起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

田中義剛の年収や資産がチーズ花畑牧場でヤバい事に!妻や子供は?

今回は、田中義剛さんの今現在についてです。

 

タレントであり、実業家でもあり、株式会社花畑牧場代表取締役の田中義剛さんの年収や資産、チーズ花畑牧場、妻や子供についてなど見ていきたいと思います。

 

田中義剛さんが事業を行っているのは有名です。

 

優しい顔つきと優しい声が特徴でよくバラエティ番組に出演していますよね。

 

タレントのイメージがかなり強い田中義剛さんですが、実はシンガーソングライターとしての活動が芸能活動のきっかけでした。。

 

また、今の若い人たちはタレントやシンガーソングライターより、実業家としてのイメージの方が強いかもしれません。

 

一時期テレビ出演から遠ざかって、花畑牧場の代表取締役として、生キャラメルをアピールしに戻ってきました。

 

では、その株式会社花畑牧場とはどういった会社なのか、またその創業者であり、代表取締役の田中義剛さんとは一体どういった人なのかお話していこうと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

田中義剛の今現在や武勇伝は?


田中義剛さんは、1958年3月13日生まれです。

出典http://xn--o9jl2cn5979a4cpsf5di5c.com

出身は、青森県八戸市出身です。

 

高校は、青森県立八戸北高等学校に入学し、卒業します。

 

漁船のコック長をしていた友達が勤務中のオホーツク海で遭難死をしてしまいます。

 

それを知った田中義剛さんは襟裳岬まで旅に出てます。

 

そして、帰りたまたま寄った門別の牧場で馬の出産を目にし、とても感動し、牧場を開くことを夢に抱きます。

 

夢を実現させるために、酪農学園大学酪農学部に進学します。

 

そんな大学時代ですが、シンガーソングライターとしての活動を本格的に開始します。

 

1980年にはフレッシュサウンズコンテストというコンテストで審査員特別賞を受賞しています。

 

本格的な活動は、札幌の歓楽街に音楽パブの「ストーン・ウォッシュ」を出店するなど、北海道を中心に歌手やラジオパーソナリティとして常に活動をしていました。

 

1987年に「オールナイトニッポン」のパーソナリティに抜擢されます。

 

それをきっかけに北海道から、東京に上京します

 

そのときは、同郷の吉幾三さんが「俺ら東京さ行ぐだ」が大ヒットしたタイミングでした。

 

田中義剛さんの上京を知った吉幾三さんは「上京したら全部面倒見てやる」と言ってくれ、それを信じます。

 

しかし、上京し吉幾三さんに会いに行くと、なんと「本当に来たのか?」と言ったまま地方巡業に行ってしまいました。

 

あっけにとられた田中義剛さんは自分で所属事務所探さなければならなくなりました。

 

汗水たらして探した結果やっとの思いで現在の所属事務所に何とか所属することが出来きました。

 

1994年、牧場を経営する夢のために事務所から借金をして北海道河西郡中札内村に「花畑牧場」を開業しました。

 

借金の合計額としては、約4億円あり、その内容は22万坪の土地購入資金2億円、傾きかけた事業の再生のために1億円、損失額のせいで1億円だそうです。

 

一時期30人ほどいた従業員は経営難で続々と辞めて、田中義剛さんと1人だけ残ってくれた従業員の2人だけになってしまいました。

 

一時は土地を売却し自己破産を本気で考えていたそうです。

 

その状況を打破するために控えていたタレント活動を増やし、共演者やスタッフに手土産として花畑牧場のチーズを配り、その知名度を上げるようにしました。

 

少しずつですが、その味を気に入った人の紹介でレストランなどの飲食店に販売経路を見いだせるようになりました。

 

また、2006年にノースプレインファームが最初に開発し、花畑牧場でも2007年から生産を開始した生キャラメルがメディアで取り上げられ大ヒットをしました。

 

これら商品群のヒットがあり、花畑牧場が1つのブランドとしての地位を掴むことが出来ました。

 

そして、自社工場を拡大するほどになり、従業員も1500人を超える規模に成長しました。

 

また田中義剛さんは理科の教員免許を所有しており、さらには母校の酪農学園大学では特命教授も務めています。

スポンサードリンク

田中義剛の年収や資産はとんでもない事に!


