起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

西井孝明(味の素社長)の経歴や年収資産と大学!息子や娘と畝傍高校出身?

今回は、味の素社長である西井孝明さんの経歴や年収、資産や大学、息子や娘、畝傍高校出身についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは、西井孝明さんや味の素という会社を知っていますか?

 

おそらく知らない人なんていないと思うほど大きい食品会社ですよね。

 

味の素といえば、あの料理に使う味の素が有名ですが、他にも数々の食品を生み出しています。

 

大人や子供が食べるものからもちろん離乳食など赤ちゃんが食べるものも作っています。

 

そんな誰もが知っている味の素という会社ですが、現在その社長は、西井孝明さんという方が務めています。

 

では、そんな味の素とはどういった会社なのか、また、その代表取締役社長である西井孝明さんとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

西井孝明(味の素社長)の今現在や経歴とwiki


西井孝明さんは、1959年(昭和34年)12月27日生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、奈良県出身です。

 

1982年(昭和57年)4月に味の素に入社します。

 

ここで軽く味の素について説明します。

 

味の素は、1907年に鈴木三郎助さんが合資会社鈴木製薬所を設立したのが始まりです。

 

1946年(昭和21年)2月に味の素株式会社に社名を変更しています。

 

2009年(平成21年)5月20日には創業100周年を迎えています。

 

「味の素」は、味の素が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料のことで、会社の名前にもなっています。

 

味の素は食品会社としてかなり広く認知されていて、日本国内だけでなく世界各地にグループ企業や工場を持っています。

 

化粧品ブランド「Jino」などアミノ酸生産技術を活用したケミカル事業、医薬事業も行っていることでも知られています。

 

2004年(平16年)6月に、味の素冷凍食品株式会社の取締役、家庭用事業部長に就任します。

 

2009年(平成21年)7月に人事部長に就寝し、2011年(平成23年)6月には執行役員、人事部長に就任します。

 

その後、2013年(平成25年)5月には、ブラジル味の素社社長に就任し、2013年(平成25年)6月には、取締役常務執行役員、ラテンアメリカ本部長兼ラテンアメリカ本部サンパウロ事務所長に就任します。

 

そして、2015年(平成27年)6月に代表取締役、取締役社長、最高経営責任者(現任)に就任します。

スポンサードリンク

西井孝明(味の素社長)の年収や資産はスゴいのか!?


味の素は、資本金が、798億6,300万円、売上高が、連結で、1兆914億1,400万円、単独で、2,462億6,800万円、総資産が、連結で、1兆3,369億3,100万円、単独で、9,453億2,800万円、従業員が、連結で32,734名とかなりの大企業です。

出典http://www.sankei.com

そんな会社の代表取締役である西井孝明さんの年収が気になります。

 

まず、年収ですが、間違いなく億近い年収はもらっていると考えられます。

 

売上高が億ではなく兆ですからね。

 

また、資産ですがそれなりに自社株を持っているとは思いますが、もちろん筆頭株主なんかではありません。

 

資産に関してはあって数億円なのではないかと予想されます。

 

数億円あればもちろん十分なんですけどね。

 

しかし、味の素だけではないとはいえ、ここまで大きい企業になるとは食品産業もばかにできませんね。

 

※関連記事

⇒田中良和(グリー)の年収資産や結婚(妻・子供)と自宅がエグい!?評判は?

西井孝明(味の素社長)の出身大学はどこ?


