起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

鈴木凛の父親は鈴木茂晴(大和証券会長)!?年収資産がスゴい!

今回は、大和証券グループ会長でタレントの鈴木凛さんを娘に持つ鈴木茂晴さんの年収や資産についてなど見ていきたいと思います。

 

鈴木凛の父親が鈴木茂晴と言う大和証券会長だったとは?ご存知でしたか?

 

そんな鈴木凛さんの父親でもある、鈴木茂晴さんの年収や資産などをピックアップ!

 

あなたは日本のタレントで歌手である鈴木凛さんという人を知っていますか?

 

そのかわいくてキレイな見た目、そしてスラッとしたルックスで笑っていいともの代14代目のいいとも青年隊としても活躍していました。

 

ちなみにいいとも青年隊では渡辺直美と一緒にいいとも少女隊として活動しました。

 

なんとその鈴木凛さんのお父さんはあの大和証券グループ本社の取締会長であるという話があります。

 

大和証券グループといえば日本を代表する金融持株会社ですよね。

 

この会社の代表取締役を務めているのが鈴木茂晴さんです。

 

もし、この会社の代表の娘となるととんでもない令嬢ということになりますよね。

 

今回はそこのところの話がどうなのか、またもし本当であればどれだけすごいことなのかを見ていこうかなと思います。

 

また、鈴木凛さんとは一体どういった人なのか。大和証券グループ株式会社の鈴木茂晴さんとは一体どういう人なのか見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

鈴木凛の父親は鈴木茂晴(大和証券グループ会長)と言う噂が!


鈴木凛さんは日本のタレントで、情報サイト「イザ!(iza!)」の初代イメージガールのコンテストである「イザンヌオーディション2006」でグランプリに輝き、そこから初代イザンヌとして活動が始まりました。

 

2008年には渡辺直美さんといいとも少女隊を結成して笑っていいともで約2年間活動していました。

 

その後歌手デビューを果たしiTunesで初登場エレクトロチャート2位を記録するなど歌手としても幅広く活動されています。

 

そんなタレントの父親が大和証券グループの取締会長という噂があります。

 

実際はどうなんでしょうか。

 

大和証券グループの取締会長の名前は鈴木茂晴さんで、名字が一緒です。

出典http://digital.asahi.com

結論から言いますと鈴木凛さんのお父さんな大和証券グループの取締会長である鈴木茂晴さんで間違いありません。

 

これはかなりすごいことだと思います。

 

大和証券グループといえば知る人ぞ知る日本を代表する会社です。

 

そんな会社のトップの娘が芸能界で活動しているというのは色々なところに影響がありそうです。

 

しかしそんな父親がいながらも自分の道を自分で切り開いている鈴木凛さんはすごいと思います。

 

歌手デビューなんかはもちろん才能がないとできないと思いますし、毎日の地道な努力も必要だと思います。

 

親のことを聞かれたりすると思いますが、それでも厳しい芸能界で生き残るのは生半可な努力ではないと思います。

鈴木凛の家族や母親はどうか!?


鈴木凛さんの父親は大和証券グループの取締会長という情報がありますが、母親についてはどうなんでしょうか。

鈴木凛さんの母親とは現在でもとても仲がいいそうです。

 

鈴木凛さんがいいとも少女隊で活躍されているとき、よく相棒の渡辺直美さんを実家に呼んで母親の手料理をごちそうしたそうです。

 

もちろん鈴木凛さんの母親も快く渡辺直美さんを出迎えていたそうです。

 

それぐらい2人は仲が良かったということなんでしょうね。

 

そんな鈴木凛さんですが、なんと現在結婚し1児の母親になっているという情報があります。

 

芸能活動を大分控えるようになっているのでそういった情報があまり出回らないので知らない人も多いのではないかと思います。

 

情報としては鈴木凛さんがMILANO LOAとして参加したイベントの関係者が2018年に1歳になる子どもがいるという話をツイッターでしていました。

 

歳も30歳を超えていますし、結婚適齢期ですから素直によかったと思います。

 