生キャラメルやチーズで大儲けをしている田中義剛さんの年収や資産が気になります。

出典http://trendnews.tokyo

 

生キャラメルが大ブームを起こした2009年6月時点で年商は120億円あったそうです。

 

その後ブームが過ぎ去り売り上げは減少し、年商は50億円ほどに下がってしまい、東京や札幌の工場や店舗を閉店し、リストラなどで経費削減をしたようです。

 

しかし、チーズでまた持ち直したり、花畑牧場を観光地化にしたりして、黒字経営になっています。

 

そんな現在の年商は、100億円ほどと言われています。

 

これらを加味して、現在は年収は数千万円ほどではないのかと考えられます。

 

また資産に関しては、花畑牧場の土地が資産になると思います。

 

しかし、一時期苦しいときに査定に出したところ、価値なしという結果がでました。

 

それを考えると今の価値もあまりないかもしれませんね。

関連記事

⇒伊原剛志の年収や資産がお好み焼き屋でヤバい事に!再婚した妻は?

田中義剛のチーズ花畑牧場がヤバい事に!


一時期かなりの経営難で自己破産も考えた花畑牧場ですが、地道な活動で大きく成長しました。

出典http://blog.livedoor.jp

その主力となるのが、チーズですが、中でもラクレットチーズが中心になっています。

 

半円状の大きなチーズで「ラクレット」の切り口を温めると、とろけたチーズが出来ます。

 

それを食材にかけるラクレット料理ですが、アニメ「アルプスの少女ハイジ」でも登場した有名なスイスの伝統料理です。

 

それが現在、日本で大ブームとなっています。

 

ラクレットチーズは、輸入が殆どでしたが、ブームに以前の8年前から目をつけていたそうで、田中義剛さんは早速一からの製造を開始します。

 

かなりの投資を重ね、試行錯誤し、ついに納得のいくラクレットチーズが完成します。

 

結果現在は月の生産が20トン以上にもなり、なんと国産の90%のシェアを誇ります。

 

それにより、年商は約10億円のビッグビジネスにまで成長しました。

 

さらに、チーズを食べる習慣のなかったタイに東京ドーム100個分にもなる大チーズ牧場・工場を設立し、タイに空前のチーズブームを起こしています。

 

しかし、バッシングも結構受けています。

 

「商品のアイデアは他社のパクリ」との批判が出ていますし、経営方法や、メディア露出、近隣とのトラブル等、批判の声も高まっているそうです。

 

テレビ出演もゲスト出演のはずだったのが、終始自分の牧場のPR活動になっていたり、「夕張の救世主の筈だったのに夕張を踏み台にして自分だけが成長した」などの批判も言われています。

 

事実、生キャラメルはノースプレインファーム開発したものなのに、田中義剛さんは2008年5月2日に自身の名義において「生キャラメル」の商標登録を申請しています。

 

こうした貪欲な行動が田中義剛さんへのバッシングへと繋がっていと考えられます。。

 

しかし、こんな批判に対して、「反感ばかりではなく、応援してくれるお客様が圧倒的に多いと思う。食品コンプライアンス(安全管理基準)を守っていれば、いちいち対応するに値しない」と話しています。

スポンサードリンク

田中義剛の妻や子供はどうなのか?


現在田中義剛さんは結婚されています。

出典http://s-bellkochan.com

子供も3人いるようです。

 

妻はおそらく一般人ではないかと思います。

 

芸能人同士の結婚であれば、メディアに間違いなく取り上げられますからね。

 

家族経営で花畑牧場を経営しているかもしれませんね。

 

※関連記事

⇒川邊健太郎(ヤフー社長)の年収や資産!元彼女は高橋真麻!?

最後に


どうだったでしょうか。

 

株式会社花畑牧場のこと、田中義剛さんのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

どこまでも経営に貪欲な田中義剛さんですが、一時期自己破産寸前までいったのに、ここまで会社を大きくさせたその経営手腕は間違いないと思います。

 

他社のパクリと言われることもありますが、オリジナルのものも多数あります。

 

これから株式会社花畑牧場がどんな商品を生み出していくのか、また田中義剛さん自身がどういったビジネスを展開していくのか、とても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、株式会社花畑牧場代表取締役の田中義剛さんの情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category