起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

DJ・UTO(加藤和宏マネーの虎)の今現在や退社して引退した!?トランスの売上はいかに!

今回は、DJ・UTO(加藤和宏)さんがマネーの虎に出演して見事マネーをゲットした理由と今現在、退社した噂についてピックアップして行きたいと思います。

 

日本DJであり、音楽プロデューサーであるDJ・UTO(加藤和宏)さんの今現在や退社、引退、トランスの売上についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは普段から音楽を聞きますか?

 

音楽にも色々な種類がありますよね。

 

邦楽、洋楽はもちろんですが、POPミュージック、ロック・ミュージック、レゲエミュージック、アニメソング、ゲームソングなんかもあります。

 

音楽好きな人以外でも音楽って本当に身近にありますよね。

 

ノーミュージックノーライフなんて言葉があるぐらいですから、世の中には音楽がいたるところに溢れています。

 

そんな音楽の中でトランス・ミュージックというジャンルがあります。

 

これは、ハウスミュージックから派生したものですが、DJがターンテーブルやCDプレーヤーなどを用いて演奏する音楽です。

 

主にダンスミュージックとっして、クラブなどで流されています。

 

若者向けの音楽なので、お年寄りなんかはただうるさいだけと思ってしまう人もたくさんいると思います。

 

そんな、トランス・ミュージックに魅せられた人がいます。

 

それが、加藤和宏さんです。

 

では、そんな日本DJであり、音楽プロデューサーであるDJ・UTO(加藤和宏)さんという人とは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

DJ・UTO(加藤和宏マネーの虎)の武勇伝は?


DJ・UTOさんは、1977年10月15日生まれで、本名を加藤和宏さんと言います。

出演https://www.musicman-net.com

1996年にDJデビューします。

 

2003年、海外のクラブのダンスフロアでプレイされている素晴らしい楽曲をリリースするレーベルを作りたいという思いで、資金調達のために、日本テレビ系のバラエティー番組である「マネーの虎」に出演します。

 

そこで、行動力や、DJという職業柄、クラブ出身の貞弘社長にも気に入られます。

 

さらに岩井社長、川原社長を含めた合計3人からの出資を受けてマネー成立します。

 

その出資を受けたお金を元手にレーベル会社を設立します。

 

レーベル会社とは、簡単に言うとアーティストを所属させて、CDを作る会社のことを言います。

 

よく似た組織で、レコード会社があります。

 

このレコード会社は、レーベル会社の上位組織という感覚になります。

 

レコード会社は会社で、レーベル会社のその中の部署という考えが一番しっくりくるかもしれません。

 

またインディーズというのもありますが、これは、あまり有名じゃないレコード会社が出したCDという意味です。

 

レーベルの特徴として、アーティストを見つけて契約します。

 

もちろん見つける人の趣向でスカウトするアーティストは変わってきます。

 

つまりレーベルに集まるアーティストの傾向はなんとなく似てくるという特徴があります。

 

そして、2007年、日本テレビ系オーディション番組である、「歌スタ!!」で、”ウタイビトハンター”(審査員)として参加するまでにDJ・UTOさんは有名になります。

 

9月には、ドイツ・ハンブルクの中央駅の地下を走る全長数百メートルのトンネル内で行われるライブで有名な、「TIME TUNNEL 12 @ WALLINGTUNNEL」に日本人として初参加が決定しました。

 

これをきっかけに世界的DJプロデューサーとして活躍していきます。

 

2008年、日本テレビ系「歌スタ!!」において、ファッション雑誌「ピチレモン」の連動企画女性アイドルユニットである、「裏ピチモユニット」のプロデューサーを務めます。

 

崎谷健次郎さん、three tight b、m.c.A・Tと共同で後にデビューする「フルーツ」の1st.シングル「恋のセゾン」の制作もしました。

スポンサードリンク

DJ・UTOはマネーの虎出演後今現在何をしているのか?