西井孝明さんの出身大学は、同志社大学文学部社会学科の出身です。

出典https://www.bloomberg.co.jp

1982年に卒業して、その後すぐに味の素に就職しています。

 

また、西井孝明さんは、大学卒業後の新人さんに3つの話をしています。

 

「1つ目は、「後世へ有益なものを遺す」という信念を持つということで、これからの人生、50年経ったときに自分の名誉や地位ではなく、後輩や世の中に有益な何かを遺せるかどうか、そのような志で歩んでほしいということ。」

 

「2つ目は、「今決めることは将来への選択」という責任感をもって勇気ある判断ができるようになること、自分の目で見て考え、体感し、深く徹底的に考え、その時点でベストの「自分の解」を導き出さねばならない、本当に皆さんが迷った時、例えその時は厳しくても、勇気をもってよりよい未来につながる道を選択して、本当の責任を果たせる人になって欲しい。」

 

「3つ目は、「チームの一員としての『信頼関係』を築く」という仕事の原則、大きな仕事を任されるためには、半歩前進、一歩前進と思うようなもどかしい日々の仕事において、上司や仲間、そして来年以降は後輩との信頼関係をどのように築いているかにかかっている。」

 

と、話しています。

 

自身も新人として初めて味の素に入社したときに同じような話をされたのかもしれませんし、この3つのことが西井孝明さんの信条なのかもしれません。

 

どちらにせよとても響く言葉だと思います。

 

※関連記事

⇒南原竜樹のかっこいい復活や名言がスゴい!なぜ結婚しないのか?

西井孝明(味の素社長)は畝傍高校出身なのか?


西井孝明さんの出身高校は、奈良県立畝傍高校です。

出典http://www.city.kashihara.nara.jp

この高校は、奈良県橿原市八木町に所在する公立の高等学校です。

 

1896年(明治29年)に奈良県尋常中学校(奈良県立郡山高等学校の前身)畝傍分校として開校されました。

 

著名な出身者としては、まずは味の素の代表取締役の西井孝明さん、文学では、俳人であう阿波野青畝さん。

 

実業家で和敬塾創設者である前川喜作さん、社会民衆党創設、東京市会議員である、島中雄三さん、日本郵政初代代表取締役社長である、西川善文さん、カプコン会長兼最高経営責任者(CEO)である、辻本憲三さん、などなど、かなりの著名な方々が卒業されている学校です。

 

ここで、西井孝明さんの名言をいくつか紹介したいと思います。

 

「市場が安定成長期に入ってから攻めたのでは遅い。勢いよく成長している今こそ、事業の足場を固める最も大切な時期。」

 

「決断にはタイミングというものがある。そこでやめたら二度とできなかっただろう。」

 

「2倍、3倍の成長を目指すには、従来のやり方では遅すぎる。そうじゃなくて、ショットガンだと。次々と新商品を開発し、それを各国に一斉に展開する。」

 

「我々が預かっている資本には限りがありますから。それを有効活用するには、相対的に重要性が下がったものはやめて、次の成長を担う分野に乗り換えなければなりません。」

 

など、独特の言い回しもありますし、かなり奥深い言葉が多いと思います。

スポンサードリンク

西井孝明(味の素社長)の息子や娘と家族などは?


西井孝明さんは現在結婚されています。

 

息子さんや娘さんはいるかどうかはわかりませんでした。

 

しかし、あるインタビューで、休日の過ごし方で、

 

「休日も起床時間は変えません。ただ、休日に朝早くから家でゴソゴソすると家族に嫌われますから、自分の部屋で本を読んでいたり、メールをチェックしたりと静かにすごしています。」

 

と話していたので、子供さんはいるかと思います。

最後に


どうだったでしょうか。

 

味の素のこと、西井孝明さんのことすこしはわかってくれたでしょうか?

 

味の素13代目の社長となる西井孝明さんですが、社長候補7人をごぼう抜きして、その座についたようです。

 

これだけ歴史と実績のある企業のトップに立つというのは生半可なものではないと思います。

 

守っていかなければいけないのはもちろんですが、新しいものも作っていかなければいけないと思います。

 

これから味の素がどんな製品、サービスを消費者に提供してくれるのか、また西井孝明さん自身がどういった舵取りでこの大企業を引っ張っていくのか、とても気になりますし、注目していきたいと思います。

 

以上、、日本実業家であり、味の素の代表取締役社長、最高経営責任者である西井孝明さんついての情報をお届けしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ人は87%の確率でこちらの記事も読んでいます!

スポンサードリンク

Category