起業家大百科~有名社長のラウンドメディア~

出澤剛(LINE社長)の経歴や年収資産がヤバい!結婚(妻・嫁)や韓国との関係!

今回は、LINE株式会社の社長である、出澤剛さんの経歴や年収、資産や結婚(妻・嫁)、韓国との関係についてなど見ていきたいと思います。

 

あなたは、スマートフォンで連絡をするときどんな手段でしますか?

 

メール?電話?色々と方法はあるかと思いますが、プライベートで連絡をとるときはほとんどがLINEを使用していると思います。

 

今の日本ではスマートフォンにLINEのアプリが入っていない人を見つける方が大変な時代だと思います。

 

それぐらい日本では普及している連絡ツールだと思います。

 

LINEはメッセージもそうですが、電話やテレビ電話かって出来ます。

 

プライベートだけでの使用ではなく、ビジネスツールとして使用している企業もあるぐらいです。

 

また、保育園や小学校の連絡もLINEで行うときがあるぐらいです。

 

そんなLINEを提供しているのが、LINE株式会社です。

 

LINE株式会社のLINE株式会社の代表取締役社長CEOを務めているのが出澤剛さんです。

 

では、そんなLINE株式会社とはどんな会社なのか、また出澤剛さんとは一体どういった人なのか、見ていこうと思います。

 

では、早速。

スポンサードリンク

出澤剛(LINE社長)の経歴プロフィール


出澤剛さんは、1973年6月9日生まれです。

出典https://www.youtube.com

出身は、長野県佐久市出身です。

 

高校は、長野県野沢北高等学校に入学し、卒業します。

 

この高校は、偏差値60から63ぐらいの高校で、歴史のある高校です。

 

最近では「君の名は」の監督として有名な深海誠氏も同校の出身ということで有名になりました。

 

大学は早稲田大学政治経済学部に入学し、1996年に卒業します。

 

早稲田大学の経済学部は、全国の私立の経済学部の中でもトップクラスの偏差値を誇ります。

 

入学はもちろんですが、進学もしっかり勉强しないと単位が取れません。

 

卒業後は、朝日生命保険に入社します。

 

朝日生命保険では、研修終了後に西東京エリアの法人営業および研修トレーナーを務めていました。

 

その後、2001年、オン・ザ・エッヂ(2004年にライブドアに社名変更)に1年間社外留学をします。

 

ここで堀江貴文さんに出会った事などがきっかけで2002年に朝日生命保険を退職し、オン・ザ・エッヂに入社することになります。

 

2004年にはライブドアのモバイル事業に所属します。

 

順調にキャリアを重ねていき2006年に上級執行役員、メディア事業部長に就任します。

 

色々と事件があり、堀江貴文さんがいなくなり、2007年からは新ライブドアの代表取締役社長に就任します。

 

そして、2012年1月で経営統合による吸収分割でNHN Japan(2013年4月1日より現・LINE)株式会社取締役ウェブサービス本部代表に就任します。

 

また、2014年4月1日からはLINE代表取締役、最高執行責任者COOに就任します。

 

2015年4月からは代表取締役社長CEOに就任します。

スポンサードリンク

出澤剛(LINE社長)は結婚し妻(嫁)や子供はいるのか?


出澤剛さんは現在結婚されているそうです。

出典https://appuntito.jp

男前の出澤剛さんですから奥さんも美人なんだと思います。

 

子どもは2017年時点で4歳と1歳の子どもがいるそうです。

 

休日返上で仕事をしているイメージがある出澤剛さんですが、土曜日などは2人を連れて毎週公演で遊んでいるらしいです。

 

忙しいのに家族サービスもしっかりしているのはすごくえらいと思いますし、共感が持てます。

 

また、平日の仕事は深夜まで帰れないときもありますし、かなり忙しいので家に帰るとほぼ子どもは寝てしまっています。

 

しかし、毎日19時ぐらいに時間を作ってLINEのビデオ通話で子ども達と会話をしているみたいです。

 

そこはやはりLINEなんだなんと思いました。

 

でも、忙しい毎日でもしっかりと子どものことを考えて行動しているのは本当にすばらしいと思います。

 

どれだけ忙しくなっても続けてほしいことだなと思いました。

スポンサードリンク

出澤剛(LINE社長)の年収や資産がヤバすぎる!


LINE株式会社は、資本金が778億5,568万円、売上高が2016年で1,407億4百万円、純利益が71億3百万円、純資産が1,608億33百万円、総資産が、2,560億89百万円、従業員が1,692人ととても設立が2000年とは思えない企業になっています。

出典https://www.weekly-economist.com

それだけLINEというツールが日本に浸透、定着しているからだと思います。

 

そんな企業の、代表取締役社長CEOの年収はいくらなんでしょうか。

 

2016年では、年収が4,900万円、それに賞与やストックオプションが加わって1億3,000万円ぐらいという情報が出ていました、

 

2016年に上場をしていて、2017年の役員報酬は1億4,526万円と公表されています。

 

結構もらっているという印象ですね。

 

また資産ですが、2億円から3億円ぐらいではないかなと思います。

出澤剛(LINE社長)と韓国との関係はどうか?


LINEといえば韓国というキーワードがかなり出てきます。

 

LINEを使うと韓国に個人情報が盗まれるとかそういう噂も流れていましたね。

 

なぜそこまでLINEが韓国と関係してくるのか、理由は単純です。

 

LINEの親会社は韓国の企業だからです。

 

しかし、LINEというアプリは日本で作られました。

 

なんだか複雑な感じはしますが、親会社が韓国にある外資系のベンチャー企業ということになります。

 

こうなるとネット上は騒ぎ始めますよね。

 

データを抜かれるやら、売上のほとんどが韓国に流れているやら色々と出てきますよね。

 

でも、日本人のほとんどが使っている便利な連絡ツールなので使わない方が大変かなと思います。

 

また、日本製だとか韓国製アプリだとか気にしている人もいるとは思いますが、そんなこと気にしてもしょうがないと個人的には思います。

 

便利なものは使わないと損ですし、これがないと連絡も面倒になりますからね。

スポンサードリンク

出澤剛(LINE社長)の経営戦略や今後の展開は?次のページへ!

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事はこちらからどうぞ!

スポンサードリンク

Category