起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

内村浩一(マネーの虎パン屋)の今現在やwikiと年収!教室や評判は?

今回は、内村浩一氏(マネーの虎パン屋)の経歴・wiki、マネーを獲得できなかった経緯や理由、今現在パン屋教室を開いているのか?年収はどのくらいなのか?

 

パン屋教室の口コミや評判はどうなのか?ということについてまとめました。

 

大変濃いキャラクターで印象に残った志願者の一人であるマネーの虎の出演者内村浩一さん。

 

パン屋と言う事で、自慢のパンとサラダをメインとしたお店を開業したいとの事でした。

 

それでは早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

内村浩一(マネーの虎パン屋)の経歴やwikiは?


出典http://www.pannomimi.co.jp/

まず最初に知りたいのはやはり、内村浩一氏(マネーの虎パン屋)がどういう人なのかということだと思いますので、彼の経歴やwikiを調べてみました。

 

それがこちらです。

 

ベーカリーコンサルタント。「TVチャンピオン」に出演。

週刊少年サンデーで2001年~2007年まで連載されていた漫画「焼き立て!!ジャぱん」の監修にも協力。

 

現在は京都でパン教室「パンの耳」を主宰中。

 

出張パン教室(完全貸切・交通費別で3万円)

 

番組中の名言は「パンパンサラダパン。」

 

開店資金7000万円希望するが、「非常に浅い。人間的に浅いわ。」堀之内社長と川原社長からは人間性を全否定される。

 

という情報を得ることが出来ました。

 

優待・配当株をひたすら増やしてみるとただ、よくある生年月日や出身校職歴などが載っている
プロフィールのようなものは見つかりませんでしたが「TVチャンピオン」へ出たことがあるということや「焼きたて!!ジャぱん」という漫画の監修に協力していたこと現在京都でパン教室をやっているということは載っていました。

 

とにかく個性的なキャラでした。

スポンサードリンク

内村浩一(マネーの虎パン屋)がマネーを獲得できなかった経緯!


さて、内村浩一(マネーの虎パン屋)の基本情報は押さえました。

 

そうしましたら、次に気になるのは、やはり内村浩一(マネーの虎パン屋)が「マネーを獲得できなかった経緯・理由」ではないでしょうか?

 

とにかく濃いキャラだった内村浩一氏(マネーの虎パン屋)ですがどんな経緯でマネーを獲得できなかったのでしょうか?

 

その一部始終が載っているといっていいのではないかという動画を見つけましたのでご紹介します。

出典https://www.youtube.com

どうです?なんか納得ですよね?

 

まぁ。当然の流れだったと思われますね。

 

せっかくなので、この流れになった理由もまとめてみました。それがこちらです。

 

理由1:独特のキャラクター

私自身人の器量をとやかく言える器量ではないですがやや濃いめのハッキリした独特なお顔立ちの方でした。

 

その上何を言われてもヘラヘラしているので(笑顔でいるので)その独特さがさらに強まりました。

 

理由2:パン職人としての腕自慢(実力自慢)ばかりする

 

基本的に人は人の自慢話好きでないですからね。

 

でも恐らく本人的には自慢しているつもりないでしょうし、アピールできる材料が他になさそうでしたのでしょうがないのかなぁ。という感じはしました。

 

理由3:お金さえ出してもらえれば何とかなると思っている。

 

コンサルタントのくせに説得力のあるものがなく腕はあるからあとはお金さえあれば大丈夫と思っているようでした。

 

また、自分のパンは拍手喝采を絶対受けると自分で言っちゃうところも好感を持たれなかったのではと思います。

 

理由4:お金の動向や経営的戦略なし、夢・理想を語っているだけのプレゼン。

 

理由3と被るのですが、コンサルタントなのに経営戦略がないプレゼンでした。

 

理由5:希望額が7000万と高額すぎた。

 

最初は従業員を1~2人雇うぐらいですむ小さなお店を出すのに必要な金額にしとけばどうやらパンは美味しかったようですし、発想も面白いので「マネー成立」したかもしれないのに戦略もない状態で「7000万は無茶」だよなと素人でも思いました。

 

理由6:経営能力がなさそうと思われた。

 

これはもう先ほどからいっているようにコンサルタントと名乗っておきながら、経営戦略なしなので彼(内村浩一氏)に7000万も出資するのは怖いだろうなと思いました。

 

確かに職人としては凄いのかもしれませんが人を使うことに長けているとは思えなかったですね。

 

本当にコンサルタント?これで経営すること出来るの?と思われてもしょうがないでしょう。

 

理由7:絶対というやつ嫌い

 

要は虎に好かれなかったということですね。

 

理由8: 何言っているか分からない

 

これは辛いですねー。

 

アピールの場で伝わってないのですから。

 

伝わらないことにはどうしようもないですよね。

 

ただ本当に内村浩一氏(マネーの虎パン屋)の「伝え方」が問題なのか?既に彼のことを嫌い(拒絶したい)という気持ちになっているので何を言おうが受け付けなかったのではないのだろうか?とい気もしますがどうでしょうか?

