稿では素の彼女が感じられてほのぼのしますね。

インスタでは、2023年お正月の様子が投稿されておりフォロアーからもたくさんのコメント届いているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大塚 久美子(@otsukakm)がシェアした投稿

これらの投稿からは、マイペースで過ごす彼女の一面が見えますよね。彼女の人間としての魅力を感じている人もたくさんいるようです。「大塚家具のサポート」も「プライベート情報の発信」も順調のようですね。

大塚久美子の講演会やセミナーは145万円!?

コンサルティング会社で再スタートしている大塚久美子ですがそのセミナーについて、こんな事が話題となっていました。

大塚久美子/セミナー

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

「受講料145万円のセミナー」というものです!

大塚久美子/セミナー

大塚久美子/セミナー

出典https://www.youtube.com/

ちょっと誤解を招く表現かもしれませんが、彼女か開く講演会の受講料が145万円という訳ではないんですね。。

 

「日経トップリーダー大学」が開催している経営者向け講座に講師として彼女が呼ばれたことがあるという話なんです。

 

この講座で12回開催される公演の受講料がトータルで145万円ということなんですね。。高額な受講料の公演ばかりに呼ばれているわけでもないんですよ。彼女が講師として出席したオンラインセミナーには参加費3000円というものもありました。

大塚久美子/講演会

大塚久美子/講演会

出典https://joseishacho.net/

この価格で彼女の意見が直接聞けるのであれば、お得ですよね。

 

さすがに145万円は払えないにしても「彼女の経営アドバイスには5万円払ってもいい」という意見もあるくらいですからね。

大塚久美子/セミナー評判

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

この投稿にコメントした人が言うように「失敗の本質というものは得難い知見」なんですよね。彼女の貴重な経験は、学ぶ価値があるということですよね。

大塚久美子/号泣の真相は何だったのか?

大塚久美子が大塚家具の立て直しに奮闘している最中に「もう、潰れるか、買収されるしかないのよ」と号泣したという記事が話題になりました。

大塚久美子/号泣

出典https://www.dailyshincho.jp/

記事内では、彼女の切実な想いに対して周囲の反応は冷ややかだったのではと指摘されています。この記事が出たのは2018年ですから大塚家具がヤマダグループの子会社となる1年前のことですよね。

 

このエピソードから推測される彼女の置かれた状況など、真相についてチェックしてみましょう。後に子会社となったニュース記事では、彼女の心境が綴られています。

「ヤマダの子会社化までは想定していなかった」

「周囲の説得で泣く泣く」

とのことなんですよね。

 

そして最終的に吸収合併となった2022年の記事内でも「知りませんでした。コメントする立場にありません」と発言したとされています。

大塚久美子

これらの事実からすると彼女は純粋に大塚家具を立て直そうと努力していたつもりでも実は、収束に向けた「後片付け作業」をさせられていた可能性がありますよね。

 

あくまでも推測の話ですが、一つ言えることは会社を大きくしていくのも大変な労力ですが「ちゃんと終わらせる」ということも、かなりの労力が必要ということです。それなりの緻密な計画が必要なんですよね。

クオリアコンサルに「迷惑」のワードが!業績や評判悪い?

出典https://www.youtube.com/

彼女が再スタートさせた会社「クオリアコンサル」について世間の評判はどんな感じなのでしょうか?

クオリアコンサルティング/迷惑

時の人となった彼女だけに、その辺のイメージは業績に直結するでしょうね。ちょっとチェックしてみると、厳しい意見があるようです。彼女自身の評価も有名YouTuberから「仕事頑張るのは迷惑です」なんて言われてしまう始末です。。

クオリアコンサル/迷惑

出典https://www.infomining.jp/

またある人からは「会社を潰した人に経営コンサル受けたい企業なんてありますか?」との意見。

大塚久美子/コンサル評判

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

彼女が大塚家具の社長だった時期にも「なぜ経営コンサルティングのプロなのに会社が傾いているの?」といった意見がありました。

 

さらに、彼女が大塚家具の役員を辞任後にコンサルティング会社を再スタートさせたことについての記事では「依頼する経営者が、はたしているのだろうか?」とコメントされています。

大塚久美子/コンサル評判

ちょっと評判悪いというイメージなんですね。。^^:しかし彼女の知名度の高さにより、注目されているわけですから逆に良い宣伝になったのかもしれませんよね。

大塚久美子さんと同じ女性起業家はコチラ!

経営者としてのポテンシャルは果たしてあったのか・・

結局のところ、彼女には経営者としての才能があったのでしょうか?あったとしたら、どれくらいのポテンシャルだったのでしょうか?みんなが話題にしているこの問題をチェックしてみましょう。

 

実際にこんな投稿がありました。

大塚久美子/評判

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

「彼女は有能経営者ですか?」との質問です。回答した人は、「結果的に見ると無能」とコメントしていますね。。

 

確かに「経営の知識」は持っていたのかもしれませんが実績から判断すると「実行力がなかった」との評価になっちゃいますよね。

 

それでは、大塚久美子の経営とはどういうものだったのでしょう。こちらは業績低迷を受けて、彼女が社長に就任していた2012年のタイミングです。

 

このインタビューでは「既得権益を守ろうとする家具業界に何度もたたかれた」としながら「古くからの業界慣行に逆らう経営」をしてきたと述べています。

 

そして一度は解任された社長に復帰した2015年の記事では「会社は自分の子供のようなもの」「全力で守るべきもの」とコメントしており経営の立て直しに全力を尽くすと熱く語っていました。

大塚久美子

出典https://president.jp/

さらに、記事内では「全力を尽くしてダメだったら諦めもつくかもしれません」とも語っていたんですね。

 

彼女の経営に対する姿勢は、決して間違ったものではないですよね。自分の信念を貫き通すことが評価されるのであれば彼女は「何かを成し遂げた」ということになるのかもしれませんね。。

大塚久美子さんの著書はコチラ!

この記事をご覧頂いた方はこちらの記事も100%ご覧頂いております!

コメント