今は芸能活動なんかより子どものことに一生懸命なんだと思います。

 

もちろんシングルマザーではなく、父親と3人家族で仲良く暮らしています。

 

このまま順調にいけば2人目3人目なんかも近々生まれるかも知れませんね。

スポンサードリンク

鈴木茂晴(大和証券グループ会長)の経歴プロフィールや伝説


出典http://digital.asahi.com

さて、鈴木凛さんの父親であり大和証券グループの取締会長である鈴木茂晴さんについて見ていこうと思います。

 

鈴木茂晴さんは、1947年4月17日生まれです。

 

出身は、京都府京都市の出身になります。

 

高校は、京都府立洛東高等学校に入学し、1966年に卒業します。

 

高校卒業後、慶應義塾大学経済学部に入学します。

 

そのまま順調に単位を取得し1971年に卒業します。

 

大学卒業後に大和証券に入社します。

 

1997年6月に大和証券の取締役に就任します。

 

入社からわずか20年程度での取締役への就任ですからよほど仕事ができるのだと思います。

 

もちろん人脈形成も上手だったんだと思います。

 

2001年6月には同社専務取締役に就任し、2002年6月には大和証券SMBCの専務取締役に就任します。

 

普通に出世街道に乗って順調に出世していきます。

 

そして、2004年6月に大和証券グループ本社取締役兼代表執行役社長CEOに就任、大和証券代表取締役社長に就任します。

 

大学卒業後から大和証券に就職して、大和証券一筋できてついにトップに立ちました。

 

そして、2011年4月に大和証券グループ本社取締役会長兼執行役と大和証券代表取締役会長に就任します。

スポンサードリンク

鈴木茂晴(大和証券グループ会長)の年収資産はスゴいのか!?


出典https://seikeidenron.jp

大和証券グループは日本を代表する金融持株会社で、傘下に大和証券、大和投資信託委託、大和総研、大和企業投資などを持つ会社で、この業界では野村證券についで業界2位の証券グループの持株会社になります。

 

創業は日本信託銀行が1943年12月27日に合併して、(初代)旧「大和證券」が成立したのが始まりです。

 

1961年10月に東証1部と名証1部にそれぞれ上場しています。

 

資本金が2,473億97百万円、発行済株式が17億株ほどあります。

 

売上高は2014年の連結で6,428億29百万円、純資産が連結1兆2,534万62百万円、総資産が19兆4,808億63百万円、従業員数が13,317名いるとてつもなく大きな会社です。

 

その代表を務める鈴木茂晴さんですからもちろん給料や資産もすごいと思います。

 

まず給料ですが、代表である鈴木茂晴さんは役員報酬という名前で報酬を受け取っています。

 

まず、2009年に役員報酬として2億2,700万円の役員報酬を受けとっています。

 

つまり年収2億円ということです。

 

さらに、2014では2億4,100万円の役員報酬を受けとっています。

 

さすがこれだけの会社のトップだけありますよね。

 

しかしながら創業の家系ではありませんからこれ以上は無理といった感じですかね。

 

次に資産の方ですが、おそらく数十億円はあると思います。

 

年収が億を超えていますからこれぐらい資産があっても不思議ではないと思います。

 

また色々な株や土地も所有している可能性はありますからもっと資産があることも考えられます。

最後に


どうだったでしょうか。

 

鈴木凛さんのこと鈴木茂晴さんのこと少しはわかってくれたでしょうか。

 

大和証券グループの代表の娘として生きてきた鈴木凛さん、あの巨大な会社のトップを務め日々激務な日々を過ごしている鈴木茂晴さん、それぞれ違う立場で色々な苦労があったとは思います。

 

鈴木凛さんはまだ芸能活動はやめていません。

 

活動自体は少ないですがこれからも芸能界での活動を楽しみにしたいと思います。

 

以上、大和証券グループ本社取締役会長であり、慶應義塾評議員、日本のタレントの鈴木凛さんを娘に持つ鈴木茂晴さんの年収や資産についての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category