 

理由9:色々やりすぎてて何やっているのか分からない。

 

これはビジネスやっている人間(やろうとする人間)としては痛いですね。

 

何やっているのか分からなければ「商売」になりませんからね。

 

理由10:7000万も出してもらおうとしているのに発想が経営やってない人の発想

 

こちらもマズイですよね。7000万も出して欲しいと言いながら何の戦略もなく、お金さえあれば絶対うまく行く。

 

お店作ってどんと寄せればいい。という発想が素人(経営やってない人)の発想であることに虎に言われるまで気づかなかった。(コンサルタントなのに)これはまずいですね。

 

理由11:コンサルタントなのに数字に弱い。(経営は数字ということを分かっていない)

 

これはほんと致命的と言えます。

 

普通の起業希望者でも数字に弱いのはマイナス要素になるのに彼の場合不幸にもコンサルタントです。

 

この「コンサルタント」であるということが彼を苦しめます。

 

なぜならコンサルタントというのは、凄く論理的で説得力があり、戦略を練るのも得意なはずですし、「数字」にも弱いということはないはずです。

 

なぜなら、相手を説得する時に数字はとても大きな根拠になります。

 

なので数字に弱い、戦略がないというのはやはり致命的です。説得力ゼロですね。

 

なので虎がそんな人に7000万ものお金を渡せないというのは納得です。

 

理由12:人間が浅い。

 

これはもう色んな人を見てきた虎だからこそ分かる部分なのでしょう。

 

確かにあの様子からは「深み」は感じられなかったですね。

 

意外と見当違いではないと思いますがどうでしょうか?

 

※関連記事

⇒マネーの虎うどん屋の今現在や年収がヤバい!店の場所や嫁子供は?

内村浩一(マネーの虎パン屋)の今現在はパン屋教室を開いている!?


出典https://ameblo.jp

先の項目でお伝えした経緯や理由(推測)から内村浩一氏は(マネーの虎パン屋)ノーマネーでフィニッシュとなったわけですが、パン屋教室はやっているのでしょうか?少し気になりませんか?

 

気になりますよね?

 

そう思ってリサーチしたところ現在もやっていることが分かりました。

 

ちゃんとやれていたんですね。

 

少しは学んだということなのでしょうか?

 

さてそんな内村浩一氏(マネーの虎パン屋)ですが、一応パン屋教室をやれているということは収入もありますよね?

 

そこでそちらも調べてみました。一体いくらなのでしょうか?

スポンサードリンク

内村浩一(マネーの虎パン屋)の今現在の年収はどうか?


そこで気になる度が高そうな「年収」について見ていきますね。

 

一体いくらなのだろうと思い調べたのですが、個人事業主なのは間違いないですね。

 

であるならば、少なくても一般サラリーマンよりは稼いでいるんではないか?

 

知名度はないにしても、マネーの虎効果と言うものは少なからずあるはずなので、500~600万ほどの年収はあるんではないかと推測します。

 

※関連記事

⇒シェネル(マネーの虎ケバブ屋)の今現在や店の場所!死亡説や潰れたのか!?

内村浩一(マネーの虎パン屋)のパン屋教室の評判や口コミはいかに?


出典https://blog.goo.ne.jp

経歴・マネーが獲得できなかった経緯や理由、パン屋教室を現在やっているのか?

 

年収はいくらか?ということが分かったらやはりコレも知りたくなりますよね?

 

そうです。

 

内村浩一(マネーの虎パン屋)のパン教室の評判や口コミです。

 

もし、あなたが今通う場所を探していのならとても重要な情報になりますよね?

 

そう思い早速調べてみたのですが、ごめんなさい。見つかりませんでした。

 

でも諦めきれなくて公式ページにいき「お客様の声」のところを見たらなぜか「お客様の声」とかいてあるのにQ&Aになっていました。

 

これにはホント驚きました。

 

見間違いでないかと思い2度見3度見してしまいました。

 

経営能力がないという指摘は虎から受けてはいましたが、これほどひどいとは驚きです。

 

だって一般消費者でもお客様の声とQ&Aは別のものだと分かりますから。

 

なのに、曲がりなりにも「経営者」としてやっていく人がお客様の声とQ&Aが違うものということを分かってないのだろうか?と不思議でなりませんでした。

最後に


いかがでしたか?

 

少しは内村浩一氏(マネーの虎パン屋)のことお分かりになられたでしょうか?

 

残念ながら得られない情報もありましたが、それ以外の部分はかなり濃くお伝え出来たのではないかと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category