DJ・UTOさんはレーベルQUAKE RECORDSを設立し、もちろんCDもリリースしました。

出典https://www.youtube.com

さらに、クエイク株式会社という会社も設立しています。

 

このクエイク株式会社は、レコード会社になります。

 

つまり、レーベル会社からレコード会社に大きくなったというわけです。

 

資本金は9,600万円で、売上高は9億円もあるそれなりのレコード会社です。

 

その後、クエイク株式会社からエグジットチューンズ株式会社に社名を変更します。

 

株式会社ポニーキャニオンの100%子会社になるのですが、販売もポニーキャニオンがおこなっています。

 

※関連記事

⇒井手らっきょ(マネーの虎)の今現在や野球の年収!妻や娘は!?

DJ・UTO(加藤和宏マネーの虎)は退社して引退したのか!?


エグジットチューンズ株式会社の設立者のDJ・UTOさんですが、2014年4月に、ポニーキャニオンの100%子会社になったタイミングでエグジットチューンズ代表取締役を退任しています。

出典https://twitter.com

そして、現在はクラブ「nagomix 渋谷」のオーナーを務めています。

 

このクラブですが、現在でももちろんお店はやっているのですが、かなりの人気があり、評判も上々のようです。

 

クラブミュージック、トランス・ミュージックの先駆者と言われたDJ・UTOさんがオーナーを務めているだけのことはあると思います。

スポンサードリンク

DJ・UTOのマネーのトランスの売上や結局売れたのか!?


さて、結局DJ・UTOさんが出したCDはどれだけ売れたのでしょうか。

出典http://www.hmv.co.jp

なんと最初に出したCDの名前は「マネーのトランス」というものでした。

 

かなり面白い名前ですが、なんと投資された金額を即完済するほどの売上がありました。

 

当時のオリコンでは、初登場22位だったそうです。

 

そして、その後も精力的に活動をするのですが、2008年にリリースした「キャラメルダンセン -ウッウーウマウマ(゚∀゚)-」はこの年の日本ゴールドディスク大賞(洋楽シングル部門)を受賞しました。

 

また、2009年以降は、EXIT TUNESボカロコンピシリーズをはじめとする「初音ミク」や「Megpoid(通称:GUMI)」などのボーカロイドの楽曲や、ネット上で活躍する歌い手の楽曲を収録したアルバムを多数リリースしています。

 

2010年5月19日発売の「EXIT TUNES PRESENTS Vocalogenesis feat.初音ミク」では、ボーカロイド、その他に音声合成ソフトを大々的に用いたCDとして、史上初となるオリコン週間ランキング1位を獲得するという快挙を成し遂げました。

 

その後、2011年1月19日発売の「EXIT TUNES PRESENTS Vocalonexus feat.初音ミク」もオリコン週間ランキング1位を獲得しています。

 

初レーベルから今までかなりのCDが売れている、人気の音楽プロデューサーということになります。

 

※関連記事

⇒揚田亜紀(マネーの虎)の今現在や旦那(夫)は歯医者で子供は!?年収はどうか!

DJ・UTOは結婚して嫁や子供はいるのか?


DJ・UTOさんは現在結婚している可能性はあります。

 

詳細はわからなかったのですが、もう結構いい年していますし、クラブのオーナーになったことで仕事も落ち着いていると思います。

 

ですので、結婚している可能性は十分にあると思います。

 

もちろん結婚していたら子供もいる可能性はあります。

最後に


どうだったでしょうか。

 

DJ・UTOさんのことすこしはわかってくれたでしょうか?

 

自身のCDを世に出したいという思いからマネーの虎に出演し、見事成功し、会社を大きくし、そこで作ったCDがまた売れるという成功の道を歩んできたDJ・UTOさんです。

 

現在は、クラブのオーナーになり、表舞台からはちょっと離れましたがその影響力は健在です。

 

今後DJ・UTOさんが表舞台に戻ってくるかはわかりませんが、間違いなくまだまだ活躍することは間違いないと思います。

 

今後のDJ・UTOさんの活躍に注目していきたいと思います。

 

以上、日本DJであり、音楽プロデューサーであるDJ・UTO(加藤和宏)さんついての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category